安心・安全だから|初めてのキャッシングは大手金融会社を選ぼう

安心・安全だから|初めてのキャッシングは大手金融会社を選ぼう

断れない誘いが続いたり、突然の事故や身内の不幸など急な出費があったり、いつも以上にお金が出ていって、財布がピンチの時に強い味方のキャッシング。

しかし、カードローンや消費者金融というと抵抗感があったり、キャッシングというと不安を感じたりする人も多いのではないでしょうか。

実際、インターネット検索や雑誌の広告欄を見てみると、聞いた事のない消費者金融がたくさんあります。

このページでは、誰もが知っている大手消費者金融と、ほとんど知られていない中小消費者金融との違いについて説明し、大手が選ばれる理由を書いていきます。

またキャッシングを利用するのが初めての方向けに、特に注意したい3つのポイントも紹介しています。

大手消費者金融と銀行系カードローン

消費者金融と言えばCMでも有名なアコムやプロミス、銀行系カードローンとなると楽天銀行スーパーローン、新生銀行カードローンなどが代表的です。

どれも都市銀行系だったり、東証一部上場だったりと、利用する際に安心感があります。

  • アコム・・・三菱UFJファイナンシャルグループ
  • プロミス(※1)・・・三井住友フィナンシャルグループ
  • モビット・・・三井住友銀行グループ
  • レイク・・・新生銀行カードローン
  • ノーローン・・・新生銀行グループ

(※1)プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです

有名大手会社のキャッシングはサービスが充実

銀行カードローンも消費者金融も、「大手」は会員サービスが充実しています

まず、共通して充実しているサービスとしてはインターネットサービスがあります。

会員専用サイトが充実しており、365日24時間、メンテナンス以外はいつでも利用でき、会員情報の変更申し込みから借入や返済の申し込みまで、様々な手続きが行えます。

そして店舗や無人契約機を多く設置しており、インターネット以外の利用でも利便性が高いです。

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利を低く設定していたり、キャッシュカードと一体型のカードを提供したりしています。

消費者金融は、アコム、プロミス、ノーローンは金利無利息サービスを行っており、会員がより利用しやすくなるように工夫しています。

特に、アコムはサービスが非常に充実しており「返済eメールサービス」という返済を知らせるメールサービスで返済忘れを防止したり、「プッシュホンサービス24」など残高参照や暗証番号の変更等が容易に行える電話サービスを用意したりしています。

また、プロミスでは女性専用ダイヤルを用意しており、キャッシングに抵抗のある女性にはとても嬉しいサービスとなっています。

その他、キャッシング利用を考えているなら、自分のマネーライフにぴったりのサポートを提供してくれるキャッシング会社を選びましょう。

中小キャッシング(ヤミ金)と大手キャッシング会社の違い

上述の通り、「大手」はインターネットサービス、店舗・無人契約機、テレフォンサービス、サポートとサービスが大変充実しています。

その一方、中小キャッシング会社は「大手」に比べて、利用可能限度額を大きく設定できたり、審査に通りやすかったりします

そして、担当者がずっと同じことが多いので、諸事情により返済に困った時など相談しやすいという利点があります。

「大手」と「中小」それぞれのメリット・デメリットがありますので、上手に賢く利用することが大切です。

また、中小キャッシング会社の利用前には、コンプライアンス違反をするところや、闇金融も紛れていることがありますので、掲載されている会社情報をよく確認し、信頼に足るかどうかを調べることを推奨します。

中小キャッシング(闇金)の方が審査が甘いわけ

中小消費者金融の審査が甘い理由は、主に2点あります。

  • 「大手」に対抗して、利用者を確保するため
  • 「中小」の6割が貸金業協会に加盟しておらず、他社借入状況の確認ができないため

中小消費者金融を利用する人の多くが、「大手」の審査に通らなかった人です。

また、知名度や安心感で「大手」には敵わないので、対抗して利用してもらうには審査の基準を下げることが一番の方法です。

また、中小キャッシング会社の6割は貸金業協会に加盟しておらず、信用情報機関の情報を確認できません。

つまり、他社の借入額など個人信用情報を確認できないので、審査に通りやすい傾向があるようです。

初めてキャッシング利用で気をつけるべきポイント

初めてキャッシング利用で気をつけるべきポイント

『キャッシング』というと、横文字で気軽に感じられますが『借金』です。充実したマネーライフを送るためにも、以下の点に十分気をつけましょう。

『目的と返済計画』を明確に立てる

お金を必要とする理由はなんなのか?

事故や身内の不幸などの突発性のものであれば、仕方がないでしょう。

しかし、理由がハッキリしていないのに口座残高が足りないから、支払いのために借りる場合は、収入と支出のバランスを整えるなどしないと、借金することがクセになってしまいます。

金利が払えなくてキャッシングする人がいますが、決してオススメできません。

キャッシングに申し込む前に、自分の収入と支出をしっかり把握しましょう。そして、毎月継続して返済できる金額を計算しましょう。

返済には金利が上乗せされるので、金利を含めて計算しましょう。

『自分に合ったキャッシング会社』を選ぶ

キャッシング会社なんてどこも同じだと思っているかもしれませんが、そんなことはありません。

金利や返済方法、約定日、個人情報変更方法、サービスなど、細かく見ていくとだいぶ違ってきます。

給料日や返済期間、各種手続き方法など、自分に合った会社を選びましょう。

『必要書類を事前に準備』する

いざ申し込む段階で、金額によっては収入証明書を求められることがあります。

前もって市役所などで取っていなければ、申し込みが完結しません。

給与明細3ヶ月分を求められることもあります。

キャッシングを考えているなら明細書をとっておきましょう。

また、本人証明書として免許証や保険証の写しを提出します。

どちらも持っていなければ、住民票の写しを求められるので、こちらも急には用意できないので、必要な人は早めに準備しておきましょう。

短期の借入の場合無利息キャッシングを活用しよう

大手消費者金融が行っているサービスに、一定期間内に完済すれば、金利がゼロ円になる『無利息キャッシング』があります

初めての利用であれば「30日間無利息」や、完済してから翌月は「1週間無利息」などがあります。

短期間の完済見込みがあれば、元金だけを返せば良いので、最もお得に利用できるキャッシングです。

このサービスは、利用者の借入のハードルを下げてくれますし、会社からすれば顧客獲得に繋がるので、双方に取ってメリットがありますので、よく行われています。

初めての利用で、スグに完済できるのであれば一番オススメです。

初めてのキャッシング借入金額を50万円までにした方が良い理由

キャッシングを申し込む時に、審査に通りやすいのは消費者金融です

パートやアルバイト、派遣社員などの非正規雇用であっても申し込めますし、過去に「遅延・延滞歴」がなく、毎月の「安定収入」があれば多くの場合、審査に通ります。

消費者金融は、銀行カードローンと違い、貸金業法の対象になりますので、総量規制の範囲内でのキャッシングとなります。

総量規制とは、個人が借入できる総額です。

具体的には、年収の1/3までと決まっており、例えば、年収300万円の人であれば、何社から借りようとも合計で100万円までしか借りられません。

また、1社からの借入が50万円を超えた場合と、2社以上からの借入の合計が100万円を超える場合は、収入証明書を提出しなければなりません。

逆に言えば、50万円までの借入であれば、収入証明書の提出は必要ありません。

そのため、50万円以下の借入にした方が、審査がスムーズで結果が早くわかります

初めてのキャッシングで気をつけたい3つのポイントは、

1) 目的と返済計画を明確にする
2) 自分にあったキャッシング会社を選ぶ
3) 必要書類を事前に用意する

オススメの借入先は、「無利息サービス」をやっている大手消費者金融です。

ただし、総量規制など貸金業法の対象ですので、最初の借り入れは50万円以下がオススメです。

最近では、申し込みから審査、借入まで全てパソコンやスマートフォンに対応しており、24時間365日対応しているところも多いです。

スピード審査、即日融資、無利息サービスをやっている会社を検討してみてはいかがでしょうか。

初めてのキャッシングの関連記事

キャッシングとカードローンの違い~金利・審査・返済方法~

急な出費や予期せぬ事故などで、お金を借りなければならなくなったときに、キャッシングやカードローンを利用することがあります。 テレビのCMやネット広告などでどちらも似たようなサービスをやっており、ほとんど同じように見えます…

キャッシングは口座に入金されるまでどのくらいかかる?

急な出費でお金が必要になり、しかもキャッシングしないと間に合わないとき、申し込みからどれくらいの時間で現金が振り込まれるのか気になりますよね。 このページでは、申し込みから審査が通ってからの入金されるまでの流れや、振込依…

保証人不要のフリーキャッシング、無担保で借りられるのはなぜ?

銀行で借りるローンには、カーローンや住宅ローン、学資ローンなど色々ありますが、どれも保証人が必要であったり、担保を求められたりします。 一方、何に使うかを自由に決められるフリーキャッシングは、無担保、無保証人であるものが…

WEBキャッシングで24時間申し込み可能、ネットで借入を完結する方法

以前は、消費者金融でも銀行ローンでも店舗や無人契約機まで行って、キャッシングをしなければなりませんでした。 それが現在は、「WEBキャッシング」と言ってインターネット環境さえあれば、いつでもどこでもキャッシングできる時代…

このページの先頭へ