キャッシングの審査時間|1秒でも早く審査結果を知るためのコツ

スポンサーリンク

cash043

消費者金融や銀行カードローンの利用申込みをするときは、すぐにでも現金が必要!というケースが圧倒的に多いのではないでしょうか。

キャッシングに申込んでお金を手にするまでにどれくらいの時間がかかるのか、とても気になりますね。

実際、キャッシング審査にどれぐらいの時間がかかるのか、なぜ審査には時間がかかるのか、そして、いかにして審査時間を短くするかということについてご紹介します

キャッシング審査の結果がわかるまでの所要時間

審査時間最短30分、最短1時間で融資OKといった広告を、よく見かけます。

本当に30分で審査が全て完了するのでしょうか?

また、消費者金融系会社と銀行系金融会社とでは、どちらのほうがより早く借入できるのか、まずは、所要時間についての疑問を解説します。

消費者金融は本当に最短30分で審査完了

同じ条件で申込みをするのであれば、一般的に、消費者金融のほうが銀行カードローンより早く借り入れすることができます。

最短30分で審査完了とうたっている業者では、融資申し込み完了時の混雑状態や、申込み者の条件、審査の進み具合によってはもっと時間がかかってしまうこともありますが、状況や条件がよければ、本当に30分や1時間程度で審査が完了するようです。

その理由は、導入している審査システムにあります。

申込み者の属性情報をポイント化して自動的に合計するスコアリングシステムという方法により、消費者金融ではスピーディな審査が可能になっています。

銀行カードローンは審査に2、3日かかる場合も

銀行カードローンでは、消費者金融に比べて審査に時間がかかりがちです。

早いところでは即日、または、最短1時間程度で審査が完了する場合もありますが、2~3日かかってしまう業者もあります。

銀行カードローンの場合は、貸し出し金額が多めで、金利が安いことから、より厳しい審査が行われているようです。

また、提携する金融機関でもダブルのチェックを行っていることが多く、そのためより審査に時間がかかる傾向があります。

キャッシング審査を早く終わらせるための申し込み方法のコツ

できるだけ早く融資を受けるためには、審査を早く終わらせることが大切です。

審査に時間をかけないようにするためにはいくつかの方法があるので、その時の自分の状況にあった方法で申込みをすることで、より素早くキャッシングをすることができます。

急ぎの場合はWebからの申込みがおすすめ

忙しくて店舗へ行く暇がない!という利用者は、ネットからのWEB完結申込がおすすめです。

保証人を準備する必要もない場合が多いです。

パソコンだけでなく、スマートフォンや携帯からの申込みもできるので、ちょっとした空き時間に、いつでもどこからでも申し込めるのが利点です。

利用方法は簡単で、指示に従って必要事項を入力していくだけ。店舗の営業日・営業時間などを気にする必要もなく、申込書を記入してWEB契約も可能です。

また、店舗や店頭窓口へ行く場合でも、先にWebでの申込みを済ませておくことで、よりスピーディに審査を終わらせることができます。

SMBCモビットなど、契約ルームがない金融業者の場合は、WEB申込みのあと審査に通るとローン申込機(自動契約機)でカードを受け取る仕組みになっています。

また、「振込融資」と言って、審査に通れば、融資額を銀行口座に直接振込手続きしてくれるサービスもあります。

いずれにしても、人と顔を合わせる必要が無いので、気が楽ですよね。

即日の融資を希望する場合は14時までの申込みが必須

少しでも早く審査を終わらせるためには、申込みのタイミングも重要です。審査側にも営業時間があるからです。

Webからの申込みは早朝や深夜でも受けつけていますが、そのような時間帯ではすぐに審査を終わらせることは難しいでしょう。

夜間や休日に利用希望者の勤務先へ在籍確認電話を行うことができなければ、即日で審査を終えることができません。

即日キャッシングを売りにしている消費者金融などであっても、実際には、最短30分の審査や即日でのキャッシングを希望する場合は、14時までの申込みという時間制限を設けているところが多いようです。

審査を少しでも早く終わらせるには、できれば平日の14時までに申込むことを心掛けましょう。

急ぎの場合は書類に不備がないよう徹底チェック

どんなに急いでいても、提出した書類や申込内容に不備があれば、申込み手続きをやり直すことで余計な時間がかかってしまいます。

提出する書類の内容に間違いがないか、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

希望の借入限度額をできるだけ少な目に!

早く審査を終わらせるためには、希望限度額をできるだけ少額に設定することをおすすめします。

申込額が少額の場合は、審査が比較的スピーディに終わる傾向があるからです。

金融機関によっては、カード利用枠が50万円以上の借入をする場合は収入を証明する必要書類の提出を求められます。

当然、それだけ審査にかかる時間が長くなってしまうので、とにかく急ぎたいという場合は、必要最小限の利用限度額を申込むようにしましょう。

収入証明書類が必要ない金額以下に抑えることが大切です。

また、消費者金融は貸金法の規定により、「借入の最大限度額が年収の1/3」という総量規制があり、これを超えての申込は、審査に通りません。

もし希望額が大きい場合は、総量規制対象外の銀行カードローンに申込みましょう。

審査結果をできるだけスムーズに受け取るためのコツ

審査結果は、メール、電話、郵送などで届きます。

一番早くて確実なのは申込者自身への電話連絡ですが、仕事中は電話を受けられないという場合は、メール受信が便利です。

審査結果の受信方法は申込み時に選択することができるので、自分が一番確実に受けられる方法を指定するようにしましょう。

審査結果の連絡は電話が早くて確実!

審査結果の通知方法としては、電話が早くて確実です。直接担当者のコメントを聞くことができるので、不明な点をその場で質問することもできます。

申告する電話番号を、固定電話でなく携帯やスマホの電話番号にしておけば、家族にもばれずに電話を受けることができて安心です。

ただし、仕事中などで電話を受けられないというケースもあるので、その場合はメールでの受信にしておくほうが確実です。

また、審査の早さ・ゆるさを謳う企業の中で、携帯電話の契約を要求してくる企業には要注意。

理由は、「カラ契約詐欺」というヤミ金の手口の場合がありますので、自分の所持している携帯電話の範囲内で連絡先登録をしましょう。

メールで審査結果を受ける場合は迷惑メールの設定に注意

審査結果の連絡方法は、メールでも比較的早く、スムーズに受け取ることができます。

家族や周りの人にばれずに連絡を受けることができるというメリットもあります。

メールで審査結果を受け取る場合は、迷惑メールの設定で大切なメールをはじいてしまうことのないように注意しましょう。

審査結果のメールが迷惑メールフォルダに入ってしまって気づかないというケースもあります。

金融機関からのメールを確実に受信できていることを事前にしっかりと確認し、迷惑メールの設定は見直しておくようにしましょう。

審査結果が届かないときは直接電話で問い合わせてOK

最短1時間で審査が終わるはずが、1日経っても、2、3日経っても審査結果の連絡が来ないことがあります。

会社への在籍確認がなかなか取れずに審査に時間を要すことや、繁忙期と重なって審査に思いのほか時間がかかってしまうこともあるようですが、実は、審査結果のメールを見逃していたなんていうケースも稀にあります。

審査結果が遅れているときは、直接電話をして確認してみることをおすすめします。

心配で待ちきれないという場合でも、気になるときはいつでも直接電話をしても大丈夫です。

キャッシング審査にはどうして時間がかかるのか?

最近では即日キャッシングを実施している金融機関が増えているので、最短30分の審査など、所要時間がとても短くて済むところもありますが、キャッシングに申込んでお金を手にするまでには、やはり多少の時間がかかります。

全く審査がないということはありえないので、あまりに審査基準がゆるすぎる場合や、積極融資を強調している場合は、「ザル消費者金融業者」である場合も。

しっかりした大手消費者金融、大手銀行カードローンほど、ある程度審査期間は必要、ということは理解しておきましょう。

返済能力をしっかりと見極めるための審査時間が必要

通常、キャッシング審査では「仮審査」と「本審査」という2段階の審査が行われます。

「仮審査」では、申込み時に申告された内容の項目ごとに自動的に点数評価をつけ、トータルのスコアが一定水準をクリアした場合に次の「本審査」に進みます。

この審査方法を、スコアリングシステムといいます。

スコアリングシステムでは、勤務先、雇用形態・就業状況(正社員、自営業者、アルバイト、パート、契約社員、場派遣社員、無職(専業主婦、年金生活者など))、家族同居状況、配偶者の有無等の基本情報を客観的に判定します。

「本審査」では、申告された内容が事実に基づいているかを、本人確認書類と照らし合わせて確認を行います。

また、個人信用情報機関に問い合わせを行い、これまでのキャッシングの利用履歴などに、申込者本人のネガティブ情報がないかどうかを確認します。

ネガティブ情報とは、過去の延滞状況、債務整理情報、自己破産の有無などの金融事故を指します。

公共料金、携帯料金、NHK受信料などをクレジットカードで支払いしている場合は、その支払い遅延もネガティブ情報となります。

年金滞納者も、クレカ支払いの場合は要注意、他社への返済遅延はもってのほかです。

他社借入状況も確認され、多すぎると審査に不利です。

審査の最終段階では、勤務先に本当に在籍しているかどうかを電話で問い合わせます。

キャッシング会社では、貸したお金を予定通りに返済してもらわなければ会社の運営が成り立たないのです。

そのため、申込み者が毎月返済額を準備できるかどうかをしっかりと見極める必要があります。

特に、借入希望金額が大きい場合などは、どうしても審査に時間がかかってしまいます。

スコアリングシステムにより、審査速度アップ

「仮審査」の段階で行われる審査は、全て機械で行われています。

勤務先、勤続年数、他社借入件数・他社借入金額など全ての審査項目のデータが数値化されており、必要項目ごとに自動的に点数をつけて機械で計算をするので、瞬時に審査結果が算出されます。

このスコアリングシステムのおかげで、審査にかかる時間が短縮され、最短30分、即日キャッシングといった便利なサービスが可能になっているのです。

銀行系で審査時間が短いのは新生銀行カードローン

一般的に、銀行カードローンよりも消費者金融会社のほうが審査時間が短いという傾向があります。

最短30分で審査通過者が決まるのは、消費者金融サービスだけです。

審査時間が長めな銀行ローンカードですが、その中では新生銀行カードローンレイクの審査時間が比較的短めという口コミが多く見られます。

インターネット申し込みの場合は、早ければ1時間以内に審査結果が出ます。

消費者金融各社と比べると金利がかなり安いので、利用申し込みしやすいという利点もあります。

年利4.5%~18.0%という低金利のほか、初めて新生銀行カードローン申込みをする場合には、5万円まで180日間無利息、30日間無利息という2つのキャンペーンも提供されています。

初めての利用で不安を感じるときには、フリーコールで相談してみてもいいでしょう。3分相談などで分かりやすい解説を行っています。

キャッシングの申込みタイミングが大事

キャッシングを利用するために必要な審査には、どうしても時間がかかってしまいます。

金融機関によってはスピーディな対応が可能なので、急ぎの場合には、即日キャッシング可能な業者を選ぶようにすると、素早く融資金額を受けとることができます。

また、ネット申込みや平日の14時までに受付を済ませるなどの工夫をすることで、より早く審査が終わる可能性が高まります。

スポンサーリンク

このページの先頭へ