今すぐ10万円借りたい方へ!今日中にお金をキャッシングする方法

スポンサーリンク

10manyen

ちょっと現金を使いすぎてしまって、少しだけど10万円現金が欲しい、というときに10万円借りるためには具体的にどのような手段や方法があるのでしょうか?今回は今すぐ10万円を借り入れするための方法をお伝えします。

ネット申込をすれば1時間以内で10万円借りることができる

10万円の借り入れはそこまで難しくない?

現金の借り入れを行う時は、消費者金融か銀行カードローンなどの手段が考えられます。当然ながら借り入れを行うためには審査をクリアする必要がありますが、審査は借り入れを行う金額の大きさによって厳しさが異なってきます。

50万円以上などの高額の借り入れを行うためには、審査をクリアするのも大変になりますが、10万円程度であれば審査もそこまで厳しくありません

インターネットからも申込可能!

1時間以内で借り入れを行うためには、インターネットから申込を行う必要があります。スマートフォンも普及しており、各社で用意しているアプリをダウンロードすることで、申込を行うことができます。

自宅でパソコンを利用して申込をしてもいいし、出先でスマートフォンから申込を行ってもどちらでも問題ありません。もしも移動中であればスマートフォンから申込を行えば、素早く借り入れまで行うことができますね。

模擬審査をうけてみよう!

各消費者金融などのHPでは借り入れのための簡単な模擬審査を行っています。申し込んでみたけど審査に落ちてしまって、2度手間になると時間の無駄です。

模擬審査を受けてみて、そこで問題なかった業者を利用するのが確実かもしれません。

10万円キャッシングするときは条件や審査に注意して借入

アルバイトやパートでも借り入れできる

キャッシングの審査の1つの基準は安定した収入ですが、アルバイトやパートでも借り入れをすることはできます。

例えば無職で収入がゼロという人が借り入れをしようと思ってもそれは難しいですが、アルバイトやパートで安定した収入があれば借り入れは可能です

審査で嘘をつかないこと

即日の融資を行うために、避けたいことは虚偽の情報を伝えることです個人の情報は個人信用情報機関によりある程度把握されています

下手な嘘をついてしまうと、借り入れどころか今後借り入れを行うことさえ難しくなってくるかもしれません。

総量規制の法律

消費者金融から借り入れを行う時は総量規制の法律が適用されます。これは年収の3分の1以上の借り入れはできない法律です

消費者金融から借り入れを行う時はこの総量規制の法律を頭に入れておきましょう。例えば10万円を借り入れしたい場合には、必要な最低年収は30万円です。

10万円キャッシングした場合の利子と利息は金融機関によって異なる

各金融機関で金利は異なる

消費者金融から借り入れを行うと、当然ながら利息がついてきます。借り入れを行った時の利息や利子は金融機関ごとに異なってきます。借入額が大きくなり、返済期間が長くなれば当然利子は上がります

例えばアコムで10万円を借り入れした場合には、利息は1480円です。10万円を借りて1480円を追加で支払えばいいだけですので、そこまでの負担にはならないですよね。

一定期間内の返済で利息0円になるサービスも

プロミスでは初めて利用する人に、30日以内の返済であれば無利息で借り入れをできるサービスを提供しています。

もしも給料前などで、すぐに返済をできる見込みがある人であれば、プロミスなどを利用することをオススメします。

(※)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

今すぐ10万円をキャッシングするなら消費者金融と銀行カードローン?

銀行カードローンは即日の借り入れが難しい

消費者金融だけでなく銀行カードローンでも、10万円を借り入れすることはできます。消費者金融と比較して、審査や申込のプロセスが複雑で、即日の借り入れは難しいです

メリットは、借り入れ可能な上限金額の高さと金利の低さです。

今すぐにキャッシングしたいなら消費者金融

もしも今すぐに10万円をキャッシングしたい場合には、消費者金融を利用するのがオススメです。10万円であれば利息も銀行カードローンと消費者金融で違いは300円程度です。

審査もスムーズに終わる可能性が高いので、今すぐに10万円欲しい!という時には消費者金融を利用するのは最もはやく借り入れできていいでしょう。

金融機関名 審査時間 10万円における金利 詳細
プロミス 最短30分 17.8%
アコム 最短30分 18%
みずほ銀行
カードローン
最短即日 14%

まとめ

10万円の借り入れはお考えよりも、ハードルの低いものです。パートやアルバイトでも最低限の収入があれば問題ないですし、スマートフォンからも申込を行うことが可能です。もしも10万円だけど現金が必要という時は、審査のハードルも低い消費者金融からの借り入れを是非ご検討ください。

スポンサーリンク

このページの先頭へ