50万円を今日中に借りたい!今すぐ即日お金を借りる方法

スポンサーリンク

Card-1

事故でまとまったお金が必要になった、旅行などでもう少しお金が必要でローンを組んでいる時間がなく、即日で50万円が必要な時は誰でも、経験があるのではないでしょうか。もしローンを組んでいるような時間がない時は、消費者金融や銀行カードローンといった金融会社から借り入れを行えば、即日で借り入れを行うことができます。今回は即日で借り入れをするための具体的な方法をご紹介します。

借り入れ方法は銀行より消費者金融がいい2つの理由

銀行の審査は厳しめに設定してある

消費者金融は銀行に比べて、審査が甘めで当日借り入れのハードルは低いです。銀行ではお金を借りるときに、総量規制という法律があり年収の1/3に借入額を収めなければ、法律に引っかかり審査も厳しくなります。

しかし正社員でなくとも、収入が安定さえしていればパートやアルバイトでも借り入れをできる業者が増えてきています。

コンビニなどでも借り入れすることができる!

消費者金融といえば、サラ金や闇金をイメージする方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

大手消費者金融において、三井住友グループや三菱ファイナンシャルグループの子会社などブランド力のある組織がバックにいるケースも増えてきています。

消費者金融はかつての闇金などのイメージとは異なり、セブン銀行やローソンATMなどのコンビニで借り入れや返済をすることも可能で、消費者金融は安心して利用することができる仕組みなのです。

即日融資可能な会社は昼までに手続きしよう

大手消費者金融においては、即日融資に対応していない会社はほとんどないくらいですが、即日融資をしてもらうためには時間に注意しておく必要があります。

当日の14時、15時までに審査とカード発行を完了する必要性がある会社が多く、即日の借り入れを行いたい時は遅くとも昼までには手続きを行いましょう

またWeb審査を行っている会社もあります。Web審査をできる消費者金融では、足を運ぶ必要もないので手間暇をかけずに借り入れを行うことが可能です。

借り入れのための4つの条件

安定した収入

借り入れのための1つの条件は収入です。必ずしも正社員である必要はなく消費者金融により、アルバイトやパートでも借り入れ可能なところもあります。

審査においては、必ず現状の収入を伝えることが大切です。

信用履歴

金融機関から借り入れを行う時は、金融機関は個人信用情報機関により公共料金やクレジットカードの遅延や延滞がないかどうか確認を行います。こうした履歴に汚点がなければ問題ありませんので、日々の支払いは確実に行いましょう。

収入や個人の信用情報は、個人信用情報機関により把握されているものと考えておきましょう。嘘や見栄を張ってしまうとデメリットになってしまうので注意しましょう。

総量規制内の借入額

他社からの借り入れも含めて、総量規制の範囲内で借り入れを行わなければなりません。

総量規制とは、個人の借り入れ総額が年収の1/3に制限される仕組みのことです。総量規制をこえる借り入れは認められないので気をつけましょう。

ちなみに車のローンや奨学金のローンは、総量規制には含まれません。

他社借り入れは3社まで

他社借り入れ件数は3社までとなっています。これ以上多くの消費者金融から借り入れを行っていると、返済能力への信用が怪しまれます。

借り入れに借り入れを重ねて、多重債務者になるリスクも考えられるため他社借り入れ件数は3社が限度です。

消費者金融によっては、柔軟に対応する会社もあり借り入れが3社以上でも認められるケースもありますが例外的です。多重債務のスパイラルに陥ることのないように計画的に借り入れを行いましょう。

50万円を即日で借り入れ!おすすめのキャッシング会社

アコム

2008年から三菱UFGファイナンシャルグループの子会社となったアコムは、少額利用にオススメの30日間金利ゼロなどの取り組みを行っています。

パートやアルバイトでも申し込み可能な審査基準であり、不安な方は3秒診断で事前に審査をすることができます。

プロミス

プロミスは、パソコンからも申し込み可能で、Web契約においては当日中に借り入れを行うこともできます。来店しなくても審査を行うことができるのは魅力ですね。審査に無事に通っていれば、24時間振り込みを行うこともできます。

SMBCグループに所属しており、消費者金融ですが信頼できるバックグラウンドもあるのが特徴です。

まとめ

即日で50万円を借りる手段としては、消費者金融を第1に検討するのが最も現実的でしょう。大手金融機関のグループ会社として運営されている消費者金融もあるため、法外な取り立てに合う可能性などは極めて低いです。パートやアルバイトにも借り入れを行ってくれる消費者金融も増えてきていますが、もちろん借り入れのためには安定的な収入があることを示し、これまで個人信用情報機関の信頼を損なうようなことをしていないことが最低条件です。いつか50万円を借り入れしたい!そんな時にスムーズに借り入れを行うためには、あなたの日々の信用が何より大切になってくるのです。

スポンサーリンク

このページの先頭へ