みずほ銀行カードローンの在籍確認を勤務先にバレない方法

スポンサーリンク
みずほ銀行カードローンでは、申込み時に必ず電話で在籍確認が行われます。それは、みずほ銀行カードローンの最高限度額が1000万円と高く、金利が年4.0%~14.0%というとても条件の良いカードローンだからです。キャッシングを利用することが勤務先に知られてしまうのではないかと心配になるかもしれませんが、たいていの場合知られることはありません。勤務先への在籍確認を安心して済ませるためのテクニックをご紹介します。

みずほ銀行カードローンの在籍確認が行われるタイミング

勤務先の在籍確認の電話はいつごろかかってくるのでしょうか。

みずほ銀行カードローンをインターネットか店頭で申込むと、最短で即日の融資が可能となっています。ということは、申込みをした当日にすぐに勤務先に電話が入る可能性があるということになります。午後以降に申込んだ場合には、翌営業日以降に電話がかかってくる可能性があると考えられます。

ただし、申込み方法によってもう少し遅いタイミングになる場合もあります。また、勤務先への在籍確認は審査の最終段階で行われることが多いので、勤務先に電話が入ったということはカードローンの審査を大部分クリアしていると考えることができます。

みずほ銀行カードローンの在籍確認にはリクエストができる

勤務先への在籍確認が、いつどんなふうに行われるのかとても不安になりますね。みずほ銀行カードローンの場合、在籍確認の電話連絡について、いくつかリクエストを聞いてもらえる場合があるようです。

電話する時間と連絡先をリクエストする

電話がかかってくる日時が大体わかっていれば、その時間に在籍してスムーズに取り次いでもらうこともできるし、自分で電話を取ることもできます。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は、申込みのときに都合のよい時間帯を伝えておけば、その時間に電話をしてもらうことができるようです。そのときの事情により多少ずれてしまったり、リクエストが受け入れてもらえない場合もあるかもしれませんが、とりあえず相談してみましょう。

また、電話番号を指定することもできるので、取り次ぎのしやすい場所に電話をしてもらうこともできます。

電話をかけてきた人の名前や用件をリクエストする

存在確認の電話をする場合は大抵の場合、会社名ではなく個人名でかけてくれます。みずほ銀行カードローンの在籍確認の電話も、個人名でかかってきます。

こちらから「○○という名前でかけてください」と、リクエストすることもできます。ただし、存在しない会社や、明らかに嘘の内容をリクエストすることはできません。

例えば、「先日の件で、」とか、「来月のことで、」というような言い方で電話をかけてもらうこともできます。これなら、カードローンの審査のための在籍確認だとバレル可能性はかなり低くなります。

電話番号からバレないようにリクエストする

万が一の場合に備えて、会社の固定電話ではなく携帯電話からかけてもらえるようリクエストすることができる場合もあります。在籍確認の電話が入ったときに不在で着信履歴が残ってしまい、かけ直してしまったということがあるかもしれません。

めったにないと思いますが、そのような場合や、ナンバーディスプレイで番号が表示されるのが困る場合には、携帯電話からかけてもらうよう頼んでみるのも一つの方法です。

オリコのクレジットカードを作る予定だと言っておく

在籍確認の電話が入る前に、勤務先でいつも電話を受けてくれる人に、「カードを申込んだので、その確認の電話がかかってくるかもしれません」と伝えてしまうのも一つの方法です。もちろん、キャッシングのカードと言う必要はありません。クレジットカードを作ると伝えるのがポイントです。

実は、みずほ銀行カードローンの審査は、契約した保証会社が行っています。みずほ銀行カードローンの保証会社はオリコという名前で知られる、株式会社オリエントコーポレーションという大手信販会社です。

オリコはクレジットカードのサービスを提供しているので、かかってきた電話がオリコからだと知られてしまっても、クレジットカードを申し込んだ件だなと理解してもらえます。もちろん、電話で会社名を名乗ることはありませんが、オリコでクレジットカードを作る予定だということにしておけば安心です。

まとめ

いかがでしたか?みずほ銀行カードローンの審査で、勤務先に知られずに在籍確認を済ませる方法についてご説明しました。審査を申し込んでから、在籍確認が行われるまでのタイミングを確認しておいたり、事前に電話をかける時間を決めておくと安心です。個人名でかかってくるので、特に何もせずに普通に電話を受けるだけでも問題ないのですが、心配な方は事前に少し準備をしておくとよいかもしれません。

 

スポンサーリンク

このページの先頭へ