キャッシングの限度額を決める「総量規制」とは!?

スポンサーリンク

souryoukisei

多重債務者による自己破産やグレーゾーン金利、ヤミ金による不法取立など、以前は様々な問題がありました。

そこで、法律で多くの規制がされるようになり、その中の1つに「総量規制」という制限があります。

これは、キャッシングする人の借入金額を制限するもので、多重債務者などを減らす効果がある一方で、必要な分だけお金を借りられない可能性を高くしています。

このページでは、「総量規制」について詳しく説明し、総量規制を超える借り入れをするための方法を説明します。

総量規制という法律により年収の1/3以上を超える借入ができない

個人の借入総額は年収1/3を超えてはいけない

総量規制は、個人の借り過ぎによる返済不能を避けるためと、キャッシング会社の貸しすぎを抑制するために制定された規制です。

対象になる貸付は、無担保、無保証人の個人向け貸付であり、その他の貸付に対しては、適用されません。

一番のポイントは、年収の1/3までしか借り入れできないところです。

一般的に年収の1/3を超える借り入れをすると、家計に占める借金の割合が大きくなり、返済が苦しくなると言われています。

キャッシング会社からみると、遅延、延滞、自己破産などのリスクが高くなるので、借り手と貸し手の双方のために規制が設けられました。

このため、何社利用しても消費者金融やクレジットカード会社からはトータルで年収の1/3までしか借りられず、それ以上は審査に通りません

しかし、無担保、無保証人であっても事業用資金の場合は適用外です。

総量規制の対象でも除外や例外もある

総量規制の対象となる借入であっても、例外的に借りられる場合があります。

この「例外」に限り、借入残高が年収の1/3を超えても審査に通ります

具体的には「緊急を要する治療費」や「個人事業主への事業資金としての貸付」「顧客に一方的有利となる借換え」などのことです。

また、個人向け貸付であっても、総量規制の対象外つまり「除外」となることがあります。

この場合は、制限されませんので総量規制と関係なく借り入れでき、総量規制対象の借入残高にも加えられません

除外には、自動者ローン(自動者担保貸付け)や不動産購入のための貸付などがあります。

除外
  • 不動産購入のための貸付(つなぎ融資を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付
  • 高額医療費の貸付
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付
  • 手形(融資手形を除く)の割引
  • 貸金業者を債権者とする金銭消費貸借の媒介
  • 有価証券担保貸付
  • 不動産担保貸付(居宅などを担保とする場合を除く)
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付
例外
  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費(高額医療費を除く)の貸付
  • 配偶者と併せた収入の1/3以下の貸付
  • 個人事業主に対する貸付
  • 預金取扱金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付
  • その他、社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための貸付

総量規制の上限を超えて借りるには銀行カードローンを利用しよう

総量規制の対象外なのが銀行カードローン

「消費者金融」「クレジットカードのキャッシング」「銀行のカードローン」どれも、同じキャッシングにみえますが、実は一つだけ貸金業法に当てはまらないキャッシングがあります。

それは、「銀行カードローン」です。

賃金業法というのは、「貸金業」に対して適用されるのであって「銀行業」には適用されません。

そのため「銀行カードローン」は総量規制の対象ではありません

銀行カードローンは、年収の1/3の制限とは関係ないため、銀行独自の審査に通ればすでに年収の1/3借りている人でも更にキャッシングできます

特に、新生銀行カードローンのレイクは、無利息サービスを利用者のマネーライフに合わせて選べるのでオススメです。

総量規制の例外や除外を活用しよう

消費者金融やクレジットカードのキャッシングだけでは、総量規制の対象になってしまい、借り入れが制限されてしまいます

そこで、総量規制の例外や銀行カードローンなどを上手に活用することで、年収の1/3以上の借入が可能になります。

担保や保証人を立てての融資は、家族や友人に迷惑をかけることにもなりかねませんので、なるべく無担保、無保証人で借り入れをしたい人がほとんどです。

そういった面からも、銀行カードローンはオススメです。

また、「おまとめローン」としてキャッシングすることで、返済利息と返済総額が減る場合は、「顧客に一方的に有利になる借り換え」に該当するので年収の1/3を超える借入が可能です。

まとめ

総量規制は、借入金額を年収の1/3までに制限、無担保、無保証人の個人向け貸付が対象、銀行カードローンは対象外、「顧客に一方的有利となる借換え」などの場合は、例外で1/3を超えて借入できる、と法律で定められています。

総量規制の制限以上に借り入れをする場合には、適用外の銀行カードローンの利用をオススメします。

特に、新生銀行カードローンは無利息期間を選べるので人気のカードローンです。

ただし、総量規制を超える借り入れは、収入に対する借入の割合が大きくなり返済困難に陥りやすいので、計画的な利用を心がけましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ