DCカードのキャッシングを利用するときの注意点をチェック!

スポンサーリンク

dc

DCカードでキャッシングが利用できることは知っていましたか?

多くのクレジットカードと同じように、DCカードでもキャッシングサービスが提供されています。

利用可能な金額と金利は利用者によって異なり、設定されている数値には若干幅があるので、使うときには注意が必要です。

DCカードでのキャッシング枠がどのように設定されているのか、ご紹介したいと思います。

老舗の大手クレジットカード、DCカード

そもそも、DCカードは旧三菱銀行系のクレジットカードとしてスタートしました。

当時カードを取り扱っていた、三菱銀行系の金融機関ダイヤモンドクレジット株式会社の名前の頭文字から、「DCカード」と呼ばれました。

その後、株式会社ディーシーカードと社名を変更し、現在は、三菱UFJ銀行の系列会社である三菱UFJニコス株式会社が母体となっています。

老舗大手バンクであった三菱銀行系のクレジットカードとして、長く愛用している人も多い有名なクレジットカードです。

(参照元:DCカード キャッシングサービス|クレジットカードなら三菱UFJニコス

DCカードのキャッシング枠と金利を確認する方法

DCカードには、簡単に利用できる便利なキャッシング機能がついていますが、利用できる金額は利用者それぞれの状況によって異なります

キャッシングを利用する前に、まず自分の利用可能金額がどのように設定されているのかを確認する必要があります。

実は、毎月送られてくる利用明細書、クレジットカードが送られてきたときに封筒に一緒に入っていた書類にキャッシング枠がいくらなのか記載されています。

もし、見ないで処分してしまったという場合には、「DC Webサービス」で確認することができます。

DCカードの会員専用サイト「DC Webサービス」にログインし、「利用可能枠・利用状況照会」をクリックし、カードを選んで「選択」をクリックすることで、ショッピングやキャッシング枠の残り利用限度額が表示されます。

すでにキャッシングを利用している場合は、設定されたキャッシング枠のうち利用可能な額が記載されています。

(参照元:DCカード DC Webサービスとは?|クレジットカードなら三菱UFJニコス

DCカードのキャッシング枠と金利について

キャッシング枠の範囲内であれば何度でも繰り返しキャッシングを利用することができます。

例えば10万円のキャッシング枠であれば、1万円ずつ10回利用することができますが、キャッシングを利用するたびに約100円~200円の利用手数料がかかるので注意が必要です。

利用した分を返済すれば、再びその分のキャッシングが利用できるようになります。金利は14.95%~17.95%の間で設定されており、だいたい平均的な金利となっています。

キャッシング枠を増額したい場合には、直接電話で申込みます。利用可能枠増枠の申込書、収入証明書、本人確認書類の提出が必要となる場合があります。

DCカードのキャッシング枠の審査について

DCカードのキャッシング枠がそれぞれ異なっているのは、クレジットカードの申込時にクレジットカードの審査と同時に、キャッシング枠の審査が行われているためです。

クレジットカードの申込時の、キャッシング枠をどれくらい申請しているかということも、クレジットカードの審査結果に影響します。

希望するキャッシング枠が小さいほど、審査に通り易くなります。キャッシング枠はあとから増額することができるので、最初はできるだけ少ない額にしておくほうが楽です。

DCカードのキャッシングをした際返済する方法

DCカードのキャッシングサービスを利用した場合の返済方法は、1回払いのみ、リボ払いや分割払いはできませんのでご注意ください。

毎月15日までの利用分と手数料を一括して、翌月の10日(金融機関が休みの場合は翌営業日)に、カード代金支払い口座から自動で引き落としされます。ショッピングの利用分の支払いと同じタイミングになっています。

返済方法を後から変更することはできません。キャッシング利用分を事前に振り込む、事前返済のサービスもあります。事前返済サービスの利用は、直接電話で申込みます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ