キャッシングの借入限度額を引き上げたいときに行うべきこと

スポンサーリンク

gendogaku

キャッシングやカードローンを頻繁に利用していくと、限度額ギリギリになってしまい、もっと上限を引き上げたくなります。

そこで、このページでは、限度額を引き上げるためにやった方が良いことや知っておいたほうが良いことを紹介します。

限度額引き上げるには審査がある、その基準とは?

意外と知られていないことですが、限度額の引き上げをするためには「増枠審査」を受けて審査に通らなければなりません

「新規申込審査」と「増枠審査」の一番の違いは、利用履歴があるかないかです。

増枠審査の場合は、同じ会社から更に借り入れをするわけですが、追加借り入れや返済実績など、新規申込の時にはなかった情報がプラスされます。

この利用実績を積み上げて、信用度を上げることが限度額引き上げのコツです。

では、実際に何をすれば良いのか、何に注意すべきかを見ていきましょう。

①限度額は新規契約から6ヶ月までは上がらない

新規借入から6ヶ月を経過しなければ、限度額の引き上げは難しいと言われています。

会社によっては最初の1年間は引き上げが難しいところもあるようです。

これは「限度額の引き上げは、良好な利用実績がなければならない」ためです。

貸し付ける側からすれば、貸してすぐに「もっと貸してほしい」と言われても、返済されるかどうかを見極めなければなりません。

貸し倒れリスクを抑えるために新規契約から最低6ヶ月以上は、順調に返済が行われるかどうかをチェックします。

逆に、長期に渡り順調に返済を続けていくと「キャッシング枠の増枠が可能です」という案内が会社の方からきます。

この案内が来てから申し込むと、増枠審査に通る可能性が高くなります。

②他社借入の利用がないこと

新規申し込みの時に複数件の借入があると、返済のために他社から借り入れているのではないか、計画的な利用が困難なのではないかなど、審査の時に信用度が低くなります。

もちろん限度額の引き上げ審査でも同じことで、返済能力の面から不利になります。

人によっては他社借入があると不利になるので「他社借入0件」と虚偽の申請を行うことがあるようですが、これをすると確実に審査は通らず信用が下がります

貸し付ける側は、個人信用情報機関に現在の借入状況を照会しますので、他社借入の件数と残額が一目瞭然です。

この個人信用情報機関とは、消費者金融や銀行がデータを共有するところで、現在だけでなく過去の実績まで把握することができます。

信用を上げるためには、1社に絞って計画的な返済を続けることで利用履歴を磨くことが大切です。

③返済を遅延・滞納していないこと

利用実績を積み上げる中で最もやってはいけないことが、「遅延・延滞・返済不能」です。

「期限を守ること」「金額を守ること」「完済すること」は貸借契約の中でも最も遵守すべき約束事ですので、これを破ってしまうと信用を自ら壊すことになります。

当然、約束を守れない人は新たな契約は結べず、上限額の引き上げも難しくなります。

何度も繰り返しますが、増枠審査は信用が大切ですので、遅延・延滞は決してないようにしましょう

もしも心あたりがある場合は、その状態を1日も早く解消し、コツコツと実績を積んでいきましょう。しばらくの間、限度額の引き上げは我慢が必要でしょう。

キャッシングを利用している会社の信用を得る

新規申込も限度額引上げも同じことですが、信用度が高いほど審査に通る可能性が高くなります。

延滞・遅延がないことは当然ですが、ここから信用度をもっと上げるためにどうしたら良いでしょうか。

電話やりとり時の対応が大事

審査が機械的に行われていると思っている人がいるようですが、そうではありません。

審査はきちんと審査する部署があり、そこで申込者一人ひとりについて審査されています。

なので「引き上げて!」と言ったら通るものではありません

人対人ですので、窓口や電話口のやり取りなど信頼感を持ってもらえる対応を心がけましょう。

電話連絡があった時に着信を放ったらかしにしたり、「俺は客だゾ!」のような横暴な態度を取ったりすると、心証を悪くしてしまいます。礼儀正しく振舞いましょう。

限度額引き上げは計画的に

限度額の引き上げの際には、資金の使用目的が聞かれます

「海外旅行にいくので念のため引き上げて下さい。」「冠婚葬祭が続いてしまい、出費が続くので引き上げてください。」と言うのと、「パチンコに負けたので引き上げてください。」というのでは、審査の通りやすさは全然違います。

特に遊興費への支出として借り入れることは困難です。

借り入れ目的を明確にし、収入と支出のバランスを考えて計画的に返済できることをハッキリと説明できる状態にしてから、限度額引き上げの申し込みであれば良い印象を与えられます。

「貯金が30万円あるのですが、冠婚葬祭が続いて、祝儀や香典、交通費、宿泊費などを考えると、足りなくなるかもしれないので、念のため上限だけ引き上げておきたい。」など、相手の安心に繋がる申し込みをしましょう。

限度額を引き上げるのは時間が必要。他社借入の方が良い場合も

限度額の増枠申請は、審査結果が分かるまでに2~3営業日かかることがほとんどです。

また、増枠なのでプラス10万円や20万円ということが多いです。

スグに借りたい人や増額分だけでは足りない人、収入証明書の提出が必要になる人など、時間と手間がかかる割には希望通りにならない場合があります

そんな時は、限度額の引き上げよりも他社でキャッシングした方が良い場合もあります。

まだ利用が1社か2社であれば、審査が通る可能性もあるので、お急ぎの方は新規申し込みを検討してみましょう。

ただし、利息の返済や返済日が増えて管理も大変になりますし、個人信用情報に新たな借入が載りますので、早めに完済することを目指しましょう

信用重視で堅実なキャッシングをしていくのであれば、1社に絞ることをオススメします。

まとめ

キャッシングの限度額増枠は、申請するために6ヶ月以上の良好な利用実績が必要です。

6ヶ月を経過して増枠を希望する場合は、延滞・遅延、他社借入などマイナス要素を作らないように気をつけることが大切です。

そして、電話対応など利用者としての信頼も上げておくと更にプラスです。

また、急ぎで新たなキャッシングが必要な場合は、他社利用も検討しましょう。

実績を積んでいくと、キャッシング会社の方から増額の案内が来ますので、そうなるように期日と金額をしっかりと守っていくことが、限度額を引き上げる一番の近道です。

スポンサーリンク

このページの先頭へ