クレジットカードのキャッシング枠を減額するメリットとは

スポンサーリンク

減額

クレジットカードを申し込む時に、キャッシング枠も一緒に申し込んだ人は多いのではないでしょうか。

キャッシング枠はショッピング枠の一部で、利用者の返済能力によって利用可能額が設定されています。

必要以上に借りてしまいそうだから減額したい、あると使ってしまいそうだからキャッシング枠をゼロにしたい、紛失したときに悪用されるリスクを避けたい、とキャッシング枠を減額したい方もいます。

このページでは、クレジットカードのキャッシング枠を減額、またはゼロにする方法を紹介します。

クレジットカードのキャッシング枠、その利用限度額とは?

クレジットカードの利用限度額は、ショッピングとキャッシングを合わせて利用できる金額です。と言っても、ショッピングでの利用は利用限度額まで使えます。

一方、キャッシング枠はカード会社が審査し、収入に応じてショッピング枠の範囲内で金額が決定されます

総量規制により年収の1/3を超えることはありませんし、すでに消費者金融などに借り入れがある場合は、合計で1/3までしか借り入れできません

例えば、利用限度額が100万円でキャッシング枠が30万円の場合、最大100万円までショッピングできます。

しかし、50万円の利用可能額があっても30万円までしかキャッシングできません。残りの20万円はショッピングでのみ利用可能となります。

また、ショッピングで90万円利用すれば、キャッシング可能額は10万円です。

カード会社ごとに上限が異なる利用限度額

キャッシングは最大で収入の1/3までと決まっています。

また、カード会社が独自に設定している上限があります

例えば、セゾンカードやイオンカードセレクトは300万円楽天カードは50万円となっており、キャッシング枠がカード会社の上限金額と同じ場合はそれ以上の増額はできません。

また、キャッシング枠は利用者の経済状況、利用履歴、属性などによって審査され上限金額が決まります。

他からの借り入れがある、返済の遅延が頻繁にある、何枚もクレジットカードを持っていたりする場合には、利用限度額やキャッシング枠が減額されることもあります。

利用限度額やキャッシング枠を減らす理由

ショッピングやキャッシングで頻繁にカードを利用し、利用限度額の増額を希望する人もいますが、利用限度額やキャッシング枠の減額を希望する人もいます。

理由としては、

  • ついついショッピングすぎてしまう
  • 落とした時や盗難にあった時に被害を最小限に抑えたい
  • キャッシングやローンに申し込む時に不利になるのではないかと不安になる
  • 必要以上にキャッシングしてしまい返済が大変になる

という声があります。

こういった声からも、利用限度額やキャッシング枠はバランスが大切で必要以上に高くしないことがポイントです。

また、キャッシングの金利は15~18%で、銀行カードローンの5~15%や消費者金融の「無利息サービス」などに比べて高くなるので、緊急時以外のキャッシングはおすすめできません

キャッシング枠を減額する方法

キャッシング枠を減らすには、クレジットカードの裏に記載されているコールセンターに直接電話して申し込む方法と、インターネットの会員ページから申し込む方法があります。

コールセンターの電話番号はカード会社のホームページにも紹介されています。

また、インターネットからの申し込みを受け付けていないカード会社もありますので注意が必要です。

キャッシング枠の減額は、増額の申し込みのような審査もなければ収入証明書のような書類も必要ありません。

簡単に減額が認められますし、キャッシング枠をゼロにすることもできます

ただし、一度減額したりゼロにしたりすると、再度増額したりキャッシング枠を設定する時に改めて審査があるので、先々のことを考えた上で申し込むことをおすすめします。

まとめ

クレジットカードのキャッシング枠は、総量規制とカード会社の設定している上限の範囲内で審査によって決定されます。

利用可能額が高ければ良いというわけではなく、利用者の経済状況とのバランスを取ることがポイントです。

また、紛失や盗難における被害を最小限に抑えるために、利用可能額を低くすることはリスク管理になります。

キャッシング枠の減額は、コールセンターへの電話かインターネットの会員ページから手軽に申し込めます。

審査がなく簡単に認められますので、今の利用限度額が高すぎると感じている人は、減額の申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

このページの先頭へ