おまとめローンで一本化する前にチェックして欲しいメリット・デメリット

スポンサーリンク

check

複数の借り入れをしている人や高い金利で借り入れている人にオススメなのが、借り換え・おまとめローンの利用です。借り換えやおまとめローンの利用によって、得られるメリットが多い分、デメリットな分もあります。メリットを最大限に活かすためにも、デメリットについて意識することが大切です。この記事では、メリットだけではなく、デメリットの部分にも着目して説明して行きます。

知っておきたい、借り換え・おまとめローンの基本

多重債務の防止や消費者保護を目的として、総量規制が実施されることになり、基本的には年収の1/3までしか借り入れができなくなりました。

その中で、より借金の完済を目指すことを目的とした、借り換え・おまとめローンというローンが行われています。

おまとめローンを利用することで、金利が低くなったり、返済日がまとめられたりと利用者にとってメリットになることが多いため、総量規制の対象外とされています。

おまとめローンのメリット

支払いの手間が省ける

借り換えやおまとめローンを契約することのメリットは、返済日をまとめることで、支払いにおける手間が省けることです。

複数の借り入れを一本化することで、支払先も一箇所になるため、返済日や返済額等が減り、たくさんの支払期日に追われるということからも開放されます。

さらに、借入金額も大きくなることで金利が下がるというメリットもあります。

おまとめローンは債務整理ではない

借り換えやおまとめローンは債務整理ではありません。あくまでも、銀行や消費者金融の商品の1つを利用することになります。

法律を使っての債務整理と大きく異なる点は、信用情報に傷がつかないということです。

もちろん、完済を目指すことを目的といているため様々な条件がつきますが、あくまでも金融機関からの融資という扱いになるということもメリットの1つです。

おまとめローンのデメリット

金利が低いため、審査に通るのが難しい

借り換えやおまとめローンの審査方法は、申し込み内容の調査とスコアリングという点では他の審査と同じに見えますが、この商品は利用者優位の商品のため、審査が厳しくなっています。

なにより、返済能力をシビアに評価しています。そのため、審査に時間がかかり、結果的に審査に通るのが難しくなります。

審査基準ごとに考えて見ると、通常の借り入れと同様の項目に重点が置かれることはもちろん、各項目の条件が厳しくなっています。中でも過去に返済の延滞経験があったり、債権整理などの履歴があったりすると非常に厳しくなってしまします。

さらに、他社からの借り入れ数にも注意が必要で、5件以上は即アウト、4件は微妙なラインと言われています。そのため、時間がかかった割に審査に通らない人という人が、非常に多いという現状があります。

追加の借り入れができなくなる

基本的に借り換えやおまとめローンは完済を目指すことを目的としたローン商品のため、融資後の追加の借り入れはできないことが多いので注意が必要です。

カードローンやキャッシングのように、何度でも借り入れができないという点を踏まえ、一般の目的ローン商品であるということをしっかりと認識することが大切です。

また、例外的に追加融資を受けられる場合もありますが、契約によっては、他社からの借り入れを禁じている場合もあり、状況によっては一括返済を求められることがあります

この追加融資ができないということが非常に大きなデメリットになることも多く、契約してしまった後にこのことに気付くことが多く、後悔する人も多数います。

まとめ

借り換えやおまとめローンでは、メリットの部分が強調されることが多いですが、基本的にはメリットがあれば、デメリットがあります。自分の求める条件を意識して選択をすることが非常に大切です。デメリットを意識して、メリットを最大限に活かせるように、契約の前には条件をしっかりと確認することが大切です。
スポンサーリンク

このページの先頭へ