キャッシングで郵送なしの手続きをするなら、利用明細は「WEB明細」サービス!

スポンサーリンク

cash002

キャッシングやカードローンを利用すると、後日利用明細が送られてくることがあります。この利用明細から家族にバレてしまうことを心配していませんか?こんな時には、WEB明細サービスの利用をオススメします。この記事では、WEB明細サービスが利用可能な会社や利用するときの注意点について説明します。

キャッシングするならWEB明細を利用しよう

キャッシングやカードローンを利用した際の利用明細は、貸金業法という法律で発行することが義務づけられているものです。

明細自体は発行すれば良いので、紙媒体でもWEBでもよいことになっており、自宅への送付を防ぐには、インターネット経由で内容を照会できる、「WEB明細サービス」を活用することが大切です

WEB明細を希望するだけで明細の郵送がゼロに

基本的には、すべてのキャッシングやカードローンを提供する会社では、WEB明細を利用することができます。

申し込みの際に、自宅郵送かWEB明細のどちらかを選ぶ様式になっていることが多く、ここでWEB明細を選択すれば、自宅には届きません

しかし、WEB明細を基本としていることは少なく、きちんと確認しないと自宅郵送になることもあります。明細の発行方法の選択は会社ごとに微妙に異なっているので、必ず担当者に確認するようにしましょう。

WEB明細の利点は、必要な時には何度でもダウンロードできるところにあり、現在の残高や返済期限等をリアルタイムで確認できるというメリットもあります。このようなWEB明細の利点をしっかりと活用していきましょう。

WEB明細利用するためのポイント

WEB明細を希望しないと郵送物が届く場合も

明細の種類選択の際に、WEB明細等を希望しないと、基本的には自宅に郵送物が届くことになり、家族にバレることにつながります。もっとも、消費者金融等は別の名義の会社で送付してきますが、内容をみれば、利用明細であるこということははっきりと分かってしまいます。

だからこそ、申し込みの段階から、自宅への郵送物や電話連絡等の有無をしっかりと確認し、自宅郵送ではなく、WEB明細を活用したインターネットベースの利用方法を活用しましょう。

申込時からしっかりと相談しながら、対策を講じれば、郵送物からの家族ばれは避けることができるでしょう。

WEB明細の郵送先アドレスに注意!自宅PCだと家族にバレる可能性も

ここで注意して欲しいのが、PCアドレスも住所と同じで共有しているとバレることにつながるということです。

自宅の家族共用PCアドレスをWEB明細や利用の際のPCアドレスと設定すると、家族に内容を見られてしまうということが起こりえます。申し込みの際から必ずプライベートのアドレスを使用するようにしましょう。

窓口等を活用して、郵送物を減らす工夫をしよう

自宅に郵送物を送付されないようにするためには、WEB明細を利用するだけではなく、そもそも融資先が郵送をしなくてもいいように対応することが必要です。例えば、カードの受け取りの段階から窓口を利用すれば、カードの郵送はありません。

このように、利用する際にも、インターネットバンキングを利用したりすることで、発行される明細等をデジタルベースにしたり、窓口等を利用して、自宅への郵送等という選択肢を利用しないように心がけることが大切です。

また、返済が滞るなどのこちらに落ち度がある場合は、自宅に郵送物が届くことがありますが、基本的にきちんと返済期日を守り、返済を続けているようであれば、このようなことはありません。どうしてもということがあれば、素直に相談することが解決の1番の近道となります。

まとめ

ここまで、WEB明細を利用して、郵送物からの家族バレを防ぐ方法について説明してきました。契約の段階からしっかりと確認を行いながら、インターネットや窓口等を活用して、自宅に輸送物が届かないような工夫をしていきましょう。また、家族にバレたくないという人は、しっかりと返済期日を守り、融資先との関係性を構築して行きましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ