夜中にお金がない…キャッシングを利用する際の注意点

スポンサーリンク

cash019

夜、といえば飲み会やデートなどで思わぬ出費をしてしまい気づいたら現金がない・・というシチュエーションに遭遇した経験がある人は多いのではないでしょうか?現金使い過ぎちゃったけど、さらに現金が必要な時は、夜間でも対応できるキャッシングサービスを利用してみてはいかがでしょうか?今回は夜間にキャッシングサービスを利用するポイントや注意点をお伝えします。

14時過ぎると新規契約や即日融資のキャッシングができないので注意

即日でキャッシングを行いたい時は時間に気をつけよう!

夜間に急に現金が必要になり、キャッシングしたくなっても時間帯や条件を満たす銀行口座がなければキャッシングを行うことはできません。

インターネット上からの契約でも店舗契約でも、即日でキャッシングを行うためには14時までに、申し込みを行い、審査をクリアしておく必要があります

業者の営業時間内までに申し込みを!

業者の営業時間によって、契約の申し込み時間は若干異なります

営業時間を過ぎてしまうと即日の振り込みはできません。昼間、夜間いずれの時間にキャッシングするにしても、業者の営業時間は頭に入れておきましょう。

審査に落ちないための最低限の準備は大丈夫?

キャッシングをするためには、審査をクリアする必要があります。借入額は総量規制という法律により限度額が年収の1/3までと定められています。

年収がどれくらいなのか?場合によっては収入証明書類を求められるケースもありますので、この総量規制以上の借り入れはできないことを頭に入れておきましょう。

他にも信用履歴は確認されます。借り入れを行う時に金融機関は、個人信用情報機関によりこれまでの公共料金やクレジットカードの延滞がないか確認を行います。

これまでの信頼がないとキャッシングは厳しくなるので、信用性がなくなるようなことはしないように日頃から生活をしておくことが大切です。

夜にキャッシングする時は、インターネット申込み後自動契約機が便利

21時~22時までなら

夜間にキャッシングをするためには、事前の準備が大切になります。もう店舗や銀行も営業が終了していますから、事前にWeb契約を行い、自動契約機で契約を行うなどの手段が考えられます。

21時~22時の時間帯であれば、自動審査により即日でキャッシングをすることも可能になります。

22時以降は翌日対応

22時以降の深夜になると、対応は翌日になる業者がほとんどです。自動契約機で審査を行っても、審査をクリアするために30分程度は最低でもかかります。

この30分でキャッシングを即日で受けることが出来なくなるので、少しでも時間短縮できるように準備しましょう。

契約済の消費者金融ならコンビニATMなどでキャッシング可能

契約済であれば24時間でもキャッシングできる!

もし既に申し込みが終わっており、契約が完了しているのであれば臨機応変にキャッシングを行うことが可能です。

契約先の業者により土日祝日でも対応できるか、銀行やコンビニATMが利用できるか異なってきますので、自分が契約している会社の利用時間帯は把握しておきましょう。

大手消費者金融においては無人契約機を設置して、24時間で対応している業者も多くあります。

消費者
金融名
土日祝日の申込 借り入れ可能時間 契約受付
時間
アコム 可能 店頭窓口は平日9時半~18時
自動契約機は9時~21時
9時~21時
プロミス 可能 24時間対応
0時~14時50分なら即日借入可
9:00~22:00※一部21時もあります
SMBCモビット 可能 9時~21時 9時~21時

まとめ

夜間にお金が必要になった時にキャッシングしたい!と思っても即日でキャッシングを行うためには契約時間が深夜では難しく、事前に準備しておくことが大切です。契約から行うのであれば14時までに申し込みや審査を完了する必要もあり、どうしても翌日の振り込みになります。審査に必要な書類も準備出来ていないかもしれず、申し込みに失敗することもあるかもしれません。夜に現金がなくなったことを想定して、キャッシングサービスを事前に申し込んでおくなどしておければ理想かもしれませんね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ