みずほ銀行カードローンの金利低く!?引き下げる方法とは

スポンサーリンク
ローンやキャッシングは、できるだけ金利を低く抑えて利用したいですね。窓口で金利の引き下げの申込みが可能という店舗もありますが、みずほ銀行カードローンの場合は、利用限度額によって金利が自動的に決まるで、引き下げの交渉は難しそうです。ですが利用限度額を上げることで、実は金利を引き下げることが可能です。顧客としての信用度を上げて利用限度額を高くしていくための、具体的な方法についてご説明します。

みずほ銀行カードローンの基準金利は利用限度額次第

利用限度額を引き上げることで、金利を引き下げる

みずほ銀行カードローンの特徴は、利用限度額によって基準金利が決まっているという点です。利用限度額を引き上げることで、金利を引き下げることができます。この表は、みずほ銀行カードローン利用限度額と金利の対応を表で表したものです。利用限度額があがるにつれて、金利が下がっていることがとてもよくわかります。

利用限度額 基準金利
 10万円~100万円未満 年14.0%
100万円~200万円未満 年12.0%
200万円~300万円未満 年 9.0%
300万円~400万円未満 年 7.0%
400万円~500万円未満 年 6.0%
500万円~600万円未満 年 5.0%
600万円~800万円未満 年 4.5%
800万円~1,000万円以下 年 4.0%

利用限度額を引き上げるポイントは、「年収」と「実績」

みずほ銀行カードローンの利用限度額を上げてもらうには、大きく2つのポイントがあります。それは、「年収」と「返済実績」です。この2つを上げることで優良顧客とみなされ、利用限度額を引き上げてもらうことができます。

職場の知名度よりも年収重視

一流企業や名前の知られた大企業に勤めていることも有利な条件の一つですが、みずほ銀行カードローンの利用限度額を引き上げてもらうための第一条件は、勤め先の規模よりも年収の高さです。

大きな会社に勤めていることよりも、高い年収を得ていることが重要となるので、大企業に勤務していても年収が低めの人よりも、中小企業に勤務していて年収の高い人のほうが、利用限度額は高く設定されるようです。

借入・返済実績を積み重ねると有利

利用限度額を引き上げてもらうにはカードローンの再審査が必要になりますが、こちらから再申込みをしなくても、銀行側から利用限度額増額の申し出がある場合があります。

カードローンを利用し確実に返済するということを何度か行うことで、カードローンの利用実績と返済実績を積み重ね、信用度が上がったということです。つまり、借入と返済の実績を上げることで、利用限度額を増額してもらえる可能性があります。

返済期日を守り遅れが一切ない状態にしておくと信用度が増すので、再申込みをしたときに、利用限度額を引き上げてもらえる可能性がより高くなります。借入実績がほとんどない状態では、利用限度額を引き上げてもらうのは難しいかもしれません。

優良顧客であることをアピールする

借入れと返済の実績を積み重ねることで信用度を高めることができます。そこからさらに、信用できる顧客であることをアピールすることで、より有利な条件でキャッシングできるようになります。

優良顧客とみなされるためには、計画的にキャッシングを利用し、毎月滞りなく確実に返済を行う。また、返済をきちんと終わらせてから次の借入れをするというような利用の仕方を続けて、間違いなく返済ができる優良な顧客であるとアピールすることが重要です。

カードローンの再申込みで利用限度額をアップする

再審査でみずほ銀行カードローンの利用限度額が増額

みずほ銀行カードローンの利用限度額を増額するには、カードローンを再申込みしてローンの審査を受けなおす必要があります。再申込みはネットで手軽に申し込めますし、アプリを利用してスマホから、店頭窓口からも申し込むことができます。

再申し込みはネット利用が手軽で便利

みずほ銀行カードローンの再申込みをするには、ネット、アプリ、店頭窓口の3つの方法がありますが、インターネットを使える環境があるならば、ネットからの再申込みが一番簡単です。

みずほ銀行のHPからカードローンの申込みをするだけで完了です。スマホから利用するには、「みずほ銀行アプリ」をダウンロードし、アプリから再申込みを行います。

銀行の営業時間に利用できる場合は、銀行の窓口で利用限度額を引き上げる申請をすることができます。ネットとスマホからの利用なら、時間を選ばずいつでも再申込みをすることができますし、ネットから「WEB完結申込」で申込むと、郵送の手続きや来店も不要、最短で即日カードローンを利用できてとても便利です。

みずほ銀行の住宅ローンと併用で、金利を0.5%引きの特典

みずほ銀行の住宅ローンを利用している方には、とてもお得な金利特典のサービスがあります。

カードローン申込みと同じ店舗でみずほ銀行の住宅ローンを利用している場合、店頭表示のカードローンの基準金利から、金利を0.5%引き下げてもらえます。みずほ銀行の「フラット35」については、「個人情報の取扱いに関する追加同意書」を提出することで金利特典を受けることができます。

みずほ銀行の住宅ローン以外にも、住宅金融支援機構の融資、提携住宅ローンなども対象となる場合がありますので、ローンを利用している店舗に問合わせてみることをおすすめします。カードローンと住宅ローンの申込み店舗が同じであることが条件になっていますので、この点については注意が必要です。

まとめ

みずほ銀行カードローンを利用する際に、金利を引き下げることができるかどうか、そして、その方法についてご紹介しました。みずほ銀行カードローンの金利を引き下げる一番確実な方法は、カードローンの利用限度額を上げることです。そのためには、再申込みをして、カードローンの再審査を受ける必要があります。まずはローンを利用して確実に返済し返済実績を作っていくことで、利用限度額が徐々に上がっていきます。また、勤務先の規模よりも年収の高さがポイントになるので、年収が上がったときは利用限度額が高くなる可能性が増え、カードローンの再審査を申し込むチャンスともいえます。また、みずほ銀行の住宅ローン利用者には、カードローンの金利特典というサービスがあります。住宅ローンを利用している店舗でカードローンを申込むようにすれば、金利特典が受けられます。対象となっている方は、カードローン申込み時に忘れずお問い合わせください。

 

スポンサーリンク

このページの先頭へ