おまとめローンでキャッシング返済額を減額できる?これってホント!?

スポンサーリンク

genngaku

1つの契約で利用できる限度額が低いため、複数のクレジット会社や信販会社、消費者金融から借り入れをしている場合、借り換えやおまとめローンを使用することで毎月の返済額が減るだけではなく、返済総額を減らすことにつながります。この記事では、おまとめローンの特徴やポイントを説明していきますので、完済に向けた計画を考えて見ましょう。

複数の借り入れをおまとめすると返済総額は少なくなるって本当?

複数の借り入れ先を1つにまとめることで、多くのメリットがあります。そのメリットについて、説明していきます。

➀借入額が高い方が低金利になる可能性も

まず、元本に対する金利が低くなることが多いという点です。

借り入れ金額が大きくなるほど、金利が安くなるという仕組みがあります。これは、元本が大きくなるとわずか金利でも、多くの利益を金融機関が上げることができるためです。

そのため、借り入れ総額自体は同じでも1つにまとめることによって、金利が安くなり、支払総額が低くなるということがあり、借り換えやおまとめをした方がお得という結果につながります。

②おまとめで返済日もわかりやすく

複数の借り入れ先がある場合、返済日がバラバラとなり、支払いの管理が難しいということはありませんか?

返済日は増えると返済期日に追われた生活となり、ストレスも大きくなっていきます。

借り換えやおまとめローンを利用すると返済日をまとめられるだけではなく、返済回数を減らすことにもつながるので、返済管理が行いやすくなります。

借り換えやおまとめローンの強みが多い「銀行系カードローン」

借り換えやおまとめには、消費者金融や信販会社よりも銀行系カードローンの活用がおすすめです。

銀行系カードローンは総量規制の適用対象外の商品なので、年収による制限を受けないだけでなく、通常のカードローンとしての機能から、限度額までの追加融資が容易です。そのため、おまとめローンに最適な要素を備えています。

他にも消費者金融が提供するカードローンと比べると、金利の面での利点が大きく、全ての借り換えができなかったとしても、銀行系カードローンに乗り換えを検討することにもつながります。

例えば、3大メガバンクでは、多くても14%前後が最も高い金利であるのに対して、消費者金融では、上限の18%もしくはその上限に近い数字になっています。

僅か数%の違いですが、借り入れ金額が大きくなる借り換えやおまとめの場合、その差が大きな意味を持ってきます。

可能な限り、銀行系カードローンの利用を検討することをオススメします。

おまとめにオススメのカードローン

では、オススメの銀行系カードローンについてご紹介します。

また、楽天銀行が提供する楽天銀行スーパーローンもおすすめです。楽天銀行はネット銀行としての利点を活かし、全ての手続きがインターネットで行うことが可能となっています。

審査においても、楽天での会員ランクによる優遇等もおこなっており、お得な点も多い商品です。金利は4.9%~14.5%と窓口のある銀行系カードローンと同等になっています。

借り換え専用ローンでは、東京スター銀行のりかえローンもおすすめです。審査自体は厳しくなりますが、実質年率が7.8%~9.8%と他の銀行と比べても低金利なのが特徴です。

返済総額が増える返済期間を必ず確認しよう!

借り換えやおまとめローンを利用する際には、返済期間に注意が必要です。

毎月の返済額を減らさないことが基本ですが、借り換えやおまとめローンの場合は、毎月の返済金額を減らすことが可能となります。

その一方で、返済期間が長くなることで、金利が低くなっても利息の掛かる期間が伸びることで、最終的には返済金額が大きくなってしまうことがあります。

借り換えやおまとめローンの利点を活かすためにも、しっかりと返済期間にも注意しましょう

まとめ

ここまで、借り換えやおまとめローンのコツについてまとめてきました。複数の借り入れをまとめることのメリットは複数あるので是非試してみましょう。その際には、金利や毎月の返済額だけではなく、返済期間などの契約の細かいところまでしっかりと確認して、損をしないようにしていきましょう。そのためにもしっかりとしたシミュレーションをして申し込みを行うことが大切です。
スポンサーリンク

このページの先頭へ