キャッシングとカードローンの違い~金利・審査・返済方法~

スポンサーリンク

cash015

急な出費や予期せぬ事故などで、お金を借りなければならなくなったときに、キャッシングやカードローンを利用することがあります。

テレビのCMやネット広告などでどちらも似たようなサービスをやっており、ほとんど同じように見えますが、実際には金利や返済方法など大きく異なります。

このページでは、キャッシングとカードローンの違いについて説明します。

クレジットカードやネットで利用できるキャッシング

キャッシングとは一般的に、消費者金融から借り入れをする場合と、クレジットカードのキャッシング機能を利用して借り入れをする場合に使います

限度額の範囲内であれば何度でも繰り返し利用できることが特徴で、返済額も月々変更することができます。

最近では、消費者金融もクレジットカードも、インターネットバンキングを通してキャッシングできるところが多くなってきており、大変便利にお金を借りることができます。

特に、初めての利用者向けの無利息サービスや、収入証明書が不要なキャッシングなど、サービスも充実してきています。

反面、金利が法定利息とほぼ同じ18%であるところがほとんどで、計画的な返済を心がけなければ返済が長期化しますので注意が必要です。

消費者金融のキャッシングでは、24時間いつでも返済できる環境を整えているところもありますので、返済しやすさも選ぶポイントに入れてみてはいかがでしょうか。

教育ローンや住宅ローンなどがあるカードローン

カードローンには、大きく分けて銀行系と信販系があります。

消費者金融もカードローンを扱っているところがあります。

ローンといえば、カーローンや教育ローン、住宅ローンなどがあり、これらは資金使途が明確でなければ借りられませんが、カードローンの場合はフリーキャッシングといって、個人消費に限って自由に使うことができます。

そして、毎月決まった金額を指定口座より元金と利息を合わせて返済していきます。

繰り上げ返済など、余裕のある月に多く支払うことも可能ですが、電話で申し込み後、指定口座へ振り込まなければなりませんので、キャッシングに比べ手間がかかります。

一方、銀行カードローンのほとんどが金利15%で、消費者金融やクレジットカードのキャッシングよりもお得です。

また総量規制の対象外ですので、複数件の借り入れをしている場合には銀行カードローンがオススメです。

キャッシングとカードローンの違いって何?

無担保、無保証人の個人消費のための借入のことを、消費者金融とクレジットカードではキャッシングと呼びます。

一方、銀行系ではカードローンと呼びます。しかし、どちらにも呼び方に明確な定義はありあせん。

消費者金融とクレジットカードの場合は、限度額の範囲内で何度でも借入可能です。

繰り上げ返済や減額返済など、お財布事情にあわせた返済をしやすいという特徴があります。年利は18%で決して安くありません。

銀行カードローンは、毎月決まった金額が口座振替により引き落とされますので、計画的な返済をしやすく、年利も15%とお得です。

返済額の増額・減額は、電話による申し込みのところが多く、追加融資も再審査があるなど、時間がかかります。

短期の借入であれば、無利息サービスのあるキャッシングだと金利を低くできます。

また長期間に渡り返済する場合には、銀行カードローンの方が金利が低くお得になります。

自分のマネーライフに合わせてキャッシングかカードローンを選ぶことが大切です。

まとめ

キャッシングは、消費者金融とクレジットカードからの借り入れの時に使われることがほとんどです。

返済額の増額や減額、繰り上げ返済などをしやすい環境が整っているので、毎月の収入に応じて返済額を決めたい人にはオススメです。

カードローンは銀行系のフリーローンであることがほとんどで、返済方法が銀行引き落としで利息が15%のため、計画的にコツコツ支払いたい人にオススメです。

総量規制の適用外ですので、複数件の借入がある人には、強い味方となります。

短期間の借入であれば、無利息サービスなどがあるキャッシングを、長期間にわたり計画的に返済するのであれば銀行カードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

このページの先頭へ