ゆうちょ銀行カードのキャッシング利用について

スポンサーリンク

yuucyo

ゆうちょ銀行のキャッシュカードを持っている人は、キャッシング機能を備えておくと、いざという時に借入できて役立ちます。

郵便局は全国、津々浦々どこにでもあるのでATMも見つけやすく大変便利です。

ここでは、ゆうちょ銀行のカードでキャッシングする手順について説明します。

ゆうちょ銀行カードでキャッシングをする際の注意点

ゆうちょ銀行でキャッシングをするためには、事前登録をし「JPバンクカード」を取得しなければなりません。

このカードは、ゆうちょ銀行発行のクレジットカードで、普通預金のキャッシュカードとしても利用できる便利なカードです。

クレジットカードなので、他のカード会社同様にクレジットの審査とキャッシングの審査があり、誰でもが持てるわけではありませんので注意が必要です。

クレジット審査とキャッシング審査に通るとカードが発行され、晴れて限度額内でいつでもキャッシングできるようになります。

ゆうちょ銀行のカードでキャッシングをする手順と方法

JPバンクカードには、2種類のキャッシング方法があります。

  1. 全国のゆうちょATMまたは提携ATMから直接借り入れる
  2. 「キャッシング振込サービス」に申し込む

ATM利用の場合は、クレジットカードが届いたらATMに行って直接借り入れできます。利用時間はATMの営業時間内です。

振込サービスの場合には、電話による手続き「スマートダイヤル24」へ申し込むか、会員専用サイト「JPバンクweb」から申し込むかの2通りの方法があります。

どちらの場合も24時間受け付けており、受付後5営業日後に引落口座へ振り込まれます

借入限度額は、カードが送られてきた時の台紙に記載されているので、その金額以内で希望額を借りましょう

郵便局のゆうちょカードでお金を借りた場合の支払方法

ゆうちょ銀行のキャッシングの返済方法には2通りあります。

  • 一括払い
  • リボ払い

・一括払い
借入元金と返済利息を一括して返済する方法です。

締切日は毎月決まっており、支払日に他のクレジットの支払いなどと一緒に、口座から一括で引き落とされます。

・リボ払い
毎月一定額を完済まで払い続ける返済方式です。

例えば、毎月1万円の支払で利息が1,500円の月は、元金8,500円と利息1,500円を支払ったことになります。

この他に、「あとからリボ払い」という支払い方法がありますが、ショッピングの1回払いや2回払い、ボーナス払いをリボ払いに変更するものでキャッシングや年会費では使えません。

まとめ

JPバンクカードは、キャッシュカード機能、クレジットカード機能、キャッシング機能が1枚にまとまった大変便利なカードです。

キャッシングは全国の提携ATMで直接借入たり、電話やインターネットから振込入金してもらえるので利用しやすいです。

返済も一括返済とリボ返済の2種類から選べられるので、自分のライフスタイルに合わせることができ、返済計画も立てやすいです。

スポンサーリンク

このページの先頭へ