借金の滞納は裁判にも!?債務整理を考えるポイントとは

スポンサーリンク

頭を抱える男性

ギャンブルやアルコールをきっかけに借金体質になり、気がつけば複数の消費者金融からお金を借り入れしている状態である、いわゆる多重債務者には多くのリスクがあります。滞納を続けていれば、あなたが思ってもいないような問題やリスクに見舞われるでしょう。今回は借金による負のスパイラルから脱出する方法をお伝えします。

借金滞納するとどんな問題が発生する?

①[滞納初日~] 返済催促の郵便物や電話がくる

借金を返済しないと、借金は膨らむ一方で支払う金額は大きくなるのに、返済はつい先延ばしにしてしまうものだと思います。1回借金のスパイラルが始まると、次々と頭の痛いことが起こります。

まずは返済催促の郵便物や電話がくるようになります。目の前の資金繰りに苦労していると、返済は後回しにしてしまいがちですよね。

もしも家族などに内緒で借金をしている場合は、催促状が家族に見つかり借金がばれてしまうリスクもあるかもしれません。

この段階で借金が返済できないと更に、状況は悪化していきます

②[滞納初日~] 遅延損害金の請求も加わる

期日までに返済出来ないと催促状も来ますが、借入先の金融機関に遅延損害金を支払う必要性が出てきます。

遅延損害金は、期日までに返済をすることが出来なかったことに対する罰則でもあるため、その利率は年20.0%と高く設定されている金融機関がほとんどです。

そして遅延損害金だけでなく、通常の返済をしなければならない借金の金利も発声するため、1日でも滞納をしてしまうと利息は2倍以上になってしまいます。

支払いが遅れれば、遅れてしまうほど遅延損害金や利息があがり返済することが大変になってしまいます

③[滞納から1カ月後~] 遅延損害を含めた一括請求書が届く

滞納をしてから2ヶ月が経過すると、借り入れ先の消費者金融などの金融機関から一括請求書が届きます。

これまでの催促状と異なり、これまでの滞納分の金額に遅延損害金が加わります

2ヶ月分の滞納額を請求されているので、おそらく利用者の返済能力を大きく越えていることが考えられます。

ここまでくると負のスパイラルから抜け出すことはかなり難しい状況でしょう。

④[停滞から3カ月後~] 裁判にまで発展する!?

催促状、一括請求の段階で借金を返済出来なかった場合、次の手段として裁判を起こされてしまいます。

軽い気持ちで借り入れした借金が裁判にまで発展することは受け入れがたいかもしれませんが、裁判に発展した場合はまず、裁判所から出廷を要請するための特別速達が滞納者へと発送されます。

特別速達がきてもどのようにすればいいか分からない人も多いでしょう。出廷しても負けるのであれば逃げたくなる人もいるかもしれませんが、特別速達を無視すると欠席裁判となり、あなたの敗訴が確定してしまいます。

敗訴するとあなたの給料は差し押さえられることになってしまいます。

多重債務者になるリスク

このように多重債務者となり、借金を返済出来なくなると最終的に裁判にまで事態は発展してしまいます。

あなたの人生に大きな汚点が残ることになり、その後の人生にも大きな影響をもたらすでしょう。

多重債務者になってしまったのであれば、どこかのタイミングで債務整理を考えなければならないでしょう

債務整理を考えなければならないタイミングとは?

複数の金融機関から借り入れを行っている

多重債務者になって借金を重ねている状況であれば、それはもう自分で何とか借金を返済出来ているということにはなりません。

複数の金融機関から借り入れを行っているのであれば、自分の返済能力を大きく上回ることになるので、債務整理を考えるべき1つのタイミングです。

総量規制をこえる年収の1/3以上の金額を借り入れしている

金融機関から借り入れを行う時は、総量規制の法律があり年収の1/3以上の借り入れを行うことは禁止されています。

もしも複数の金融機関から借り入れを行うなどして借り入れ額が年収の1/3を上回っているのであれば、あなたの返済能力をこえる金額を借り入れしている証拠ですので、債務整理を検討してみましょう。

毎月の給料の半分以上が借金返済に消えていく

給料の半分以上を借金の返済に充てている状況は、ちょっとした想定外の出費も手痛いはずです。

もしかしたら、ちょっとした出費のために金融機関から借り入れをしていたりしませんか?

こうした状況であれば、少し危ない状況かもしれません。債務整理を考えるべき1つのタイミングです。

債務整理の相談を簡単に行いたい、初めての場合誰にすればいい?

債務整理、といっても誰にどのように行えばいいか、分からない人も多いのでは亡いでしょうか?

債務整理は、一般的に弁護士に相談します。

お金と時間がかかってしまうイメージを持つ方も多いかもしれませんが、電話で相談するだけであれば無料ですし、プロの視点から最適な答えを導き出してくれるでしょう。借金の悩みは1人で素人が考えても、時間ばかりが過ぎ去っていくでしょう。

債務整理を数多く経験している弁護士であれば、どのような選択肢があって、どのような行動をしていくべきか、指針を示してくれるでしょう。

1人で無理をせずに早めに相談してみてはいかがでしょうか。

無料相談を受け付けているリヴラ総合法律事務所はおすすめです

債務整理のために弁護士に相談しよう!と思っても数多くの弁護士事務所が存在しており、どこの弁護士事務所に相談すればいいか分からない人がほとんどだと思います。

そうした方はまずは、リヴラ総合法律事務所に電話をしてみてはどうでしょうか?

無料で債務整理の相談が出来る上に、高いレベルのリーガルサービスを提供していることでも業界内では評価が高い事務所です。

借金の返済に頭を悩ませているのであれば、1度リヴラ総合法律事務所で相談してみてください

まとめ

複数の金融機関からお金を借り入れする多重債務者になると、なかなか抜け出せない上に、裁判にまで発展するリスクもあります。借金が自分の力では返済できないレベルになったのであれば、弁護士に相談して債務整理を行いましょう。
スポンサーリンク

このページの先頭へ