OMCカードのキャッシング枠増額よりオススメなお金を借りる方法

スポンサーリンク

クレジットカード

OMCカードは、株式会社セディナが発行するクレジットカードです。

キャッシング機能も付けることができ、都市銀行や地方銀行、信用金庫、コンビニなど全国約14万台のATMやCDと提携しているため、お手軽に利用できます。

このページでは、OMCカードのキャッシングについて、さらにお得に借入する方法を紹介します。

OMCカードの審査方法とキャッシング枠について

OMCカードは、スタンダードとゴールドの2種類があります。

どちらもハローキティバージョンがあり、キティ好きには嬉しい1枚です。

スタンダード、ゴールドともキャッシング枠は、1万円~200万円です。しかし、新規申込の可能枠は最高50万円です。

セディナが提供しているカードの中にキャッシング専用カードが4パターンあり、その中の「For Life DX」と「CF VIP ローンカード」は可能枠が最高300万円です。

審査は、担保も保証人も不要で年収や職業、カードの支払履歴、個人信用情報を基に行われます。

キャッシング可能枠が50万円を超える場合と、他社との借入合計が年収の1/3を超える場合は収入証明書の提出が必要です。

キャッシング機能の申し込みは、高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方、キャッシング専用カードは20歳以上が条件です。

100万円までのキャッシングが実質年率は18%で、100万円を超えると実質年率が15%になります。

OMCカードのおすすめポイントはポイントプログラムの充実

OMCカードはポイントプログラムが充実しています

セブンイレブン、イトーヨーカドー、ダイエー、イオンの各店舗でのカードショッピングは毎日ポイント3倍です。

マルエツ等の各店舗では、毎月第2・第4日曜日に売り場のほとんど全品が5%OFFです。

また、会員専用サイトの「OMCPlus」でポイント照会やポイント交換ができるので大変便利です。

このサイトでは、明細チェックやキャンペーンの応募もできます。

その他に、保険(ショッピング、国内旅行、海外旅行)やカード紛失・盗難時の補償が付いており、もしもの時の備えが万全で安心して利用できるカードです。

キャッシング新規申込者に「7日間無利息キャッシング」のお得なサービスをやっています。

新規・既存にかかわらず、午前11時までの申し込みで「即日振込」をしてくれます。

ポイントプログラムや保険、補償など充実しており、スピーディにキャッシングできるのでオススメの1枚です。

もしキャッシングの返済が遅延してしまった場合どうなる?

キャッシングの返済は、当月末日までの借入分を翌月27日に支払います。

返済方法は「一回払い」「リボルビング払い」「よゆう払い」の3通りがあります。

利息は、利用日から引落日までの日割で計算されます。

「1回払い」は、元金と利息を一括して返済する方法です。

「リボルビング払い」は、元金と利息を合わせて一定額を毎月返済する元利定額払いで、借入残高によって返済額が決まります。

利用残高 支払い額(元金+利息)
5万円まで 5,000円
5万円超~20万円 10,000円
20万円超~30万円 15,000円
30万円超~40万円 20,000円
40万円超~50万円 25,000円

「よゆう払い」は、お財布に余裕のある時に増額して返済する方法で、一括払いにもリボ残高へも増額できます。

ボーナスや臨時収入などがある月に利用すると、ムリなく予定より早く完済できます。申込は電話、インターネットのどちらからもできます。

返済の遅延や滞納をした場合は、遅延損害金として年20.0%が別途かかります。

そして、信用が落ちるので増枠などの各種申請が通りにくくなります。

借入が50万円までは金利が18%で決して低くありません。

もっと低金利で借入をしたい人には、OMCカードのキャッシングよりも銀行カードローンがオススメです。

50万円までの金利が15%で3%低く、返済期間が長くなるほどカードローンの方がお得になります。

また、少額から返済可能なのでカードローンの方が無理なく計画的に返済しやすいです。

まとめ

OMCカードのキャッシング枠は新規申込の場合、最大50万円、増枠申請が通ると最大200万円まで可能です。

返済方法は、一回払い、リボ払い、よゆう払いの3通りがあり、経済状況に応じて選択できます。

リボ払いは残高によって、支払い額が決まっていますので計画的な利用が大切です。

銀行カードローンは、50万円までの金利が3%低く少額から返済が可能です。

そのため長期的に無理なく返済していきたい人には、OMCカードのキャッシングより銀行カードローンの方がオススメです!

スポンサーリンク

このページの先頭へ