クレジットカードのキャッシング枠の金利|計算方法から比較まで

スポンサーリンク

kinri

キャッシングをする時に一番手軽なのが、既に持っているクレジットカードのキャッシング枠を利用することです。

しかし、金利が15%~18%と、銀行系カードローンや消費者金融よりも高く設定されており注意が必要です。

このページでは、クレジットカードのキャッシング枠の金利について詳しく説明していきます。

クレジットカードの総利用枠とキャッシング枠

クレジットカードを申し込むと、収入に合わせて「総利用枠」という金額が設定されます。これは、ショッピングとキャッシングを合わせて利用できる総額です。

そして、「キャッシング利用枠」という金額も設定されます。これは総利用枠の内で、いくらキャッシングできるのかという金額です。

例えば、総利用枠が50万円で、キャッシング利用枠が10万円だとすると、最大で10万円借りることができます。

しかし、ショッピングで45万円使ってしまっていれば、50万円-45万円=5万円なので、キャッシングできるのは5万円までということになります。

反対に、すでに8万円をキャッシングしている場合は、50万円-8万円=42万円となり、ショッピングで利用できるのは最大で42万円ということになります。

このようにトータルで利用できる金額と、その内でキャッシングに利用できる金額とが決まっています。

そして、キャッシングの金利はこのキャッシング枠で借りた金額に対してかかります

金利が高く設定されているクレジットカードのキャッシング枠

消費者金融や信販系カードローン、銀行系カードローンの借り入れでは、分割返済が一般的で返済期間に応じて、毎月決まった金額の利息と元金を支払います。

一方、クレジットカードのキャッシングを利用した場合の返済は、翌月に一括返済する場合が多く、この場合は借り入れ元金と振替日までの利息が口座から引き落とされます

また、途中で分割払いに変更できるカードもあり、返済期間に応じて利息が再計算され、元金と合わせて毎月一定金額ずつ支払っていきます。

金利の上限は法律で制限されています。

  • 10万円未満の場合・・・   20.0%
  • 10万円以上100万円未満の場合・・・ 18.0%
  • 100万円以上の場合・・・  15.0%

一般的なクレジットカードのキャッシング枠の金利は、多くの会社が15 %~18%と設定しています。

一方で、銀行系カードローンは、「4.6%~14.6%」や「5.8%~14.8%」などバラツキはあるものの、上限金利も下限金利もクレジットカードのキャッシングより低いものが多くあります。

そして消費者金融は「4.5~17.8%」や「4.7%~18 %」など、下限金利がクレジットカードのキャッシングよりも低い場合が多いです。

そのため、高額のキャッシングであれば、消費者金融も銀行系カードローンと同じくらいに金利を低く抑えることができる場合があります

このように、クレジットカードでキャッシングした場合の金利は、銀行系のカードローンや消費者金融と同じか高くなってしまいます

クレジットカードのキャッシング枠、金利は一律18%も

100万円未満のキャッシングの場合、18%の金利が適応されることが多く、楽天カードやセブンカードのように一律18%と決まっているものもあります。

中には、イオンカードセレクトのように7.8%~のクレジットカードもありますが、これは融資金額が1000円~300万円と幅があり、融資額によって金利が変動します。

このように、クレジットカードのキャッシングでは、ほとんどの金利は18%に設定されています。

カード名 金利 遅延金利
イオンカード 年7.8%~年18.0% 年20.0%
エポスカード(マルイカード) 年18.0% 年20.0%
オリコカード 年15.0%~年18.0% 年18.0%
JCBカード(一般) 年15.0%~年18.0% 年20.0%
ジャックスカード 年18.0% 年20.0%
セゾンカード 年12.0%~年18.0% 年17.52%~年20.0%
セブンカード 年18.0% 年20.0%
TS CUBIC CARD 年15.0%~年17.95% 年19.90%
ニコスカード 年15.0%~年18.0% 年20.0%
ビューカード 年15.0%~年18.0% 年19.94%
三井住友VISAカード 年15.0%~年18.0% 年20.0%
ヤフーカード 年14.94~年17.94% 年20.0%
UCカード 年15.0%~年18.0% 年20.0%
ライフカード 年15.0%~年18.0% 年20.0%
楽天カード 年18.0% 年20.0%

クレジットカードのほうが金利が高い?カードローンとクレカ比較

クレジットカードの金利は、100万円までは17.95%や17.8%など若干の違いはありますが、一般的にだいたい18%です。100万円を超えると規制の関係で15%になります。

カードローンには銀行系と信販系の2種類がありますが、銀行系の場合は以下の通りです。

これは100万円以下の借り入れの場合、銀行系カードローンはクレジットカードのキャッシングよりも、金利が3%安くなるということです。

例えば、借入額が10万円の場合、年利18.0%だと1ヶ月あたり約1,480円の金利になります。

みずほ銀行のように14%の場合、約1,150円なので330円お得です。4ヶ月返済すると、支払い利息1カ月分ぐらいの違いになります。

支払い期間が長期になる借入であれば、カードローンがオススメです。

また、消費者金融だとアコム・プロミス(※1)であれば、初めての利用の場合「無利息サービス」の対象になります。以下が金利になります。

また、金利は年17.8%~年18.0%ですが、インターネットやATMからいつでも返済できるので、自由度が高く短期の借り入れであれば消費者金融もオススメです。

クレジットカードとカードローンは借入までの時間が違う

クレジットカードはショッピング利用がメインのカードです。

キャッシング機能を付帯する場合は、カードの申し込みと同時に申請するか、カード発行後に追加するかで利用できるまでの日数が異なります

発行との同時申込であれば、審査も同時に行われるので、カードが手元に届いたその日からキャッシングを利用できます。カードが届くのは、大体1週間から10日かかります。

追加申請の場合は、申請までにカード会社指定の書類を揃えた上、審査には1営業日以上かかります。利用できるようになるまで最短で1日です。

金曜日の夕方などに申し込んでしまうと、翌営業日の審査になりますので、連休などを挟むと、利用できるまでに何日もかかってしまうこともあります。

一方、カードローンや消費者金融はスピード審査をウリにしているところも多く、「即日融資」のところがほとんどです。

プロミスの場合、webからの申込が可能で、初めての利用であれば最初の30日間は利息がかからない「無利息サービス(※1)」の対象になり、即日融資も可能(※2)です。

(※1)ご利用には、メールアドレス登録、WEB明細利用の登録が必要です
(※2)お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります

クレジットカードとカードローンの審査基準の違いとは?

審査基準はカード会社ごとに異なりますが、クレジットカードでは、職業と収入の安定が最も重視されます。

公務員や正社員であり、勤続年数が長いほどキャッシングの審査において有利であると言われています。

一部のカード会社では審査が厳しく、パートやアルバイトといった非正規雇用だとキャッシング機能の付帯を対象外にしているところもあります。

一方、カードローンや消費者金融は、安定した収入があれば審査をします。もちろん、パートやアルバイト、派遣社員、契約社員という理由だけで審査に落ちることはありません。

継続した安定収入があり、審査基準を満たしていれば融資してくれます。

転職したばかりや非正規雇用、勤続年数が短期など、審査が不安な場合は、カードローンや消費者金融の利用を検討してみましょう

クレジットカードのキャッシング枠の金利を計算してみる

支払い利息が気になる場合は、

「利息=利用金額(元金)×実質年率(%)÷365日×利用日数」

の計算式から求めることができます。

例えば、クレジットカードで20万円をキャッシングし、翌月一括返済するとします。返済期間を31日とし、その際の実質年率が18%だとすると、20,000円×0.18(18%)÷365日×31日=3,058円となり、1ヶ月あたり3,058円の金利がかかります。

一方、同じ20万円をカードローンで借入し分割返済した場合、返済期間を180日とすると、200,000円×0.15(15%)÷365日×180日=14,794円となり、180日間で14,794円の金利がかかります。

このようにクレジットカードのキャッシングを利用する場合は、一括返済すれば分割返済するカードローンよりも支払い利息がお得になります

まとめ

キャッシング枠の最高額はカード会社により異なっており、最大50万円や最大100万円、最大500万円など様々なカードがあります。

個人の利用限度額は年収や信用情報などに基づき、総合的に審査され設定されます。

金利はほとんどのカードが15%~18%で、カードローンの最大15%よりも高いので、長期の借り入れにはオススメできません。

返済は利用した翌月または翌々月に一括返済する場合と分割払いがあり、支払い利息を抑えたい場合は一括返済がオススメです。

クレジットカードのキャッシングは、提携ATMで手軽にスグに借り入れができることがメリットですので、緊急時などの困っときにだけ利用して一括返済することが上手な利用方法ですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ