デビットカードはキャッシングができない!ポイントをしっかり押さえよう

スポンサーリンク

deibit

デビットカードの長所は、クレジットカードのようにキャッシュレスで利用できること、無審査でカードが発行されることです。

そして、口座残高分しか利用できないので使いすぎて支払いに苦しむ心配がないところも魅力的なところです。

しかし、クレジットカードにはあるキャッシング機能がありません。

このページでは、デビットカードの詳細とキャッシングできない理由を説明します。

デビットカードは現金代わりに使えるカード、そのメリットとは?

デビットカードは、16歳から申し込み可能で無審査です。

審査がないので、高校生や主婦など安定収入のない人でもカードが持てます

使い勝手はクレジットカードとほとんど同じで、デビットカードの取扱店であればキャッシュレスで買い物や外食、インターネットショッピングを利用することができます。

VISAまたはJCBのマークのついているデビットカードであれば、VISAやJCBの加盟店で利用できますし、インターネットでもVISAやJCBが取り扱いカードとして載っているサイトであれば利用できます。

デビットカードは利用すると、即時に指定の銀行口座から引き落とされますので、口座残高以上に使いすぎる心配がなく魅力的です。

デビットカードの取得と利用

既に銀行口座を持っている人は、その銀行でデビットカードを申し込めば、年齢確認以外は無審査でデビットカードが発行されます。

日本ではキャッシュカードとの一体型が多く、新たにデビット機能付きのキャッシュカードが発行されることもあります。

最近では、口座開設の時にデビット機能付きのキャッシュカードを選ぶことができるので、三井住友銀行や楽天銀行など取り扱いのある銀行で口座開設時に同時に申し込めば手間が省けます。

申込後1週間程度で、本人限定受取郵便で送られてきます。

カードが届いたらデビットカードを利用できる店舗やネットショップで、口座残高の範囲内でショッピングや食事などを楽しむことができます。

仕組みを理解してデビットカードを使いこなそう!

デビットカードとは、銀行口座と紐づけされていて、精算時の代金全額が即時に口座より引き落とされるカードです。

即時の全額決済ですので、リボ払いや分割払い、ボーナス払いのように支払いを分けることはできません

口座残高を超えない範囲で利用できますが、利用限度額を自分で設定できたり自動で借入に切り替わったりするカードもあります。

即時決済が基本ですが、VISAやJCBが参入していることもあり、ごく一部で事後決済になる取引もあります。

ネットショップの利用にはセキュリティ対策が大切で、ほとんどのカードで決済時の承認サービスを導入しています。

安心して利用するために、口座残高をこえる決済の有無と、ネットショッピングのセキュリティ対策については、しっかりと確認することをオススメします。

デビットカードは預金残高を超える支払い(キャッシング)に注意

クレジットカードは、発行時に利用者の支払い能力を審査しており、商品や食事の代金はカード会社が一旦立て替えています。

そして、後から利用者に請求するため口座残高と関係なく決済ができます。

一方、デビットカードは銀行口座と紐づけされており、口座から直接支払う形になります。

つまり、お財布にお金がなければ、支払いができないのと同じで、口座に残高がなければ決済できません

また、キャッシングというのは借金のことですから、自分の口座から自分に貸し付けるということになってしまいますので、キャッシング機能もありません。

一部で、残高を超える支払いについて借入に切り替わるカードもありますが、この場合はクレジットカードと同様に審査があります

(参照元:クレジットカードとデビットカードの違いを大解説! | クレジットカード大学

まとめ

デビットカードは、銀行口座と紐づけされており即時決済のため残高を超える利用はできませんし、キャッシング機能はありません。

クレジットカードの使いすぎが怖い人や定期収入がない人、18歳未満の人は無審査で持てるデビットカードの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

このページの先頭へ