予想外の病院や入院の治療費…キャッシングでお金を借りるポイント

スポンサーリンク

cash028

自分は健康だ、そう思っていても病気やけがは思わぬ時に突然してしまうものです。入院をすることになり、その金額がかなり大きく、出費にいきなりは対応できない時もあるかもしれません。急な医療費に対応するためのキャッシング方法についてお伝えします。

キャッシングを利用すれば高額医療の返還分を補填できる

高額医療は公的医療保険制度が適用される?

もしも突然の入院やケガをしてしまった場合に、治療費が想像以上に高額になってしまうこともあります。こうした時に公的医療保険制度により、一定額を超えてしまったら分の治療費が返還される制度も存在します。

しかし公的医療保険制度だと、申請から手続きに時間がかかるため、3ヶ月近く待たないとお金が支給されません。

キャッシングで一時的な支払いの補填をするのはあり?

消費者金融や銀行カードローンから、お金を借り入れすることに疑問や抵抗がある人も多いかもしれません。しかしもしも高額医療の返還が適用されるのであれば、数ヶ月後にお金は支給されますので返済もそこまで大きな問題にはならないはずです。

入院中、インターネットからでも申込可能

入院していたら、キャッシングの申込もできないんじゃないか?と思う方もいるかもしれませんが、インターネット環境が整っていればパソコンやスマートフォンからも借り入れの申込をすることができます

審査の際に、身分証明が求められるなどしますので、不手際がないように手続きを行いましょう。

インターネットから銀行振込まで行う手続きを行うことはできますが、金融機関ごとに指定の銀行口座があるなどしているため、手続きのさいには銀行口座にも注意が必要です。

思わぬ病気や入院時にキャッシングするための2つのポイント

信用履歴に問題がないこと

入院や治療のために、キャッシングをする必要に迫られた時は、消費者金融か銀行カードローンなどを利用することになります。借り入れを行うためには、審査をクリアする必要があり、借り入れ額によって審査の難易度は変わってきます。

審査をクリアするために必要なことの1つが、これまでの信用履歴に問題がないことです。クレジットカードや公共料金において滞納していないことなどが重要です。

返済能力があること

お金を貸し出す金融機関は、審査のさいに利用者の返済能力を確認します。安定した収入があることが求められますが、正職員である必要はありません。パートやアルバイトでも大丈夫です。

50万円以上の大きな金額の借り入れを行うためには、審査も厳しくなり収入証明書を求められることもあります。審査をクリアすることができれば、病院にいてもスマートフォンやパソコンから借り入れの申込を行うことができるようになります。

キャッシングで大切なことは必要な分だけ借りる

キャッシングで難しいことは、どれくらいの金額を借り入れするか決めることです。病気やけがで入院という状況であれば、気も動転していて正常な判断ができない可能性もあります。

キャッシングで借り入れしたお金で、病院への支払いが終わったのであれば、次は借り入れを行った業者にお金を返済する必要があります。高額医療の返還分が支給されるタイミングを確認して、借り入れしたお金を全て返済するまで、気を抜かないように過ごすことが大切です。

どれくらいの借り入れをしたら、月々の返済額はどれくらいになるか?返済シュミレーションを活用して治療に必要な分だけ借り入れましょう

まとめ

キャッシングをすることに抵抗を感じる人も多いかもしれませんが、もしも急な医療費が必要になった場合には、消費者金融や銀行カードローンから借り入れを行うことも視野にいれてみてください。その時は必要な金額だけ借り入れを行うことが大切です。

スポンサーリンク

このページの先頭へ