キャッシングは口座に入金されるまでどのくらいかかる?

スポンサーリンク

cash013

急な出費でお金が必要になり、しかもキャッシングしないと間に合わないとき、申し込みからどれくらいの時間で現金が振り込まれるのか気になりますよね。

このページでは、申し込みから審査が通ってからの入金されるまでの流れや、振込依頼のやり方などを中心に解説します。

キャッシングの入金の反映、振り込み依頼の手順について

大手の消費者金融では、ネットで申し込みから審査、振込まで完結するようになっています

審査もスピーディで銀行の営業時間内であれば即日融資されます。

この振込キャッシングの手順は、

  1. 会員専用サイトのログイン画面へアクセス
  2. ログイン画面でIDとパスワードを入力し、ログイン
  3. 振込キャッシング申込ページへ移動
  4. 設定されている限度額の範囲内で希望金額を入力
  5. 数分待って、指定口座に入金されていることを確認

です。

以上が振込キャッシングの方法ですが、もちろん、ローンカードがあれば、全国の提携ATM/CDから引き出すことができます。

当日中に入金を反映させたい場合、振り込み依頼時間のリミット

消費者金融の振込キャッシングの即日融資には、申込時間にリミットがあります。

基本的には、銀行の窓口が閉まる平日15時以降の申し込みは翌営業日になります

システムの都合で14時や14時半までの手続きで即日融資、それ以降は翌営業日に融資というところもあります。

また、土日の振込キャッシング依頼も翌営業日の取り扱いになります。

また、三菱東京UFJ銀行に口座があればアコム、三井住友銀行にあればモビットやプロミスにすると、系列なので振込が反映されるまでの時間が他より短いです。

しかし、銀行系列の消費者金融は限られていますし、その銀行に口座を持っていない人も多いです。

地方銀行、信用金庫、ゆうちょ銀行などへの振込キャッシングであれば、14時までに振込手続きを完了することオススメします。そうすれば即日融資されます。

この様に、消費者金融や銀行によって振込可能時間が違いますので、前もって確認しておきましょう。

例外として24時間振込み依頼直後入金が反映される金融機関もある

上記のように、振込キャッシングの即日融資にはリミットがあります。

しかし、24時間いつでも入金が反映される場合もあります。

例えば、プロミスと三井住友銀行やジャパンネット銀行の組み合わせで、振込キャッシングサービス「瞬フリ(振込キャッシング)」は、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座に24時間いつでも最短10秒で振込みされます。

「瞬フリ」は、ネット申し込み対応で、プロミスの手数料負担などメリットが多くオススメです。

他にも、アコムと楽天銀行の組み合わせも24時間対応です。

平日だけでなく、土日や祝日といった金融機関がお休みの時でも受付しており、手続き完了から1分程度で振込みされます。

アコムの利用を検討している方や、既に融資を受けている方は、楽天銀行に口座開設すると大変便利に利用できます。

まとめ

大手消費者金融のネットサービスを利用すれば、お手軽に振込キャッシングを活用できます。

入金先の口座が地方銀行や信用金庫、ゆうちょ銀行などであれば、入金反映までの時間を見越して融資希望日の当日14時までに手続きを完了すると、即日融資されます。

また、「プロミスと三井住友銀行・ジャパンネット銀行」「アコムと楽天銀行」の組み合わせで利用すれば、24時間いつでもキャッシングすることができ大変便利です。

緊急でキャッシングをすることが多い人は、キャッシング会社と銀行の組み合わせも考えて、もっと便利にマネーライフを送ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

このページの先頭へ