結婚式のご祝儀代がない…そんなピンチに5万円借りれるキャッシング

スポンサーリンク

cash029

友人の結婚式の招待状が届くと嬉しい一方で、ご祝儀を用意しないといけないためお金がかかるのは悩ましい点です。結婚式が近いのに出費がかさんで現金が足りない、というときはキャッシングサービスを利用するのも対応手段の1つです。ご祝儀代をキャッシングするときの注意点をお伝えします。

急にご祝儀代が必要に…消費者金融のキャッシングで対応

さすがにご祝儀代を支払わないわけには・・・

結婚式に参加すると、ご祝儀代や宴会代など出費がかさみますよね。せっかく披露宴に呼んでもらっているのに、ちょっと現金が足りないからとご祝儀を用意しないわけにはいきません。

現金がないのであれば、家族や友人から借りるという手段も考えられますが、実際にはそうした関係が近い人間から、現金を借りることは難しいかもしれません。

消費者金融なら即日や翌日の借り入れも可能

もしも家族や友人から現金を借りるのが難しいのであれば、消費者金融から現金を借り入れするのがオススメです。

前日になって現金が足りない!というときでも、消費者金融では審査や融資までのスピードがはやいので、最短で1時間で借り入れをすることができます

インターネットで申込→銀行振込もできる

例えば仕事で忙しくて店頭に足を運んで、手続きをしている時間がない、という人もインターネット環境が整っていれば、パソコンでもスマートフォンでも申込から銀行振込まで行うことが可能です。

結婚式当日にインターネットから申込を行って、現金を用意することができるか自信がなければ、インターネットでの申込を行った後、自動契約機でカード受取や現金の借り入れをすることもできます。

インターネットから申込を行い、銀行振り込みを行う場合は銀行の営業時間が関係してくるため、結婚式が行われる土日ではすぐに現金を手に入れることが難しい可能性も高いです。

  1. インターネットから申込
  2. 自動契約機でカード発行
  3. ATMで現金を受け取る

という流れが最も確実かもしれません。

ご祝儀代をキャッシングする際申込時3つのポイントとは?

ご祝儀代以外のムダな借り入れをしないこと

消費者金融から借り入れをするときに、ご祝儀代だけ借り入れを行えばいいのですが、ちょっと遊べるように多めに借りよう!と考えてムダな借り入れを行ってしまう人もいます。

消費者金融の借り入れ審査の厳しさは、借り入れを行う金額の大きさによって変わってきます。借り入れ金額が大きくなれば、それだけ審査も厳しくなります。

もしも急いで借り入れを行いたいのであれば、審査に落ちてしまうリスクはできるだけ避けたいはずです。借り入れ金額は最小限の必要な分だけ、計画的に借り入れましょう。

スムーズにできる返済の計画をたてること

結婚式のためにキャッシングをしたい、と言うのであれば少なくとも借り入れ額はご祝儀代や宴会代や交通費を含めて10万円前後くらいになるでしょう。

大きな金額を借り入れすることにはなりませんが、小口融資では年18.0%の金利が設定されるため、金利には気をつけてください。

分割でのんびりと返済をしていると、何千円という利息がついてしまい返済額が増加してしまいます。

いくつかのキャッシング会社は「30日間無利息」などの早期返済をすれば無利息になるサービスも展開しています。

少額の借り入れであれば、できるだけ一括で返済できればいいですね。

土日に結婚式なら、金曜日には申込を!

結婚式は土日や祝日に行われることが多いので、消費者金融への借り入れの手続きは前日より前にできるだけ早く行うことが大切です。

借り入れをするためには審査が必要であり、時間的にギリギリに申込を行って万が一審査に落ちてしまったら、また1から申込をしなければなりません。

さらに審査では、職場への在籍確認の電話をすることもありますが、土日に職場の営業をしていない可能性もあります。

土日の即日での借り入れに対応している会社、していない会社とありますので、そのあたりの事前の確認も怠りなく行いましょう。

できるだけ前日までに申込から借り入れまで行うことが理想です。

消費者金融に抵抗があるなら銀行カードローンも選択肢

消費者金融は危険なイメージとは異なり、返済計画をしっかりと立てさえすれば健全に利用できるサービスです。

しかしそれでも悪いイメージから利用したくない、という人もいるかもしれません。そうした方は銀行カードローンを利用するのも1つの選択肢です。

大手銀行グループが提供している現金の借り入れサービスで、三菱UFJ銀行カードローンなどは即日キャッシングが可能なことを売りにしていたりします。

無利息サービス期間を活用してご祝儀代をキャッシング

消費者金融によっては、「30日間無利息」という決められた時間内に返済を行えば、無利息になるサービスを行っている金融機関もあります。

例えば金利18.0%で3万円を借りた場合には、30日間借りると利息は450円ほどです。しかし30日以内に返済することができれば、借り入れた金額のみの返済額で余計なお金を支払う必要がありません。

無利息サービスを提供している金融機関は、プロミス、アコム、レイク、新生銀行カードローンなどです。他にもノーローンでは7日間無利息のサービスを初回限定で提供しています。

プロミス、アコムでは初回利用者限定で「30日間無利息」サービスを行っています。詳しい情報や条件は、HPをご確認してください。

結婚式のために行う借り入れはそこまで大きな金額にはならないはずです。「30日間無利息」など、利息がかからない消費者金融をご検討してみてください

まとめ

せっかくの結婚式で、現金が足りない!などの事態になってしまうこともあるかもしれません。そんなときは、消費者金融では審査から借り入れまで、素早く行うことができます。少額の場合は金利があまりかからないこと、無利息サービスなども充実しています。万が一の時は、消費者金融の利用を検討してみてください。

スポンサーリンク

このページの先頭へ