急な入院・高額な医療費が払えない…そんな時はキャッシング!

スポンサーリンク

cash032

人間生きていれば、いつ大きなケガや病気をしてしまうか分からないものですが、いつでも備えが万全とも限りません。皆様は万が一、大きな病気やけがをしてしまった時のことを考えることはありますか?今回は急な出費で対応に困った時のキャッシング方法についてお伝えします。

医療費に困ったら「高額療養費制度」を検討してみよう

高額医療費は全てを支払わなくても済む?

医療費が高額になってしまった時は、公的医療保険制度の高額療養費制度が適用される可能性があるので1度適用されるか検討してみましょう。医療費のうちの一定額が支給される可能性があります。

例えばもし、がんを患った時の治療費の自己負担額は30万円近くになりますが、もしも高額療養費制度が適用されるのであれば、一般家庭の負担額は10万円以下で済むようになります。

保険はどのように適応される?

公的医療保険制度について細かく説明していくと、例えば治療費が100万円であれば、まずは国民保険制度が適用されて3割負担になります。

100万円の医療費であれば、30万円になります。さらに高額療養費制度が適用されるのであれば、この30万円も全額を支払う必要はなくなります。

高額医療費貸付制度を利用すると、一般的な家庭の月額収入である28万円-50万円であれば、負担額は9万円前後の支払いになります。高額医療費制度を利用するか、しないかでは医療費の負担額に大きな差が出てくることがわかりますね。

しかし例えば入院の宿泊費やベット代は保険適用外ですので、保険が適用されること、されないことを調べておくことも大切です。

所得区分け 自己負担限度額 多数該当
標準報酬月額
83万円以上
252,600円+
(総額医療費-842,000円)×1%
140,100円
標準報酬月額
53万円-79万円
167,400円+
(総医療費-558,000円)×1%
 93,000円
標準報酬月額
28万-50万円
80,100円+
(総医療費-267,000円)×1%
 44,000円
標準報酬月額
26万円以下
57,600円  44,000円
低所得者 35,400円  24,600円

医療費が目的のキャッシングって審査はどうなるの?

借り入れの審査に通る可能性が高いと言われている医療費のキャッシング

高額医療費制度が適用されたとしても、用意しなければならない金額を用意できないこともありますし、実際に高額医療費貸付制度が適用されても支給されるのは数ヶ月後ということもあり、今すぐ現金がない時はまた対応方法を考えなければなりません。

もしも高額療養費制度が適用されないときは、消費者金融や銀行カードローンからの借り入れを検討することも選択肢の1つです。医療費目的の借り入れは審査に通る可能性が高くなります。

審査の基準は安定した収入や信用履歴

消費者金融や銀行カードローンで借り入れをするための審査の基準は、安定した収入があるかないか、という点やこれまでの公共料金やクレジットカードの滞納がないか、などの信用履歴です。

医療費を借り入れしたい!という時に信用履歴に傷があると、いざという時に借り入れすることが出来ないので気をつけましょう。

また余計な借り入れは行わずに、必要な分だけ借り入れを行い、計画的に返済することも大切です。

高額療養費は支払われるまで3ヶ月、すぐにお金が必要ならキャッシング

高額療養費は申請から3ヶ月以上支給されないことも

公的医療保険制度である高額療養費は、申請してから支払いが行われるまでにどうしても時間がかかってしまい、3ヶ月以上支給を待たないといけないケースもあります。

高額医療費貸付制度を利用すれば、支給額の約8割は無利息で借り入れすることが可能ですが、残りの2割や保険適用外の請求については少なくとも自分で支払いを行う必要があります。

例えば医療費が全額で100万円かかる場合には、15万円程度の現金が手元にあれば理想です。

保険適用外の支払いの準備は大丈夫?

保険適用外になってしまう医療費もあるので注意が必要です。例えばがん治療の中で最先端の先進医療は保険適用外となってしまい、自分で高額医療費を何とかしなければならなくなります。

また宿泊代なども保険適用外になるので10万円近くの現金は、自分で何とかする必要があります。

これだけでも大きな出費・・・もしも現金が間に合わないのであれば、消費者金融や銀行カードローンの利用を検討してみましょう。

インターネットからも申込できる便利な時代

入院することになってしまってから、現金を用意しなければならない時は外出することも困難かもしれません。

そんな時はインターネット環境さえ整っていれば、パソコンやスマートフォンからも申込から銀行振り込みの手続きまで行うこともできます。

スマートフォンのアプリを用意している業者も増えてきているので、利便性は高くなっています。もしもの時は、インターネット申込を利用してみるといいかもしれません。

消費者金融に抵抗がある方は銀行カードローンという選択肢も

現金を借り入れするために、消費者金融を利用することに抵抗がある人もいるかもしれません。消費者金融を利用することに不安感のある人は、大手金融機関が提供する銀行カードローンを利用するという手段もあります。

即日融資が可能なことを売りにしており、時間についても素早く借り入れを行うことも可能です。

さらに銀行カードローンは、消費者金融において適用される総量規制の法律が適用されません

総量規制の法律は、年収の1/3以上を借り入れ出来ないという法律です。そのため銀行カードローンは大口で長期的な借り入れをでき、医療費を目的とした借り入れには向いているかもしれません。

まとめ

人間はいつ大きな病気にかかるかも、大きなケガをしてしまうかも分からないものです。高額医療費貸付制度などもありますが、もしも想像をこえる医療費を支払わなければならない時は、消費者金融や銀行カードローンを使って対応できることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ