プロミスのキャッシング金利は安い?高い?他社の消費者金融と徹底比較!

スポンサーリンク

プロミス

プロミス

  • 実質年率:年4.5~年17.8%
  • 最大限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短即日
  • キャッシングを利用するときに気になるのは、金利の高さです。

    1%の違いが返済額に大きく関わってきます。

    消費者金融の大手プロミスは金利が高いと思われがちですが、実際どうなのでしょうか?

    プロミスの金利と他サービスの金利がどれくらい違うのか、プロミスの金利はどのように決められているのか、プロミスの金利を引き下げることはできるのかといったことについて、ご説明します。

    プロミスは他社と比べて金利は安いのか?

    プロミスの金利は高いのでしょうか、低いのでしょうか?

    消費者金融と銀行カードローンを実質年率(金利)を比較してみます。

    プロミスの金利は平均より少し安い

    全体として、銀行カードローンのほうが消費者金融より金利が低くなっています。

    これは、消費者金融と銀行とでは運営していく上での法律が違っているからです。

    大手消費者金融では、ほとんどのサービスで4.5%~18.0%くらいの金利設定になっています。

    その中で、プロミスは上限金利が17.8%と他社より0.2%安くなっています。

    種類 サービス名 実質年率(金利) 金利適応方式
    消費者金融 プロミス 年4.5~17.8% 単一金利
    アコム 年3.0~18.0% 単一金利
    SMBCモビット 年3.0%~18.0% 単一金利
    レイク 年4.5%~18.0% 変動金利
    銀行 みずほ銀行カードローン 年4.0~14.0% 変動金利

    金利適用方式は「単一金利」を採用

    プロミスの金利は、キャッシングを利用してから返済が終わるまで変わらない、単一金利という金利適用方式になっています。

    単一金利なら、キャッシングの借入れ額や残高によって金利が変化することはありません

    変動金利の場合は、たくさん借りれば金利が安くなります。

    プロミスで借りた場合の利息計算方法

    プロミスでキャッシングをしたときに支払う利息は、日数計算方式で算出されます。

    借りてから返済がすべて終わるまでの日数分の利息が発生するということです。

    利息(円)=借入金額(円)×金利(17.8%)÷365×利用日数(日)

    例えば、プロミスで10万円を借りて30日で完済すると、1,463円の利息を払うことになります。

    1,463円=100,000円×0.178÷365×30

    同様に、60日で完済すると利息は2,926円、90日で完済すると利息は4,389円になります。

    2,926円=100,000円×0.178÷365×60
    4,389円=100,000円×0.178÷365×90

    キャッシングしてから完済するまでの期間が短いほど、利息はその日数分安くなります。

    キャッシングをしたその日はカウントされず、次の日が1日目となるので、プロミスでお金を借りてその日のうちに返済すれば利息は発生しません

    借りた額だけ返済すればよいので、実質年率ゼロということになります。

    初回利用時は基本的に上限金利が適用される

    プロミスだけでなく、消費者金融や銀行カードローンを初めて利用するときには大抵の場合、一番高い金利が設定されてしまいます。

    それは、利用者がこの先滞りなく確実に返済をしてくれるという確証が全くなく、信用度が限りなくゼロに近いからです。

    実は、100万円以上の融資を受けるときは、金利15%以内にしなければならないという法律があるのですが、プロミスで初めてキャッシングするときに100万円以上貸してもらえることはまずありません。

    従って、プロミスで初めてキャッシングするときの金利は、基本的に17.8%ということになります。

    プロミスを初めて利用するときは、残念ながら上限金利でキャッシングをしなければなりませんが、プロミスには初回利用時に限り30日間無利息というお得なサービスがあります。

    このサービスを利用するためには、メールアドレスを登録してWeb明細を利用するという条件がありますが、プロミスで初めてキャッシングする人は、30日間金利ゼロでお金を借りることができます

    初めての場合は、まずこのサービスを利用してみるのがおすすめです。

    金利の引き下げ交渉はタイミングが重要

    プロミスの実質年率は4.5%~17.8%となっていますが、初めてプロミスでキャッシングする場合に4.5%の金利で借りられることは、まずありません。

    ほとんどの場合、プロミスでの初回の借入れ時には上限金利の17.8%に設定されてしまいます。

    金利を下げてもらう方法

    プロミスでキャッシングをするときの金利は自動的に変わることはありませんので、金利を下げてほしいと思ったらプロミスに直接交渉しなければなりません

    プロミスに金利引き下げの交渉をするには、信用度が高くなければ厳しいでしょう。

    プロミスでの借入金を毎月確実に返済していくことで、信用度が上昇します。

    信用されてはじめて、金利引き下げの交渉に応じてもらえます。

    以下のような条件が整えば、プロミスの金利を引き下げてもらえるかもしれません。

    • プロミスを長期間利用している
    • 毎月の返済を間遅れず、滞りなく行っている
    • プロミスから信用度の高い客と認識されている
    • 実質年率を下げたいという明確な理由がある

    増額提案の連絡が来たら引き下げ交渉のチャンス

    プロミスへの金利引き下げの相談は基本的にいつでも受け付けてもらえますが、プロミスから借入限度額増額の提案がきたときは、間違いなく金利引き下げ交渉のチャンスです。

    プロミスを長く利用していると、プロミスから「借入れ限度額の増額をしませんか?」という提案が来ることがあります。

    これは、これまでの返済が確実に行われたことで信頼度が高くなっているという証です。

    プロミスの金利を下げてもらえる重要な条件は信頼度の高さなので、借入れ限度額の増額の提案がきたときは、金利引き下げの交渉をおすすめします

    まれに、プロミスから金利引き下げの提案が来る場合があるようです。

    金利が低いほうが間違いなくお得なので、できるだけ引き下げてもらいましょう。

    もちろん、これは非常にまれなケースなので、金利の引き下げは自分から積極的に交渉してみてOKです。

    プロミスの利息シミュレーション

    例えば、プロミスで10万円借りた場合、支払う利息は返済期間によって変わってきます。

    短い期間で早く返してしまえば支払う利息は安くなります。

    返済期間が長くなるほど借入額が多くなるほど利息は増えていくので、キャッシングの利用はできるだけ少な目に、返済はなるべく早く終わらせる方が良いでしょう。

    プロミスで10万円を借りた場合の返済期間による利息の違い

    返済期間 利息 返済総額 「金利」
    1ヶ月 1,463円 101,463円 17.8%
    2ヶ月 2,230円 102,230円 17.8%
    3ヶ月 2,980円 102,980円 17.8%
    4ヶ月 3,734円 103,734円 17.8%
    5ヶ月 4,492円 104,492円 17.8%
    6ヶ月 5,254円 105,254円 17.8%
    7ヶ月 6,018円 106,018円 17.8%
    8ヶ月 6,786円 106,786円 17.8%
    9ヶ月 7,558円 107,558円 17.8%
    10ヶ月 8,334円 108,334円 17.8%
    11ヶ月 9,114円 109,114円 17.8%
    12ヶ月 9,894円 109,894円 17.8%

    プロミスで借りて3ヶ月で返済した場合の借入額による利息の違い

    借入額 利息 返済総額 「金利」
      5万円  1,489円    51,489円 17.8%
     10万円  2,980円   102,980円 17.8%
     20万円  5,961円   205,961円 17.8%
     30万円  8,943円   308,943円 17.8%
     40万円 11,924円   411,924円 17.8%
     50万円 14,904円   514,904円 17.8%
    100万円 29,810円 1,029,810円 15.0%

    プロミス

    プロミス

  • 実質年率:年4.5~年17.8%
  • 最大限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短即日
  • お得なサービスも使ってお得にキャッシング

    プロミスの金利は、実は消費者金融の中では特に高いほうではありません。

    初めての利用であれば30日間の無利息サービスなども活用すると、都合が良いという人もいるかと思います。

    毎回の返済を遅延なくしっかりと続けていくことで信頼が高くなり、プロミスに金利引き下げの交渉をしやすくなります。

    スポンサーリンク

    このページの先頭へ