限度額ギリギリまでキャッシングしたい…借入件数を要チェック!

スポンサーリンク

kariirekensu

複数のキャッシング会社から借り入れをするときに、審査に通るか、いくら借りられるのかが気になるところです。

貸し手であるキャッシング会社も申込者の借入件数と借入総額に注目しています。

このページでは、キャッシングやカードローンの利用限度額について説明します。

各金融機関のキャッシングとローンの利用限度額

限度額は審査による信用度によって決まる

消費者金融、クレジットカードのキャッシング、銀行カードローンなどの利用限度額は、会社ごとの独自基準と審査によって設定されます。

審査の際には、「年齢、職種、勤続年数、年収」といった個人の基本情報と定期的な安定収入の有無を確認します。

そして、「過去の借入状況と返済履歴」「現在の他社借入の有無、ある場合には借入件数と借入合計、債務残高」といったキャッシングの利用歴・返済歴を申込書の内容と、個人信用情報機関への照会との両方でチェックします。

信用度が高いほど限度額も高くなります

例えば、勤続年数が長かったり、公務員などの安定的な職業であったりすると年収が低くても信用度が高いです。

反対に、年収が高くても勤続年数が短かったり、収入が不安定だったりする職業は信用度が低いです。

その他、過去の返済履歴に遅延や延滞、代位弁済などがあると信用が下がります

審査で最も重要視される「他社借入の件数」

このように限度額の決定には色々なチェックポイントがありますが、その内の1つで注目されるのが「他社借入の件数」です。

既に他社から借り入れをしており返済中の場合、自社への返済が滞らないかどうか、完済できるかどうかを厳しく審査します。

そのため借入金額が同じでも件数が多いほど信用度が低く、限度額も低くなります

例えば、

Aさん:借入1件 限度額150万円
Bさん:借入3件 限度額合計150万円

だとすると、Aさんの方が信用度が高いです。

1件で150万円の限度額が設定されているので、年収や返済能力が限度額150万円に見合っていると評価されたということになります。

一方、同じ150万円の借入でも3件トータルと言うことは、1社ごとの評価は数十万円ということになります。

総量規制により借入金額は年収の1/3までなので注意しよう

貸金業法の対象となる、クレジットカードのキャッシングと消費者金融からの借入は、合計で年収の1/3までと法律によって規制されています。

そのため、年収の1/3を超えて借り入れしたい場合は、総量規制の対象外である銀行カードローンや、保証人や担保を設定する目的別ローンなどに申し込むことになります。

この総量規制を念頭に置きながら、現在の借入残高がいくらなのかを把握すれば、新たに借り入れできるおおよその金額が計算できます。

例えば、年収が300万円だと総量規制により、貸金業者からキャッシングできるのはトータルで100万円です。

2社から合わせて80万円キャッシングしている場合、新たに借りることができるのは最大で20万円です。

しかし、これは飽くまでも仮の話ですので、実際の審査に通るかどうかは、これまでの返済実績や個人信用情報などによることを充分に理解しておかなければなりません

まとめ

キャッシングの審査は「年齢、職種、勤続年数、年収、過去の借入状況、返済履歴、現在の他社借入の有無、他社借入件数、借入合計、債務残高」と多岐にわたる項目について行われます。

特に、他社借入の有無とその件数は、新たに借り入れる際の限度額に大きな影響を与えます。

件数が多いと信用度が下がり、総量規制の範囲内であっても審査に通らない場合があるので、件数を減らし信用を保てるよう心がけることが、新たなキャッシングをスムーズに行う秘訣です。

年収の1/3を超える借入は、総量規制対象外の銀行カードローンまたは担保や保証人を付けるローンに申し込むことになります。

自分にピッタリのキャッシングやローンを選び、充実したマネーライフを送りましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ