キャッシング借り換え比較!借り換えでおすすめの消費者金融・銀行カードローン

スポンサーリンク

karikae

キャッシングを利用していく中で、気がつくと返済のために借金をしてしまった、複数の返済日や高い利息で困ったという経験はありませんか。

複数の借り入れをまとめることで返済日がまとまったり、金利が低くなったりすることにつながります。

完済に近づくために、複数の借り入れがある人、収入が上がった人、全体の残高を減らしたい人は、是非検討してみましょう。

借り換えの審査は消費者金融・銀行カードローンどちらも厳しい

借り換えやおまとめといった借り換え対応ローン商品は、一般のキャッシング商品よりも審査が厳しくなっています。

なぜ、厳しい審査が必要なのでしょうか?

借り換えは複数のキャッシングをおまとめできる

借り換えローンやおまとめローンは、信販会社や消費者金融であっても総量規制の対象外とされています。

これは複数の借り入れを一本化し、金利も低くなることで、利用者が得をすることになっているためです。

利用者が得をする分、融資元には大きなリスクとなる可能性があり、審査自体が非常に厳しくなってしまうのです。

借り換え対象のキャッシングは信用情報の履歴が重視される

前述の通り、融資元は借り換えに対して非常に慎重にならざるを得ないという側面を持っています。

そのため、一般のキャッシング商品の場合よりも、信用情報が細かくチェックされます。

信用情報では、過去2年間の返済情報が記録されているので、過去に延滞等をしてしまったという人は注意が必要です。

借り換えの際に注意すべきメリット・デメリット

借り換え対応の商品は利用者優位の商品なのでメリットが多数ありますが、その一方でデメリットもあります。

ここでは、メリットとデメリットについて説明します。

借り換えローンのメリット

まず、大きなメリットとしては、金利を低くすることができることです。

金利が低くなることで全体の総返済額が減ることにつながります。

また、毎月の返済額も減らすことにつながり、無理のない返済計画を立てることにつながります。

借り換えローンデメリット

金利や毎月の返済金額は減ったとしても、注意が必要なのは返済期間です。

この返済期間が非常に長くなってしまうことで、総支払い額が増えてしまうということが起こってしまいます。

もちろん、借り換えを行ったことは信用情報にも記載されます。

金融機関によってはネガティブな評価につながることもありますので、注意が必要です。

銀行系カードローンは借り換えにも対応!

銀行系カードローンにも、借り換えやおまとめ対応のローンがあります。

銀行系カードローンでは、「総量規制の対象外であること」と「限度額が高めに設定されること」が多いことから、消費者金融よりも借り換えに向いています。

ここでは、借り換えにオススメの商品を紹介します。

みずほ銀行カードローンで借り換え・おまとめローン

<オススメポイント!>

  • 最短で即日融資が可能
  • 借り換えやおまとめにも対応している
  • みずほ銀行ATMでの利用手数料が無料

みずほ銀行カードローンをおすすめする理由は、最短即日融資が可能ということ、最高限度額が1000万円と高額であることです。

銀行系カードローンなので総量規制には含まれませんので、比較的大きな借金額となっても問題ありません。

消費者金融等の借金を、みずほ銀行カードローンで借り換えやおまとめをすることができるので、是非検討して欲しい商品の1つです。

消費者金融が提供する借り換え・おまとめローン

借り換え専用ローンは通常のキャッシングと比較して様々な条件がありますが、消費者金融にも借り換えやおまとめを目的とした商品があります。

消費者金融の借り換え専用のローンでは、他社のキャッシングを解約するということが条件になったり、借り換え目的のため繰り返して限度額まで利用できなくなったり、借り換えによる返済を目的とした制約がつくことがあります。

そのため、通常カードローンの様に追加融資や追加利用ができるローンではないということを意識しておきましょう。

まとめ

借り換え・おまとめローンは、多数の金融機関で扱っており、自分にあった商品を選ぶことが大切です。

銀行系カードローンと消費者金融を比較した場合では、金利が低い分だけ銀行が厳しいとされています。

しかし、借り換えの対象となるキャッシングが消費者金融からのキャッシングだからといって、銀行系カードローンで適用できないという訳ではありません。

むしろ消費者金融のキャッシングを銀行のカードローンで借り換えするケースがほとんどです。

消費者金融ローン残高が膨らんで返済額が多くなり返済が厳しくなる前に、無理をせずに早めにキャッシングの借り換えをおすすめします。

スポンサーリンク

このページの先頭へ