休日に今すぐ借りたい!プロミスなら土日祝日も即日キャッシング

スポンサーリンク
週末や祝日に急にお金が必要になってしまったというときに頼りになるのが、消費者金融プロミスの即日キャッシングです。

プロミスなら土日祝日でも審査を受けることができるので、申込みをしてすぐに借入れが可能です。

土日祝日にプロミスでキャッシングする具体的な方法、また土日祝日に利用できるサービスと利用できないサービス、年末年始のスケジュールなどについてご説明していきます。

土日でもその日のうちに借入れする2つの方法

プロミスなら、土日祝日でも申込んだその日のうちにキャッシングを利用することができます

ただし、プロミスのお客様サービスプラザは土日は営業していないので、窓口での申込みはできません。

プロミスで土日祝日にも契約してキャッシングをするには、2つの方法があります。

「ネット申込み+瞬フリ利用」で即振り込み

プロミスへの申込み方法はいくつかありますが、一番簡単で人気があるのがインターネット申込みです。

インターネット申込みなら、土日祝日でも24時間受付可能、審査は最短30分です

インターネット申込みで契約が完了すると、すぐに振込キャッシングを利用できます。

ただし、365日24時間いつでも最短10秒で振込キャッシングが完了する瞬フリを利用できるのは、三井住友銀行かジャパンネット銀行に銀行口座を持っている場合に限ります。

他の金融機関の場合は、営業時間以外の振込は翌営業日以降の扱いになってしまいます。

ただし、三井住友銀行は日曜の夜9時から翌朝7時まで、ジャパンネット銀行は月曜の0時から朝7時まで、システムメンテナンスのため利用できません。

自動契約機なら申込み~カード受取まで可能

受付時間がもう少し短くなってしまいますが、プロミスの自動契約機から土日祝日もキャッシングの申込みができます

三井住友銀行かジャパンネット銀行の銀行口座を持っていない場合は、こちらの方法をおすすめします。

プロミスの自動契約機は、平日も土日祝日も朝9時から夜10時まで営業しています。

店舗によっては夜9時で営業を終了する場合もあるので、詳しくはプロミスHPでご確認ください。

自動契約機で申込みから審査、契約まで済ませることもできますし、インターネットで申込みをしてから自動契約機で契約をしてカードを受け取ることもできます

その場合は、インターネットで申込みをするときに必ず「来店契約」を選択してください。

「郵送」を選んでしまうと、プロミスカードを当日中に受け取ることができません

「来店契約」にしておけば、自動契約機ですぐにプロミスカードを受け取ることができます。

その後は、プロミスATMでもコンビニATMからもキャッシング可能です。

プロミスお客様サービスプラザは土日利用不可

プロミスなら、土日祝日も平日と同じように即日キャッシングができます。

ただし、店頭窓口のプロミスお客様サービスプラザだけは、ほとんどの店舗で週末は営業していません

プロミスお客様サービスプラザの営業時間は、平日の朝10時から夕方6時までとなっています。

一部店舗では土日営業しているところや、営業時間が変更になっているところがあるので、詳しくはプロミスHPをご確認ください。

手続きや契約内容に関して不安があったり確認したいことがあって、店舗で直接申込みができないと困るという場合は、電話で問い合わせをすることができます。

プロミスは、土日でも24時間プロミスコールへの問い合わせを受け付けています

女性スタッフが対応してくれる女性専用ダイヤルもあるので安心です。

プロミスコールは土日も24時間受け付けていますが、プロミスコールからのキャッシング申込み受付は、朝9時から夜10時までとなっているので注意が必要です。

土日も対応プロミスコール

  • 電話番号 0120-24-0365

女性専用レディースコール

  • 電話番号 0120-86-2634

プロミスATMの利用可能時間は土日も平日と同様

プロミスのキャッシングは銀行振込でも利用できますが、直接お金を受け取りたい場合は、プロミスカードを使ってATMでお金を借りることになります。

プロミスカードが利用できるATMは、全部で6種類あります。

プロミスATMと提携の銀行ATM、提携のコンビニATMです。

  • プロミスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • ジャパンネット銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネットATM

これらの全てのATMで、土日祝日も平日と全く同じようにキャッシングを利用できます

コンビニのATMだけは利用手数料がかかりますが、利用金額に応じて利用手数料が設定されているので、土日祝日に利用手数料が値上がりすることはありません。

コンビニATMの利用手数料は、1万円未満の場合108円、1万円以上の場合216円となっています。

土日でも在籍確認が可能な電話番号を申告しよう

消費者金融の多くは、土日祝日でも即日キャッシングも可能となっています。

土日祝日にも申込み受け付け、利用者の審査を行い、すぐに契約を完了してくれるということですが、そこには当然、勤務先への在籍確認も含まれます。

その日のうちに審査を完了してキャッシングを利用するには、土日でも確認が取れるような電話番号を申告する必要があります。

勤務先が休みで在籍確認が取れない場合は、審査完了が翌営業日以降になってしまう場合があります。

在籍確認は基本的に勤務先に電話で行われますが、電話での在籍確認に対して要望がある場合は、申し込み完了後すぐにプロミスに電話で相談することをおすすめします。

利用限度額増額の相談は平日のみ可能

キャッシングを利用してもどうしても必要な額に足りないという場合は、プロミスに相談すると利用限度額を増額してもらえることがあります

ただしそのためには、利用限度額を増額しても大丈夫かどうかの審査が必要になります。

この審査は行われる時間が決まっていて、平日の朝9時から夕方の6時までとなっています。

増額の申込みは土日祝日でもプロミスのホームページで受け付けてもらえますが、審査は次の営業日に行われるので、残念ながら土日のうちに利用限度額を増やしてもらうことはできません

どうしても土日のうちにプロミスの利用限度額を超えるお金が必要な場合は、他の会社でキャッシングをするという方法があります

実際、土日にお金が足りなくて他社で追加のキャッシングをするという人は多いようです。

例えば、消費者金融のSMBCモビットでは、プロミス同様土日に審査を受けて即日キャッシングを利用できます。

返済期日が土日の場合は翌営業日に返済すればOK

プロミスでキャッシングをすると、毎月決まった期日に返済をします。

返済期日は、5日、15日、25日、末日の中から都合の良い日を選ぶことができ、毎月その日に返済をすることになります。

返済方法は、以下の4つのうちどの方法でもOKです。

  • インターネット返済
  • プロミスATM、提携ATMで返済
  • 銀行振込で返済
  • プロミスの店頭窓口で返済

インターネット返済とATMでの返済の場合は、土日祝日でも返済可能です。

銀行振込と店頭の場合は、土日祝日は銀行もプロミス窓口も営業していないので返済できません。

返済期日が土日祝日に重なっている場合、プロミスでは返済期日を翌営業日としています。

例えば、返済期日が5日の土曜日なら、実際の返済期日は7日の月曜日ということになります。

プロミスの店頭窓口で返済する場合には、2日間の猶予ができるということです。

元旦以外はいつでも利用可能なプロミス

24時間いつでも土日祝日も営業しているプロミスですが、1月1日だけは、ほぼ全てのサービスを停止します。

インターネットからの申込み受付だけはしていますが、審査を行うのは翌日以降になります。

借入れや返済もできません

休みになるのはたった1日だけで、12月31日までは通常営業、1月2日にすぐ再開するので安心して利用することができます。

プロミスATM、自動契約機、プロミスコールも全て1月2日から通常営業です。

お客様サービスプラザのみ、1月4日からのスタートになります。

詳しい時間や休みの日程は、プロミスHPで確認できます。

休日のキャッシングもプロミスにおまかせ

大手消費者金融のプロミスなら週末や祝日でもいつも通りにキャッシング、初めてプロミスを利用する場合は申込みから契約までの手続きもOKです。

口座振込でのキャッシングを希望する場合、即日振込できるのは三井住友銀行かジャパンネット銀行のみ。

それ以外の金融機関を指定口座にしている場合翌営業日の振込になってしまうので、自動契約機でカードを発行してATMを利用する方法がおすすめです。

スポンサーリンク

このページの先頭へ