クレジットカードの引き落とし日に残高不足…防ぐ対策方法まとめ

スポンサーリンク

zandakabusoku

高額なショッピングをしたり、旅行先の支払いを全てカードで済ませたりすると、支払い額が思っていた以上に高くなってしまうことがあります。

また、いくつかの口座を使い分けていると、支払い日に入金するのを忘れてしまうことがあります。

こういった場合に残高不足で支払いができないことがあります。

ここでは、この様な事態を避ける方法を紹介します。

引き落とし日を管理して利用するカードは1枚にまとめよう

うっかりミスで多いのが、何枚もカードを持っていて振替日を勘違いしてしまった場合です。

付き合いや特典で、何枚か作ることになってしまったという人は少なからずいると思いますが、持っているだけで、実際に使っているのは1枚か2枚であれば勘違いは避けられます。

しかし、キャンペーンやポイントが貯まるからなど、気がついたら何枚も使い分けているという人は特に要注意です。できる限り使う枚数を減らし、できれば1枚にまとめましょう。

1枚だけなら、引き落とし日も1月に1回となり管理しやすくなります。1枚が無理でも、可能な限り使用枚数を減らす工夫をして遅延のリスクを減らしましょう。

支払遅延は与信に影響がありますので、今後のためにも大切です。

残高不足を防ぐには引き落とし口座の残高を把握する

カードの引き落とし金額が確定すると、利用者が指定した方法で、カード会社から次回引落金額のお知らせがあります。

通知方法はハガキかメール、または会員専用ページの「お知らせ」です。

支払い金額の通知が何も届いていなければ、カスタマーセンターに問い合わせましょう。

会員専用ページでは、確定前の利用状況も確認できますので、定期的にチェックすることで直前に困ることがなくなりますし、計画的に利用しやすくなります。

引落金額が確定したら、振替口座の残高を確認しましょう。もしも不足しているようであれば入金しなければなりませんし、ギリギリであれば使わずにとっておかなければなりません。

最近では、どこの銀行でもインターネットバンキングが利用できるので、申し込んでおくと通帳記入しなくてもネット環境さえあれば会員専用サイトから残高の確認ができます

支払い方法を変更する

高額な買い物をしたり、旅行などで出費が大きかったりした場合、一括払いでは残高不足になることがあります。

この場合、カードによっては、決済後にリボ払いや分割払いに変更できるサービスがあります。

このカードの場合には、お金が足りないことが分かった時点で、支払い計画を立て直し、支払い方法の変更をすることをオススメします。

支払い方法の変更は、遅延や延滞にはなりませんので、与信にも影響ありません

しかし、分割手数料やリボ払い手数料が翌月以降、支払いが完了するまでかかることを忘れないでおきましょう。

残高不足になった場合キャッシングで支払うメリット

計画的に利用していても、事故や病気など急な出費が続き、どうしても残高不足になってしまう場合がります。

そんな時、キャッシングを利用し、短期に完済するという方法があります。

クレジットカードのキャッシングは、年利18%の場合がほとんどで安くはありません

しかし、数日後が給料日だったり、保険金が振込まれる日だったりするのであれば、一時的に利用してスグに返済すれば利息を低く抑えられます。

日数によっては、リボ払いや分割払いの手数料よりも低くなるので、支払い方法を変更するのかキャッシングするのか使い分けると効果的です。

遅延や延滞は与信に大きな影響を与えますので、短期のキャッシングを上手に利用し、カードの利用履歴を良好に保ちたいですね。

まとめ

振替日を勘違いしていて残高不足になったり、急な出費で支払いが苦しくなったりすることがあります。

カードの使用枚数をできるだけ減らすことで、勘違いによる残高不足を避けることができます。

支払い方法を変更したり、キャッシングをしたりすることで、一時的な資金不足を乗り切ることができます。

遅延や延滞は与信への影響が大きく、与信を悪くするリスクを避けるために利用カードを限定し、支払い方法の変更サービスやキャッシングなどを上手に利用していきたいですね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ