プロミスの審査に落ちる理由と落ちた後にとるべき対処法

スポンサーリンク

プロミス

プロミス

  • 実質年率:年4.5~年17.8%
  • 最大限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短即日
  • 消費者金融の大手プロミスでは、しっかりとしたカードローン申込み者の審査が行われるので、誰でもキャッシングを利用できるわけではありません。

    ですが、万が一審査に落ちてしまった場合でも、その理由を確認しておけば次回の審査では有利な条件で申込みをすることができます。

    プロミスの審査に通らない理由と、その対策についてご説明します。

    また、消費者金融の利用条件に合わず審査に落ちてしまった人におすすめの銀行カードローンをご紹介します。

    プロミスの審査に落ちる3つの原因とその対策

    プロミスの審査に通らなかった場合、主に3つの原因が考えられます。

    1. 借入希望額が高すぎる
    2. 勤務年数などの属性に問題がある
    3. 過去に債務整理などの金融事故を起こしている

    それぞれについて、具体的な理由と対処方法について詳しくご説明します。

    収入に対して借入希望額が高すぎるケース

    借入希望額が年収の1/3を超えている場合は審査に通りません

    消費者金融は貸金業法という法律を守らなければなりません。

    その中の総量規制というルールにより、年収の1/3の額までしか融資できないことになっています。

    例えば、年収が200万円の人が100万円の借入れを希望すると審査に通りません。

    また、プロミス以外であっても他社からの借入れがある場合も、合わせて収入の1/3以下でなければなりません。

    借入希望額と現在の借入れ額の合計を年収の1/3以内に

    自分の年収が曖昧な場合は、給与明細や源泉徴収票などで自分の年収を確認しましょう。

    他社からの借入金額やローンの額をしっかり把握して、「借入希望額+現在の借入額+ローン < 年収の1/3」となっていることを確認してから申込みます。

    申込み時の借入れ希望金額が少なければ、審査に通る可能性が高くなります。

    現在の借入れを返済し終わってから申込むのもおすすめです。

    申込み時の本人の属性に問題があるケース

    消費者金融や銀行カードローンの審査に比較的通りにくい条件として、以下のような属性が上げられます。

    • 勤続年数が短い
    • 収入が安定していない
    • 独身(一人暮らし)
    • 住まいが賃貸契約
    • 雇用形態が不安定(アルバイト、契約社員)

    特に重視されるのは勤続年数と収入の安定性

    上記の審査に落ちる可能性のある属性のリストの中で、審査の時に特に重視されるのが「勤続年数」と「安定した収入」という2点です。

    まず、勤続年数が1年に満たない場合はこの項目で審査に落ちている可能性があります。

    勤続年数が長いほうが、安定した収入が見込めると認識されるからです。

    少し待って、勤続年数が1年を超えてから申込むのがおすすめです。

    契約社員の場合は勤務先が頻繁に変わってしまうので、現在の勤務先ではなく契約社員として登録している会社の名前で申込むほうが確実です。

    後半の3つ、住居等については基本的に落ちる要因にはなりませんが、持ち家、あるいは実家に家族と同居、正社員の場合は審査に受かる可能性が高くなります。

    過去に債務整理など金融事故歴があるケース

    金融事故とは具体的にどのようなものでしょうか。

    キャッシングやカードローンの利用時に、返済期日を過ぎても利用者から返済がなかった場合や、返済できなくなった利用代金について代理人を通してキャッシング会社と交渉してもらう任意整理や自己破産(これらをまとめて債務整理といいます)を行うことです。

    これにより、融資をする会社は不利益を被ることになるので、金融事故という言い方をします。

    金融事故を起こした人は返済能力がないとみなされるので、キャッシング会社での審査が非常に難しくなります。

    信用情報の事故記録が消えてから申込もう

    「信用情報機関に記録が残されてしまう」、ブラックの状態になってしまったとしても、それがいつまでも続くわけではありません。

    金融事故等の情報は保存期間が定められており、保存期間が過ぎるとその情報は消されます。

    それぞれの信用情報機関によって保存期間は異なりますが、返済の延滞の場合は最長で5年、任意整理や自己破産といった債務整理の情報は最長で10年残されるといわれています。

    とはいえ、事故情報はないに越したことはありません。

    今後スムーズに審査を受けるためにも、できるだけ信用情報にキズがつくことのないよう十分気をつけましょう

    明確な審査基準は不明

    プロミスの審査についておおよそ分かっている点についてご説明してきました。

    しかし、実際のところ、プロミスの明確な審査基準はわかりません。

    なぜなら、申込者個人個人の状況、属性が細かく異なっているからです。

    この場合はこうなるというような明確な基準をお伝えすることはできません。

    希望の融資額をいくらにすれば審査に通るのか?他の消費者金融の審査基準と違うのはどの部分か?といった具体的なことについても詳しくはわかりません。

    ただ一つ言えるのは、「勤続年数」と「安定した収入」という点がとても重要視されているということです

    審査に落ちたら半年は申込まない方がいい理由

    プロミスのキャッシング審査に落ちたときに、あわてて次の消費者金融に申込むことは絶対におすすめしません

    消費者金融の審査に落ちると、その情報が信用情報機関に信用情報として記録され、およそ半年間保存されます。

    信用情報に審査に落ちた記録が載っている人に対しては、消費者金融は融資をしたがりません。

    従って審査に落ちてから半年間は、どの消費者金融に申込んでも審査に通る可能性が非常に低くなってしまうのです。

    少なくとも半年待ってから、次の申込みをするようにしましょう。

    現在日本で利用されている3つの信用情報機関

    現在、日本で機能している信用情報機関は3つあります。

    利用者の申込み状況、借入額、返済履歴などの情報がこれらの信用情報機関に保管され、その情報が消費者金融や銀行などの金融機関に提供されます。

    • シー・アイ・シー(CIC)
    • 日本信用情報機構(JICC)
    • 全国銀行個人信用センター(KSC)

    消費者金融の審査に落ちたら銀行カードローンがおすすめ

    プロミスなど消費者金融の審査に通らなかった場合、次は銀行カードローンに申込んでみることをおすすめします

    おおよその審査基準は基本的に同じですが、銀行カードローンには総量規制がないという利点があるので、借入希望額の条件で引っかかった可能性のある人にはおすすめです。

    希望額が年収の1/3でも利用できる可能性が

    消費者金融と異なり、銀行は総量規制の対象となっていません。

    つまり、借入希望額が年収の1/3よりも高くても、融資してもらえる可能性があるのです

    収入のない主婦の場合でも貸してもらえるかもしれません。

    もちろん、総量規制の対象外だからといって誰でもキャッシングできるわけではありません。

    「勤続年数が1年以上」「安定した収入がある」「過去に金融事故を起こしていない」といった条件は当然あります。

    プロミス

    プロミス

  • 実質年率:年4.5~年17.8%
  • 最大限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短即日
  • 落ちても焦らず行動しよう

    プロミスの審査に通らなかった理由を検討し、その項目について条件を改善することで、次にキャッシングやカードローンを利用するときにスムーズに審査を受けることができます。

    勤続年数を1年以上に、定期的な収入を得て収入を安定させることが大事です。

    キャッシングの審査に落ちた場合は、次の申込みを少なくとも半年は控えるようにしましょう。

    スポンサーリンク

    このページの先頭へ