ニコスカードのキャッシング枠の利用方法を解説!

スポンサーリンク

nicos

ニコスカードは、旧日本信販が発行していたカードで、現在は、三菱UFJニコスが発行する「NICOSカード」「UFJカード」「DCカード」「MUFGカード」の内の1枚です。

また、同じNICOSカードでも年会費無料のVIASOカードと、初年度以外は年会費がかかる一般カードがあります。

どちらもショッピングはもちろんのことキャッシングにも利用できます。

このページでは、ニコスカードのキャッシング枠について、審査や利用可能額、金利について説明します。

ニコスカードのキャッシング枠は最大50万円

ショッピングとキャッシングを合わせた利用可能枠は、VIASOカードと一般カードとも10~100万円で、その内キャッシング枠は最大で50万円です。

利用可能額全てをキャッシングに当てることはできないように設定されます

例えば、利用可能枠が50万円であればその内キャッシング枠は20万円、利用可能枠が30万円であればキャッシング枠はその内の10万円などです。

利用可能額はショッピングとキャッシングの総額なので、ショッピングの残高によってはキャッシングできる金額が少なくなります。

仮に利用可能枠が80万円でキャッシング枠が30万円の場合、ショッピングに70万円使うとキャッシングできる最大金額は10万円です。

三菱UFJニコスカードのサービスについて詳しくご紹介

ニコスカードのサービスはたくさんあります。

VIASOカードと一般カードで共通しているのが、

  • 海外キャッシングサービス
  • ホテル・レストラン・レジャー施設などでの割引サービス
  • 24時間365日利用可能な会員専用web・モバイルサービス
  • カードの不正利用の補償

などです。

VIASOカード

年会費が永年無料で充実したポイントサービスが受けられます。

通常の利用は1000円ごとに5ポイント貯まり、加盟店での利用ではポイントが2倍になります。

ETC、携帯電話(ドコモ・au・Softbank・モバイルワン)、インターネットプロバイダー(YahooBB、ニフティ、OCN、)の支払いもポイント2倍の対象となります。

また、AmazonやYahooでのネットショッピングではボーナスポイントがつきます。

そして貯まったポイントは1ポイント1円で自動キャッシュバックされ大変お得です。

一般カード

海外旅行のサポートが充実しています。

具体的には、旅行先で立ち寄ることのできる海外アシスタンスサービス「ハローデスク」が利用でき、現地スタッフより日本語でサポートを受けられます。

また、webサービスが充実しており、請求書や明細書をペーパーレスへと切り替えることができます。

(参照元:NICOSカード キャッシング|クレジットカードなら三菱UFJニコス

コスカードのキャッシング枠の審査と返済方法

キャッシングの申し込みは、24時間対応のダイヤルサービスで、自動音声にて受付しています。

この際に個人情報の入力があり、ニコスカードと暗証番号が必要です。

審査は個人の返済能力、カードの利用履歴、個人信用情報に基づいて行われます。

そのため、必ずしも希望通りの結果になるわけではなく、利用履歴や他社からの借入状況などから審査に通らない場合もあります。

また、貸金業法の対象なので、他社との借入合計が年収の1/3を超える場合も、審査には通りません。

返済方法は、元利一括払いと元本定額リボ払いがあり、自分の経済状況に合わせて選択します。

元利一括払いは、元金と利息を一括して返済する方法です。元本定額リボ払いは、毎月決まった金額の元金を返済します。

利息は借入残高に対して計算されるので、毎月変動します

まとめ

ニコスカードは、三菱UFJニコスが発行するカードでサービスによりVIASOカードと一般カードに分かれます。

どちらのカードでもキャッシング機能を利用でき、キャッシング限度額は0~50万円で金利は18%です。

審査は、返済能力や利用状況などを総合して行われます。

VIASOカードの充実したポイントプログラムや一般カードの海外旅行サポートサービスが魅力的なカードですので、計画的にキャッシングも利用したいですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ