複数のクレジットカードのキャッシングは、おまとめで少しでもお得に

スポンサーリンク

omatome2

クレジットカードにプラスでつけていることの多いキャッシング枠。複数のクレジットカードでキャッシングをして気がついたら…ということも多いはず。そんなときは、複数借入分を1社にまとめることがオススメです。この記事では、どうやってまとめていくのが効果的なのか、手順を踏まえながら説明していきます。

複数のキャッシング枠を利用している場合、1社におまとめがお得

今、複数のクレジットカードや信販会社、消費者金融等で借金をしているのなら、その借り入れをまとめることを検討してみましょう。

複数の借り入れ先があると、返済期日が増えることで入金の手間が増えるだけではなく、金利も契約時の1番高いままであることが多く、利用者にとってデメリットが多いという状況になってしまいます。

こんな状況に当てはまる人は是非、借り換えやおまとめローンを活用した、返済方法を検討してみてください。一本化することで返済日がすっきりするだけではなく、返済金額の総額を少なくすることが可能となります。

多くのお金を借りる際には、金利は低く設定されています。金利が低くても、元本が大きいので一定の金利収入を金融機関が得ることができるためです。

ぜひ、一本化して借金返済をより近づけましょう

クレジットカードのキャッシング枠を複数利用分をまとめ方法

ここでは、より具体的にキャッシング枠をまとめる方法を紹介します。様々な方法のうち、比較的ハードルが低く、実行しやすい2つの方法を説明します。

1枚のクレジットカードにまとめて返済をする

この方法は、複数のクレジットカードの借入額分の合計を1枚のクレジットカードで借り入れを行い、その他の借り入れ分をまとめるという方法です。

既に所有しているクレジットカードを利用することもできますし、新規で契約するという方法もあります。

あくまでクレジットカードをつくり、そこに集めるということが前提ですので、ローン商品というよりもキャッシングを他のキャッシングでまとめるということになり、金利等のメリットはあまり大きくありません

メリットはあまり大きくありませんが、審査等は一般のクレジットカードのキャッシング枠が大きいというだけの条件になるので、借り換えローン等に比べると通過しやすいと言えます。

消費者金融・銀行系カードローンで合計金額分借りて返済する

個別の借入額分の合計をどこか1社の銀行系カードローンや信販会社、消費者金融で借り入れるという方法があります。

この方法は、「貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン」と名前がついていることが多く、総量規制対象外となる方法です。

これは、現在の借金合計分を1社の銀行系カードローンや信販会社、消費者金融が提供する商品にまとめて、融資されたお金をもとに、他の借り入れを返済するという方法です。

基本的には借金返済を目的としているので、複数の借り入れのある多重債務者にとっても非常に助かる方法の1つです。

クレカキャッシング枠より銀行系カードローンや消費者金融でおまとめ

クレジットカードを利用する場合は、設定される限度額が低いこと、金利が非常に高いなど一本化してもメリットが大きくならないことも想定されます。そのため、一本化したのに、返済総額が増えてしまったということも起きてしまいます

そこでオススメしたいのが、銀行系カードローンや消費者金融等を利用する方法です。特に銀行系カードローンの場合は、金利が低く、限度額も高いため、利用することのメリットが大きくなります。

元々、銀行系カードローンは総量規制の対象外のため、限度額が高めに設定される傾向にあり、銀行系の中でもネットバンキングでは、低金利を謳って商品展開をしており、利用しやすい条件が整っていることも多いです。

安心感をということであれば、3大メガバンクの提供するカードローンもオススメです。金利自体はネット銀行ほどの低さではありませんが、ネームバリューや信頼度は重要な要素となります。

また、消費者金融であっても、おまとめを目的とした商品の場合は総量規制の対象外となり、一本化することでメリットを得られることもありますが、追加融資ができないなどのデメリットの部分もありますので、しっかりと検討することが必要です。

まとめ

クレジットカードのキャッシングを一本化することで、返済総額が減らすことができる可能性が高くなります。複数の借り入れがある、毎月の返済をまとめたい時には、是非借り換えやおまとめを検討してみましょう。審査や条件があるので、自分にあった方法を利用することが非常に大切です。あくまで完済をすること、返済額を減らすことが大切なので、金利や毎月の返済額だけではなく、完済までのシミュレーションを行いながら、検討をしていくことが必要です。
スポンサーリンク

このページの先頭へ