個人事業主のキャッシング|審査に通るコツとおすすめビジネスローン

スポンサーリンク

cash077

個人で事業をおこなっている場合、資金繰りが厳しくなって困った!という経験のある方も多いのではないでしょうか。

そんなとき、消費者金融などのキャッシングを手早く利用できると助かりますね。

ですが、個人事業主の場合、定期的な収入のある会社員と比べてキャッシング審査の条件が厳しいというイメージがあります。実際はどうなのでしょうか?

そこで、個人事業主の方がキャッシングを利用する場合のポイントと、比較的利用しやすいおすすめのローンについてご説明したいと思います。

個人事業主は本当にキャッシング審査に通りにくい?

消費者金融や銀行カードローンの申込条件には、「安定した収入がある」とされているところが多くあります。

そのため、毎月決まった収入のある会社員のほうがキャッシング審査に通る可能性が高くなりやすく、収入が安定しない個人事業主はキャッシング審査に通りにくいといわれていますが、実際には、個人事業主だからといってキャッシングできないということはありません。

個人事業主も消費者金融のキャッシングを利用できる

確かに、お金を貸し出す金融機関としては、毎月安定した収入のある会社員のほうが、安心して融資を行えるという事情があります。

ですが、月によっては収入ゼロというような極端なケースでない限り、個人事業主の場合でもキャッシングを利用することができます。

大手消費者金融ではほとんどの会社で個人事業主の方も利用可となっており、利用目的は問われません。

例えばプロミスの場合、個人事業主の方は事業資金として利用することができると利用条件に書かれています。

個人事業主でも利用できる消費者金融一覧

金融機関 通常のキャッシング ビジネス目的で使えるローン
アコム 個人事業主も可 ビジネスサポートカードローン
プロミス 個人事業主も可 自営業者カードローン
SMBCモビット 個人事業主も可 なし

銀行カードローンのキャッシングは事業資金としては使えない?

銀行カードローンの場合、一般的に、個人事業主の方が事業資金を目的としてキャッシングを利用することはできないケースが多いようです。

ただし、個人事業主の方でもキャッシングの申込みは可能なので、事業資金ではなく生活費の補填を目的として借入することは可能です。

銀行カードローンの一般のカードローンは事業資金として使えませんが、ビジネス専用ローンがある場合は、個人事業主の型が事業資金として利用することができます。

事業資金として利用できる銀行カードローン

金融機関 通常のキャッシング ビジネス目的で使えるローン
三井住友銀行 事業資金として利用不可 フリーキャッシング
みずほ銀行 事業資金として利用不可 事業ローン
楽天銀行スーパーローン 事業資金として利用不可 なし

個人事業主の事業資金は、ビジネスローンがおすすめ

消費者金融や銀行、信販会社など多くの金融機関で、ビジネス専用のビジネスローンを取り扱っています。

個人事業主の方も申込みが可能で、事業資金を目的として利用することができ、担保や保証人なしで高額の融資を受けることができます。

比較的利率が高いというデメリットがありますが、高額の融資を利用しやすいというメリットがあります。

消費者金融の場合には、ビジネスローンに限って総量規制の対象外として扱われます。

つまり、年収の3分の1を超える金額の借入も可能なのです。

400-100

個人事業主の方がキャッシング審査を有利に進めるコツ

個人事業主の方がキャッシング審査に通るためには、間違いなく返済を続けられる、安定した収入があることを証明する必要があります。

そのためには、日頃から意識して書類を用意しておくことが大切です。

個人事業主の場合のキャッシング審査

個人事業主の場合も、会社員などの場合と同様のキャッシング審査が行われます。

申込み方法も同じです。属性情報を記入し、本人確認書類を添えて申込みます。

勤務先の在籍確認は行われませんが、その代わり、事業を行っていることを証明する書類の提出が求められる場合があります。

証明書類をしっかり用意しておこう

個人事業主(自営業)の方がキャッシングを申込む場合、収入証明書類として次のような書類を提出する必要があります。

もちろん、希望額が少なければ収入証明書類は不要です。

また、ビジネスローンを利用する場合は、事業を証明する書類が必要になります。

個人事業主の場合に必要な収入証明書類

  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 納税証明書

などです。

個人事業主の場合に必要な事業証明書類

  • 営業許可証
  • 受注書
  • 発注書
  • 納品書
  • 請求書
  • 領収書
  • 報酬明細

などです。

確定申告を毎年必ず行っておくこと

これはキャッシング申込み時にすぐにできる方法ではありませんが、確定申告は毎年必ず行うようにしましょう。

収益が一定額に満たなければ確定申告は不要と思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、確定申告は税金を納めるためだけのものではありません。

個人事業主の方にとって、確定申告は収入を確定し証明してもらう唯一の手段なのです。

毎年確実に確定申告を行い、収入を確定ししっかりと税金を納めている、あるいは赤字を計上してしまっていることの公的な証明を受けておきましょう。

毎年確定申告を行っておくことで、安定した収入を得ていることを過去にさかのぼって証明することができます。

400-100

個人事業主の方もOK!即日キャッシング

個人で事業をおこなっていると、まとまった金額を大至急用意しなければならないような状況もあるかと思います。

そんなときに、消費者金融などの即日キャッシングが便利です。審査は最短30分、最短即日で融資を受けることができます。

個人事業主の場合でも即日キャッシングできる?

即日キャッシングのサービスは、主に消費者金融で利用することができます。

消費者金融は個人事業主の方でも利用目的を問わずキャッシング可能なので、急ぎの場合は消費者金融の即日キャッシングが便利です。

申込むタイミングや、申込み条件によっては翌日以降の借入になってしまうこともあるので、できるだけ平日の午前中に申込む、インターネットから申込むなどして、早く審査を進められるよう工夫することが大切です。

400-100

個人事業主の方におすすめのキャッシング一覧

それでは、個人事業主の方でも利用しやすい、おすすめのキャッシングをご紹介します。

消費者金融では、通常のキャッシングのほかに、ビジネス専用のローンを利用することができます。

プロミスの「自営者カードローン」

プロミスは、個人事業主の方も通常のキャッシングを利用可能。利用目的は問われません。

そのほか、個人事業主の方が利用しやすい「自営者カードローン」が用意されています。

スピード審査で当日中の借入も可能、事業資金のほか、プライベートで利用することもできます。

融資枠を作っておくことで、急な資金調達に対応できて便利です。

一般向け ビジネスローン
実質年率 年4.5%~年17.8% 年6.3%~年17.8%
最大限度額 500万円 300万円
審査時間
融資時間 最短即日 最短即日
個人事業主の利用 可能 可能
事業資金としての利用 可能 可能

アコムの「ビジネスサポートカードローン」

アコムもプロミス同様、通常のキャッシングを事業資金として利用することができます。

そのほか、個人事業主の方が利用しやすい「ビジネスサポートカードローン」があります。

急ぎの場合は当日の融資が可能です。

一般向け ビジネスローン
実質年率 年3.0%~年18.0% 年12.0%~年18.0%
最大限度額 800万円 300万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短即日 最短即日
個人事業主の利用 可能 可能
事業資金としての利用 可能 可能

SMBCモビットは自営業者(安定した収入がある方)も利用しやすい

SMBCモビットは、通常のキャッシングを個人事業主の方が事業資金として利用することができます。

ビジネス専用のローンはありません。

一般向け ビジネスローン
実質年率 年3.0%~年18.0%
最大限度額 800万円
審査時間 最短60分(※)
融資時間 最短即日
個人事業主の利用 可能 可能
事業資金としての利用 可能 可能

(※)申込みの日時によっては翌日以降の場合もあります

三井住友銀行の「フリーキャッシング(無担保型)」

三井住友銀行カードローンは個人事業主の方も利用できますが、事業資金として利用することはできません。

ビジネスの利用には、用途を問わない「フリーキャッシング(無担保型)」がおすすめです。

一般向け ビジネスローン
実質年率 年4.0%~年14.5% 変動金利
最大限度額 800万円 300万円
審査時間 最短30分
融資時間
個人事業主の利用 可能 可能
事業資金としての利用 不可 可能

個人事業主のキャッシングはビジネスローンがおすすめ

安定した収入のある会社員と比べて、個人事業主の場合はキャッシング審査に通りにくいといわれますが、必ずしもそうではありません。

消費者金融であれば、個人事業主の方も事業資金としてキャッシングを利用することができます。

また、多くの金融機関で個人事業主の方向けのビジネスローンも用意されているので、そちらもおすすめです。

400-100

スポンサーリンク

このページの先頭へ