今すぐ30万円を借りるには!?今日中にキャッシングする方法

スポンサーリンク

ATM-1

日常生活の中で突然、少しまとまったお金が必要になり、どうすればいいか困った経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?30万円くらい借りたい!となれば利子も大きくなるだろうし、すぐに借りる手段が無いと思う方もいるでしょう、実は30万円を即日で借りる手段は存在します。

30万円を今すぐ借りたい時に必要な年収は90万円

30万円は案外簡単に借りることができる?

お金を30万円即日で借りる、ということはあなたが思っているより簡単に行うことができます。初めて借入を行う人において、借入額としては10万円から50万円が相場です。

10万円と50万円では借入できる可能性は当然異なり、50万円借りる方が難易度は上がります。30万円という額は、借入が絶望的に難しい額ではないので、正しい知識を持って借入に望みましょう。

30万円を借りたい時に必要な年収は

消費者金融で借入を行う時は、銀行ほどではないですが審査を乗り越えなければなりません。過去の信用情報や収入の状況が主に審査のポイントになりますが、貸金業法により総量規制という規制があり、年収の1/3以上のお金を借りることはできません

プロミスやアコムなど大手消費者金融などでも総量規制は適用されます。例えば、今回のように30万円を借りたい!という時には最低でも年収は90万円必要です。

しかし貸金業法が適用されない銀行系カードローン会社では、年収90万円に満たなくてもお金を借入することは可能です。銀行系カードローン会社からの借入の方が簡単に思えるかもしれませんが、消費者金融に比べて審査が厳しく、時間もかかるのが特徴です。

即日で借入を行いたい!というケースであれば、消費者金融を利用するのが無難です。

過去の信用履歴は重要

借入を行いたい時に借入の前提条件となることが、過去に税金や公共料金などに滞納がないかどうか、他の金融機関からの借入がある多重債務者でないかどうか、といった点です。

個人信用情報機関により個人の信用情報は共有されています。過去に信頼を損失するようなことをしていると借入はかなり厳しくなるでしょう。

さらに安定した収入がある職に就いていれば、借入のハードルは下がります。必ずしも正社員である必要はなく、パートやアルバイトでも借入は可能です。

すぐ借りたい時は自動契約機が便利!

すぐに借入をしたい時の手段

30万円を借入する手段としては、店頭か自動契約機かいずれかの手段が最も早く借入することができます。いずれの消費者金融でも、手続きは簡単に終わらせることができるような体制は整ってきています。

  1. 申し込み
  2. 確認
  3. 審査
  4. 契約
  5. 融資

という流れで借入を行います。

ネットで申し込みを行った場合には、申し込みを行った先のメールアドレスに確認の連絡がきますので、さらに店頭か自動契約機により審査本契約の手続きを行います。

借入にかかる時間

審査においては本人確認などが行われ、はやいケースでは申し込みから融資まで1時間程度で終わる消費者金融もあります。インターネットで借入を終わらせたい場合には即日での借入は難しい可能性が高いので注意が必要です。

店頭で借入を行う時も、出来れば午前中に申し込みや手続きを行うことで、即日で借入の可能性はアップするでしょう。

30万円を借りた場合の利息は?返済プランを考えよう

信用情報によって利息は異なる

消費者金融で借入を行う時に気になることは利息がどのような割合になっているか、という点だと思いますが、これは個人の信用の高さによって変化します。消費者金融の金利の相場は4%~18%だと言われています。

もしも個人としても信用が高ければ金利は低くなりますが、信用が低い場合には金利は高くなります。

30万円を借りた場合の利息は7500円が最高

もしも金利相場の最も高い18%だとして、30万円借入を行った場合には利息は7500円です。借入金額が多ければ多いほど金利は上がります

逆に10万円の借入であれば月の返済額は1500円で済みます。月の返済額や返済回数は、消費者金融の各会社で異なってきます。

30万円の借入であれば、10回払いだとすれば月3万円、20回であれば月1万8000円ほどの返済に利子が加わります。

少ない返済回数で返済をすることで利息も少なるので、現実的に返済可能な額を設定して返済を行いましょう。

まとめ

30万円の借入を行うことは、ハードルが高いものだと感じる人が多いかもしれませんが、消費者金融を利用すれば即日で借入を行うことも可能なんです。借入の審査は個人の信用情報における信頼が損なわれていないこと、総量規制に引っかかる年収の1/3以上の借入を行わないこと、安定した収入があること、これらの条件さえクリアすれば審査のハードルは越えることができると言われています。もちろん返済計画は借入の前に、しっかりと計画を立ててから借入を行いましょう。早く返済することが出来るのであれば利息も低くなりますが、そこは慌てずに計画的に現実的に可能な額から返済を行っていきましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ