今日キャッシングしたい人向け|即日融資で提出する必要書類とは

スポンサーリンク

cash026

いつどこでまとまった現金が、必要になるか分からないものです。困ったときは、キャッシングサービスが便利ですが、即日で借り入れをするためにはどのような書類が必要なのでしょうか?即日で借り入れをしたいときのために、提出する書類について確認しておきましょう。

今日中にキャッシングするための必要な書類

二度手間のないようにキャッシングをしよう!

もしも突然まとまったお金が必要になり、即日で借り入れをする可能性があったにもかかわらず、用意すべき書類が用意されていないなどの不備があるなどして、審査に時間がかかってしまうと即日での借り入れができなくなってしまうこともあります。

事前に必要な書類などは不備がないように準備しておくことで、もしもの時に備えておきましょう

キャッシングするために必要な書類

即日でキャッシングをするために、まず絶対に必要な物は以下です。

  • 身分証明書
  • 印鑑

これはどの消費者金融や銀行カードローン会社でも必ず必要ですので、借り入れをする時は必ず忘れないように気をつけましょう。

身分証明書は、下記のいずれか1つを提出すれば大丈夫です

  • 免許証
  • 住民票
  • 健康保険証

50万円以下の比較的少額な借り入れであれば、身分証明書だけしか求められることはないことが多いです。

収入証明が求められるケースも

消費者金融や借り入れする金額の大きさによって、収入証明書類が必要になるケースもあります。

1つの目安として、50万円以上の金額を借り入れする場合は、収入証明書類が必要になると想定しておきましょう。

  • 所得証明書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書

もしも50万円以上借り入れをするときには、事前に収入証明書類も用意しておくと手続きもスムーズになる可能性が高まります。

日頃から信用を失わないことと個人信用情報機関

即日で審査をスムーズにクリアして、借り入れをするためには日頃からの信用性が大事です。

日頃からクレジットカードや公共料金の滞納がないかどうか、他社からの借り入れを行っていて多重債務者になっていないか、これらの情報は個人信用情報機関に把握されていることでもあります。

日頃の信用が、いざお金を借り入れしたいときに影響してきますので、日々の支払いなどはしっかりと行いましょう。

今日中に即日キャッシングでお金を借りるために

店頭や無人契約機でその場で申込

即日でキャッシングをするためには金融機関ごとに、何時までに申し込めばいいか、審査にかかる時間など異なってきます。

消費者金融や銀行カードローンの場合は、店頭での申込をして審査もスムーズに終われば1時間以内にカードを発行できることもあります。

インターネットから申込

店頭に行って申込や手続きを行う時間がない、という人はインターネットから申込をすることもできます。インターネットから申込を行い、銀行振込を依頼することができ、スマートフォンでも利用することもできるので出先でも利用することができて便利です。

銀行振込になるため、銀行の営業時間である14時過ぎまでに申込をしないと当日の借り入れは厳しくなります。

さらに1点インターネットでの申込で、即日融資をうたい文句にしながらカードを発行してから発送するため、実際にカードが届くのは翌日ということがあります。

即日で借り入れを行いたいときは、カードがいつ届くのか?という点も確認して金融機関を選択しましょう。

14時までに申込を行うと借り入れがスムーズ!

直接店頭で申込を行うとき、インターネットから申込を行うとき、いずれにしても、即日でお金を借り入れしたい場合は午前中に手続きをすることができれば確実です。

即日での借り入れに対応しているのは、審査や手続きが14時までに完了していることを条件にしている金融機関がほとんどです

ぎりぎりの時間に申し込んで、なにか書類に不備があると即日の借り入れは厳しくなるでしょう。時間にはゆとりをもって申込を行いましょう。

まとめ

今日キャッシングしたい!というときに、最低限身分証明は必要です。さらに借り入れ額が大きい時など、場合によっては収入証明書が必要になります。店頭でもインターネットでも、申込はすることができますが、二度手間にならないように手続き方法などは確認しておくとスムーズに借り入れが行うことができるでしょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ