家族にばれないキャッシング、絶対知られずにお金を借りるポイント

スポンサーリンク

keep-f-money-card-secret

キャッシングやカードローンは非常に手軽な面を持っていますが、借金に対して後ろめたいと思っている人は多いと思います。キャッシングやカードローンをバレずに使いたいという人におさえて欲しいポイントがいくつかあります。この記事では、バレずに使うポイントを説明し、こっそり利用するコツを伝授します。

家族に絶対バレないように申込むコツ

家族バレを防ぐためには、申し込みの段階から注意をすることが必要です。ここでは、申し込み時に注意が必要な3つの点について説明します。

連絡先は自宅でなく携帯電話に設定する

まず、電話連絡先は、携帯電話を指定しましょう

連絡先は審査の過程等で何度も連絡が掛かってきます。固定電話しか記載していない場合は、ダイレクトに家に電話がかかるため、家族にバレるという可能性が高くなります。

しかし、審査のスコアリングにおいては、固定電話を持っているということはプラス評価になることが多いので(特に昨今は固定電話を引かない人が増えているため本人確認が難しい)、「基本的にはかけないで欲しい」など要望を伝えておくことも大切です。

WEB契約にして契約書類が自宅に送られないようにする

2つ目に意識して欲しいことは、WEB契約にすることで、紙ベースの書類を減らすということです。

WEB契約をすることで、契約書から借り入れ、返済にいたるまで全てをインターネット上で完結できるサービスが提供されています。このWEB契約にすることで、利用明細書等が郵送されないため、家族に郵送物からバレるということを防ぐことができます。

消費者金融の中には、モビットの「モビットWEB完結」のように指定の銀行口座で指定の条件を満たすことでキャッシングカード等の送付もない、完全WEB対応というサービスもありますので、自分に合わせた形を探すことがポイントです。

キャッシングカードの受け取りは自動契約機で

審査を通過し、契約をするとキャッシングカードが発行されます。

このキャッシングカードはWEB契約であっても、受取りが必要なため、カードの受け取りについて指定をしないと自動的に自宅に郵送されてしまいます。

これは、本人確認や利用に対する意思確認も兼ねています。もちろん、別会社名義で送付されてきますが、開封されてしまうと完全にアウトとなります。

そこでオススメしたいのが、自動契約機(無人契約機)のある窓口での契約です。自動契約機を利用した契約を選ぶと、契約書がその場で交わせるだけではなく、キャッシングカードについてもその場で受け取ることができます。

このキャッシングカードをその場で受け取れるということは非常にメリットが大きく、郵送物による家族バレを防ぐだけではなく、管理の面でもメリットを得ることが出来ます。

利用後の家族バレを防ぐポイント

利用明細はWEB明細で郵送不要にする

キャッシングやカードローンの利用において1番ネックとなるのは、毎回発行される利用明細書です。この利用明細書が自宅に郵送されてしまうと、家族にバレるリスクが非常に高くなります。

その対策として、WEB明細を利用することをオススメします。このWEB明細は紙媒体で利用明細を確認するのではなく、インターネット上で確認するというサービスです。

この設定は契約の際に、項目があることがほとんどですので、しっかりと「WEB明細」を選択肢、自宅等への送付が不要であることと伝えましょう。

銀行振込返済方法は通帳に履歴が残る

次に注意して欲しいことは、銀行振り込みよる返済の履歴です。銀行口座から振り込みによる返済を行うと振り込み履歴が通帳に残ってしまい、その履歴を家族に見られたことから謝金がバレるということがあります。

このように通帳の履歴に残さないために、コンビニATMや金融会社等のATMを利用するようにしましょう。

ATMを利用することで、利用明細書が発行されることになりますが、きちんとした詳細な明細が印字されない場合は、印字された明細が自宅に届くということになりかねません。

そのために、セブン銀行やイオン銀行等しっかりとした明細を印字してくれるATMを選ぶことが重要です。

より確実性を高めるのであれば、キャッシング等を契約した会社が設置しているATMを利用すれば明細の郵送を防ぐことができます。

返済を延滞するとキャッシング会社から連絡が来る

きちんと返済がなされない場合には、契約会社から連絡が来ます。もちろん最初は本人の連絡先である携帯電話ですが、連絡が取れない状態が続いたり、返済が滞るようであれば、文書での督促が来ることになります。

この連絡については、しっかりと返済をすることで、防ぐことができます。どうしても遅れる場合は、事前に担当者に相談すると、支払い期日の変更等対応をしてくれることもあるようです。

まとめ

今回の記事では、家族にバレずに借りる方法について説明しました。家族への対応については個々の事情があると思いますので、自分にあったサービスを利用することが家族バレを防ぐ1番の対策となります。契約内容等をしっかりと確認し、使いやすいものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ