イオンカードのキャッシング枠より低金利でお金を借りる方法

スポンサーリンク

ieon

イオン、ビブレ、マックスバリュなどでのショッピングがお得で、ポイントもたくさんプラスされるイオンカードはキャッシング機能を備えています。

キャッシング枠は一般的なクレジットカードと同じで、金利や限度額が優れているワケではなく、場合によっては他からの借入の方が有利なことがあります。

このページではイオンカードのキャッシング枠の利用方法、増額方法を説明し、キャッシングよりお得な銀行のカードローンについて紹介します。

イオンカードのキャッシング枠が主婦におすすめな理由とは?

イオンカードはイオン、ビブレ、マックスバリュでのショッピングでポイントが貯まり、お客様感謝デーなどの優待日には割引があり、主婦の方には嬉しい1枚です。

ショッピング利用だけでなくキャッシング利用もでき、1千円以上の借入から利用可能枠の範囲内で、何度でも繰り返し利用できます

金利は年7.8%~18.0%遅延損害金は実質年率20.0%です。

注意点は、イオン銀行ATMでは1千円ずつ借入できますが、その他のATMでは借入単位が1万円ずつになり、例えば2万3千円借りたい時は3万円の借入になります。

お急ぎの方は便利なネットキャッシング

時間が合わなかったり、急用などでATMに行く時間が無かったりする時は「ネットキャッシング」が利用できます。

申し込みは電話か会員専用サイトからできます。

手続き完了後に、振替に利用している口座へ現金を直接振り込んでくれます。

特に、イオン銀行口座であれば24時間365日、即時振り込みで、振込手数料無料なので大変便利です。

ただし、手続完了後のキャンセルはできないので注意が必要です。

ネットキャッシングするための手順は以下の通りです。

  1. My Pageにログイン
  2. 利用可能額を確認
    「ネットキャッシング手続きへ進む」をクリック
  3. ご希望金額・お支払方法を入力
  4. 申込み内容・カード設定口座を確認
  5. 振込完了
    申込み完了後、登録したメールアドレスに確認メールがくる

イオンカードの審査基準は18歳以上で安定収入があるか

イオンカードの審査基準は18歳以上(高校生不可)で安定収入があること、個人信用情報と合わせてチェックされます。

正規雇用である必要は無いので、学生や主婦、フリーターの方でも申込み可能です。未成年の場合、親権者の同意が必要です。

電話での本人確認があるので、電話連絡が取れなければなりません。

お店の受付カウンター、webの申込ページなどから申し込みできます。

初めての場合は50万円の利用限度額、増額した場合のみ300万円

イオンカードのキャッシング枠の限度額は、初めての利用の場合50万円まで、増枠審査に通ると最大300万円です。

最初から高額の限度額が希望の場合は、他の借入を検討することをオススメします。

ショッピングでよく利用し、借入も1枚にまとめたいなどの理由があれば、増枠を申し込んで限度額を引き上げることをオススメします。

イオンカードのキャッシング枠を増枠するために再審査

キャッシング枠の増枠は、再審査に通らなければなりません。

そのためには、いくつか条件があります。

1.「定期的な利用」

少なくとも半年以上はキャッシングを利用しその中で信用度を上げます。

2.「良好な返済」

キャッシングだけでなくショッピングも合わせ、遅延・延滞があれば信用が下がるので、審査に通り辛くなります。

期日はしっかりと守りましょう。

3.「年収」

貸金業法の対象のため、年収の1/3が最高額になります。

例えば、学生や主婦で年収90万円だと「最大30万円」です。

このように、申請すれば誰でも増額できるというわけではありません。

イオンカードのキャシング枠を増枠する方法は3つ

  1. イオン会員専用サイトMy Pageから申込
  2. コールセンターに電話
  3. イオン店舗にある変更届を提出

この中で一番のオススメが、①のMy pageから増額申請することです。

インターネットから「My Page」にログインし、「カード登録内容照会・変更」→「増額申請」と進んで行けば申込画面に進めます。

カード会社は、申込時と同様に審査を行います。

利用歴、返済歴、現在の収入状況、他社借入、個人信用情報はもちろんのこと、50万円を超える場合と他社借入との合計が100万円を超える場合には、収入証明書が必要になります。

キャッシングの返済方法は1回払いかリボルビング払い

返済方法は「1回払い」と「リボルビング払い」の2パターンあります。

どちらも毎月10日までの利用分を、翌月2日に指定口座より引落にて返済します。

当然、借入なので元金と利息が引き落とされます。

海外キャッシングは「リボルビング払い」のみで、「1回払い」はありません。

1回払い(元利一括返済方法)の利息は、利用日翌日から約定日(2日)までの日割りで計算します。

式は「利用金額(残高)×融資利率÷365日」です。

リボルビング払い(残高スライド元利均等返済方式)は、利用残高に応じて「毎月一定額(元金+利息)」を支払う方法です。

イオンカードでキャッシングを利用するデメリットとは?

イオンカードでキャッシングするときのデメリットは、以下の2点があります。

  • 銀行口座がイオン銀行でないと即日融資しにくい
  • 金利がやや高い

振込口座がイオン銀行であれば24時間365日即日融資なのですが、それ以外の口座だと即日融資にならない場合があります。

平日の午前中の申込なら問題なく即日融資可能ですが、15時以降は翌営業になります。

また、金利が7.8%~18.0%と消費者金融と同じくらいで、有利な金利ではありません。

イオンカードのキャッシング枠より銀行カードローンの方がお得?

「ショッピング」ではポイントや割引など大変にお得なイオンカードですが、「キャッシング」では銀行カードローンの方がお得です。

イオンカードのキャッシング枠と銀行カードローンの一番の違いは、金利(実質年率)です。

キャッシング枠の金利7.8%~18.0%のところ、大手銀行カードローンは年4%~15%程度です。

支払い利息が減るので、返済総額では銀行カードローンの方がお得です。

最近では、多くの銀行カードローンが即日融資に対応しているので、増枠審査をするより手軽でお得に借入できます。

お急ぎの時は、銀行カードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

会社 金利 特徴 詳細
イオンカード 実質年率
12.00~18.0%
限度額300万円
増額審査は1週間以上かかる場合がある
イオン銀行の口座を持っていれば即時融資可能
みずほ銀行 実質年率
4.0~14.0%
限度額10万~1,000万円
最短即日で融資可能
Web完結での申込をすれば来店不要&郵送なし

※エグゼクティブプランの金利。みずほ銀行の住宅ローンをご利用の場合、上記の金利から年0.5%引き下げられます。

まとめ

イオンカードは、ショッピング利用でポイントや割引で大変お得な1枚です。

キャッシング利用するには、枠を追加する場合、初期限度額が50万円程度で不足してきた場合は、増額申請をし再審査を受けなければなりませんが、金利が7.8%~18.0%と高いです。

一方、銀行カードローンは、スピード審査、即日融資、高限度額、低金利とお得に借入ができます。

みずほ銀行カードローンは年率4.0%~14.0%で4%お得に借入ができます。

自分に合ったキャッシングを見つけましょう!

スポンサーリンク

このページの先頭へ