利用目的でキャッシングの審査に影響は?有利不利になるの?

スポンサーリンク

cash027

キャッシングの審査では、安定した収入や返済計画などが問われますが、借り入れしたお金の利用目的は審査にどのように影響するのでしょうか?ギャンブルや借金の返済が目的の場合は不安に感じる人が多いかもしれませんが、実際のところどうなのか、今回はお伝えします。

キャッシング利用者の利用目的は40%が生活費

生活費をまかなうために利用する人が多い

キャッシングサービスを利用する人の利用目的は、40%が生活費補填のためという調査もあります。

なにかまとまったお金が必要になって、来月の給料を待っていられない、子どもの習い事などで新しくお金が必要になった、などの生活補填を目的にキャッシングを利用する人が40%近いようです。

借金返済やギャンブルでキャッシングを利用する人は少数

消費者金融から借り入れを行う、といえばギャンブルなどで借金がかさんだ人が利用するイメージを持っている人も多いかもしれません。

一定層は確かにギャンブルや借金の返済のために、キャッシングを利用しています。しかし、この場合は全体の10%以下です。

多くの利用者は急な出費に対応するために、キャッシングを利用しています。

キャッシングで借り入れしたお金の使い道は自由

使い道は問われないキャッシングで借り入れしたお金

キャッシングで借り入れしたお金について、その後の利用はどのようにしても本人の自由です。消費者金融や銀行カードローンは、フリーキャッシングであり住宅ローンなど目的のためにしか利用できないローンと大きく異なります

住宅ローンであれば、住宅以外の用途で使った場合に一括返済を求められる上、個人の信用情報の信頼も失われます。

しかし消費者金融や銀行カードローンが提供しているキャッシングサービスでは、借り入れしたお金の利用制限や規制はありません

利用者が必要なことに、柔軟に利用することができるのは魅力ですよね。

事業目的のキャッシングはNG

消費者金融や銀行カードローンはフリーキャッシングといいましたが、例外もあり事業資金を目的にしたキャッシングは認められていません。事業資金を調達したい場合には、事業資金用のローンの仕組みが整っているので、事業用ローンを活用しましょう。

事業用ローンはとても申し込むハードルが高い印象を受けるかもしれませんが、300万円までは収入証明書が不要な金融機関もありますので、そこまで頭を悩ませる必要もないかもしれません。

キャッシングの審査に利用目的は関係なし

大事なことは返済能力や安定した収入

これまでご紹介したように、消費者金融や銀行カードローンはフリーキャッシングであり、利用目的はそこまで問われません。

審査で問われることは、返済能力であり安定した収入があるかどうか、これまで個人信用情報機関の信頼を失うようなことをしていないか、といった点になります。

ギャンブルに使う、借金の返済に使うなどと発言すれば、審査に落ちる可能性も高まってしまいますが、生活費の補填などであれば審査は問題ないでしょう。

消費者金融よりも銀行カードローンの方が審査は厳しめ

審査目的がそこまで問われない消費者金融よりも、銀行カードローンの方が審査は厳しいです。そして審査が厳しい分、時間がかかるケースも多く即日融資は難しいと言われています。

しかし銀行カードローンの方が500万円をこえる業者もあるなど、借り入れ上限額は銀行カードローンが魅力的です。もし審査に通る自信があまりないのであれば、消費者金融で借り入れを行うといいかもしれませんね。

まとめ

キャッシングをするときの審査で問われることは、収入状況や返済能力であり、利用目的はそこまで問われません。利用目的と審査はそこまで相関性がないことを頭に入れておきましょう。消費者金融や銀行カードローンはあくまでもフリーキャッシングで、例外的に事業用ローンが認められません。生活費の補填などの利用目的でも、そこまで不安にならず審査に望んでみてください。

スポンサーリンク

このページの先頭へ