キャッシング審査に必要な本人確認書類|免許証や保険証のみでも大丈夫?

スポンサーリンク

syorui

初めてキャッシングを利用するときは、どのような書類を準備しておけばよいかわからないので不安になってしまいますね。

運転免許証さえあれば大丈夫!というセリフをCMなどで見かけますが、本当に免許証だけで大丈夫なのでしょうか?

運転免許証が無い場合は、健康保険証でも大丈夫なのでしょうか?

この記事では、本人確認書類に関するさまざまな疑問に、まとめてお答えします。

キャッシング審査にはどんな書類が必要なの?

消費者金融会社や銀行カードローン会社からお金を借りるには、申込書のほかに書類の提出が必要です。

手続きが複雑でよくわからない!と感じていらっしゃる方もいるかもしれませんが、必要な書類は「本人確認書類」と「収入証明書」の2種類だけ。

必ず必要になるのは、そのうちの本人確認書類(身分証明書)のみです。

キャッシング審査に必ず必要なのは本人確認書類だけ

キャッシングを利用する場合、金融機関の規模にかかわらず本人確認書類を必ず提出します。

そのほかに、収入確認書類を提出するケースもありますが、必要となるのは借入金額が一定金額に達する場合だけです。

必ず提出が必要なもの

  • 本人確認書類

借入希望額が50万円を超える場合に提出が必要なもの

  • 収入証明書類

収入証明書類は、借入金額が50万円を超える場合にのみ必要事項になります。

初めて利用する場合は、50万円を超える金額を借入することはできない場合が多いので、個人情報を示す書類だけ用意してあれば大丈夫です。

銀行カードローンを利用する場合は、金融機関によって収入証明書類が必要な限度額が異なります。基本的に、銀行ローンは50万円以上でも収入証明書類は不要です。

また、以前は夫に内緒で妻が夫名義のカードを作ることもできましたが、貸金業法改正により、配偶者名義でのローンや借入れは不可になりました。

免許証以外で、本人確認書類として使えるのもの

本人確認書類は、運転免許証があればOKとしている業者が多いです。

氏名、生年月日、現自宅住所、顔写真と必要情報が全て記載されており、偽造も難しいことから信頼性が高いためです。

ただ、運転免許証でなければいけないという訳ではありません。

では、本人確認書類として使えるものにはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 住基カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

上記本人確認書類のうち、いずれか1点があればOKです。

運転免許証ではなく健康保険証を提出しても、審査結果には影響ありません。逆に、健康保険証は審査にプラスになるとも言えます。

公務員の場合は公務員共済組合の保険、会社員は社会保険(協会けんぽ等)と、それぞれの勤め先確認にもなるからです。

もちろん、国保加入者は自治体発行の保険証を提出すれば問題ありません。

ただ、「住民票」は要確認。住民票は、申込者本人以外も取得できるという理由からです。

そのため、本人確認書類としては認められていない金融機関もあるので、事前に確かめてください。

ちなみに、マイナンバー(個人番号)記載書類を使う場合は、マイナンバーの部分を隠してから提出しましょう。

本人確認書類に記載された住所が現住所と異なる場合

運転免許証や健康保険証などを本人確認書類として使用する場合、ひとつだけ注意点があります。

証明書類に記載されている内容が正しいかどうかを必ず事前に確認しておきましょう。

引っ越しをした直後で、運転免許証などに登録されている住所が現住所と異なっている状況では、申告内容の確認作業ができないので審査には通りません。

場合によっては、虚偽の申告をしたとしてペナルティが課せられてしまうデメリットもあります。

他社借入や返済遅延もないのに、単なる確認不足で申し込みブラックの状態になるのは避けたいですよね。

このような場合は、運転免許証以外の本人確認書類を使用するか、社会保険料(国保、国民年金など)の領収書、国税または地方税の領収書、公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)など住所を確認できるものを沿えて申込むことで、書類確認をしてもらうことができます。

健康保険証+1点(例:住民票)でキャッシングが可能?

運転免許証やパスポートを持っていないという場合でも、健康保険証+1点(例:住民票)でカードローン申込みをすることができます。

ほとんどの大手消費者金融系カードローンや中小企業の消費者金融で、50万円までなら健康保険証だけでキャッシングが可能です。

収入証明書類は、借入額が50万円を超える場合のみ

申込み内容な条件によっては、収入証明書類が必要な場合もありますが、お客さんの借入希望金額が50万円までの場合は、収入証明書類は不要。

健康保険証などの本人確認書類だけあればOKです。

銀行カードローンの場合は、100万円以上借入れする場合でも収入証明書類は不要です。

収入証明書類が必要な場合は、直近の源泉徴収票、確定申告書(個人事業主・自営業者の場合)、 給与明細書、賞与明細書、 納税通知書、所得証明書(住民税決定通知書)等を提出します。

高齢者が年金を担保にお金を借りるローンの場合は、国民年金証書、厚生年金加入者は厚生年金保険証等が必要です。

健康保険証+1点(例:住民票)でキャッシングできる消費者金融

アコムやプロミスなど、ほとんどの大手消費者金融業者で、健康保険証+1点(例:住民票)でキャッシングが可能です。

プロミス

50万円以下であれば収入証明書類の提出は必要ありません。

本人確認の書類さえあれば、審査へ進むことができ、融資まで最短1時間で終わることもあります。

アコム

アコムもプロミス同様、50万円以下であれば収入証明書類の提出は必要ありません。

もし楽天銀行に口座を持っていれば、土日祝日でも振込をしてくれる点もおすすめです。

ノーローン

50万円以下であれば収入証明書類の提出は不要。来店不要で、即日融資可決の可能性があります。

選べる1週間無利息期間サービスが人気です。

収入証明書類を提出する条件

金融機関 収入証明書類が必要な条件 備考
アコム 50万円以上の借入 最短30分で審査完了
プロミス 50万円を越える場合 WEB完結申込で即日融資も可能
ノーローン 50万円以上の借入 1週間無利息サービス

健康保険証だけでキャッシングできる銀行カードローン

銀行カードローン会社の場合、健康保険証だけで高額の借入が可能です。

さらに、銀行は年収の3分の1以上は借り入れすることが出来ない総量規制の対象外なので、条件によっては年収の範囲を超える借入が可能です。

収入のない専業主婦でも、夫の扶養範囲内で働いている主婦でも、無職の人でも、フリーターでも、関係なく借入することができます。

ただ、返済シミュレーションをしっかりして、確実に返済能力がある額を借りるようにしてくださいね。

一方、貸金業法の適用を受ける消費者金融(貸金業者)は、貸し出し限度額が法律で収入の3分の1までと定められていますから、注意してください。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンでは、300万以下の借り入れであれば収入証明書類の提出は必要ありません。

最高限度額300万円まで、健康保険証のみでもOK。

カードローン商品の利用で楽天スーパーポイントが貯まる点も、お勧めです。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンでは200万以下の借り入れ額であれば収入証明書類の提出は不要。

利用限度額1000万円という高額の設定が魅力です。

新生銀行カードローン レイク

楽天銀行カードローンほどではないですが、100万円までは収入証明書がなくても審査を進めることができます。

正社員でなくとも、健康保険証だけあれば、パートやアルバイト、派遣社員、契約社員の方でも大丈夫です。

平日14時までに手続きが終わっていれば、即日で振込が行われます。

収入証明書類を提出する条件

金融機関 収入証明書類が必要な条件 備考
新生銀行カードローンレイク 100万円以上の借入 ATM利用料無料
みずほ銀行カードローン 200万円以上の借入 利用限度額1000万円
楽天銀行カードローン 300万円以上の借入 楽天ポイントが貯まる

本人確認書類のWEBや無人機での提示方法

運転免許証や健康保険証など本人確認書類の提出方法は、申込み方法により異なります。

郵送で申込む場合は借入者の運転免許証などのコピーを用意します。

店頭窓口で申込む場合は、運転免許証などをそのまま持っていけばOK。担当者がその場でコピーをとってくれます。

無人ローン申込機で申込む場合の本人確認書類の提示方法

ローン契約機コーナーで申込みをする場合、スマートフォンのようなタッチパネルで操作を行います。

自動契約機は、家族にも内緒で借りられるのが嬉しいですね。

運転免許証など本人確認書類は、無人契約機にある専用の読み取り機で画像データを読み取ります。

機械の指示に従って、自分で本人確認書類を指定された場所に置くだけで判断してもらえます。

やり方が分からない場合は、備えつけの電話で直接オペレーターに問い合わせることができるので安心です。

WEBから申込む場合の本人確認書類の提示方法

大手の人気消費者金融だけでなく、静岡銀行カードローンなどの地方銀行でもWEB申し込みが可能なサービスが増えています。

パソコンや携帯電話からインターネット申し込みをする場合は、運転免許証などの画像を撮ってメールで指定のアドレスに送信します。

指定のサイトからアップロードする場合もあります。

スマートフォンのアプリを使う場合は、携帯電話のカメラで写真を撮影してアップロードします。

運転免許証があればキャッシング申込みできる

キャッシングの申込みには本人確認書類や収入証明書類の提出が必要ですが、50万円までの借入れなら本人確認書類だけでOK。

運転免許証や健康保険証さえあれば、キャッシングが可能です。

運転免許証がない場合でも、ほとんどの銀行系カードローン各社にて、健康保険証だけでキャッシングができます。

ただ、いくら必要書類をしっかり準備しても、その後の審査で融資額を受けられるかが決まります。

申込内容の正しさや、勤務先への電話確認(在籍確認)などを経て最終決定がなされます。

もちろん、個人信用情報に金融事故の経歴があると審査には通りませんので、その点は理解しておきましょう。

即日キャッシングを希望する場合は、手元に運転免許証や健康保険証を用意してから申込みに行くことで、スムーズにカードローン審査や手続きを終えることができます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ