キャッシング審査に落ちたらどうする?|審査に通らない理由を分析

スポンサーリンク

cash066

キャッシングに申込むと、必ず審査があります。

お金を貸すわけですから、その相手が確実に返済できるかどうかをしっかりと確認する必要があるからです。

何度申し込んでも審査に通らない、なぜか審査に通りにくいという場合には、その理由を分析することで、自分で審査に通る可能性が高くするための対策をたてられます。

今回は、キャッシング審査に落ちやすい条件と、その対処法についてご紹介します。審査に落ちてしまった人必見です。

キャッシング審査に落ちるには理由がある

消費者金融や銀行カードローンに申込んでも何度も落ちてしまう、という場合には、落ちやすいパターンに陥っている場合があります。

以下に紹介する3つのケースにあてはまる場合は、審査に通る可能性が高くなる対処方法をとることで、状況を変えられる可能性があります。

繰り返し審査落ちする場合に考えられる3つの条件

キャッシング審査の審査条件は金融機関によって異なるので、なぜ審査に落ちたのか。明確な理由を説明することはできません。

一般的に、消費者金融会社や銀行カードローンなど、消費者金融業界は「信用情報スコアリングシステム」を使って審査をしています。

スコアリングシステムとは、申込者の属性情報の各項目に点数をつけ、個人情報を数値(ポイント)化して判断するシステムです。

その中で主に判断されるのは、以下の項目です。

  • 年齢
  • 勤め先情報(年収・雇用形態・会社の勤続年数/勤務年数)
    (※)勤務先に在籍確認の連絡が行われる場合もあります
  • 配偶者の有無(既婚/独身)
  • 家族構成
  • 両親同居/別居
  • 居住形態(持ち家/賃貸)
  • 居住年数
  • 固定電話の有無

この属性スコアリングシステムは、単純に点数で評価できるので、素早い審査が可能になっているのです。

審査基準は明確にされていませんが、属性情報以外に審査に落ちるとされている3つの条件があります。

主に、現在・過去の借入状況に関するものです。

審査に落ちてしまった場合は、この条件に当てはまっていないかどうかをまず確認してみましょう。

  1. 既に、複数社の金融機関からお金を借りている
  2. 過去に支払いの延滞・滞納の経験がある
  3. 収入からみて、多く借りすぎている

落ちやすくなる条件への対処方法がある

繰り返し審査落ちしがちな3つの条件にどれか1つでも該当しているものがあれば、審査に通過することは難しくなります。

では、これらの条件に当てはまってしまった場合は、キャッシングをあきらめなければいけないのでしょうか?

実は、3つの条件それぞれについて、条件をクリアにしてキャッシングを可能にする方法があるのです。

条件を改善してキャッシング審査に受かりやすくする方法

一般的に、審査に落ちるとされている3つの条件に当てはまってしまっている場合、次のような対策を行うことで、審査に通る可能性があります。

3社以上の会社からの借入はおまとめローンで1つに!

キャッシング審査に落ちてしまう原因の1つが、複数の金融機関からすでに借入れを行っているというケース。

他社への申込件数・他社借入件数が多いと、返済能力を疑われてしまい、キャッシング審査に通りにくくなる原因となるのです。

借入総額は同じでも、複数の会社から借入を行っているよりも、1社からまとまった金額を借金している場合のほうが信用度は高くなります。

おまとめローンという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

多くの金融機関で、複数の会社からの借り入れ情報を1本にまとめて、利用者の手数料や金利の負担を小さくし、返済しやすくするためのサービスを行っています。

このおまとめローンを利用することで、複数の会社から借入をしているという状況をなくし、キャッシング審査に通るかもしれないという安心感を得ることができます。

おまとめローンを利用するメリット

  • 毎月の返済額が減る
  • 毎月の金利負担が減る
  • 毎月の返済回数が減る
  • 毎月の返済手数料が減る
  • 例外的に総量規制を超える借入ができる

おまとめローンは、次の金融機関で利用することができます。

大手銀行・大手ネット銀行・大手消費者金融会社ばかりなので、安心して申し込めるのではないでしょうか。

詳しい条件は、公式サイトにてご確認してください。

おすすめのおまとめローン

金融機関 利用限度額 金利
プロミス 300万円まで 年6.3~17.8%
アコム 300万円 年7.7~18.0%
みずほ銀行カードローン 1,000万円 年3.0~13.5%
楽天銀行カードローン 500万円 年4.9~14.5%

過去に返済延滞をしている場合は、別の会社に申込む

キャッシングの支払い時に延滞などをしてしまうと、その遅延情報がキャッシング審査においてマイナスに影響してしまいます。

債務整理者、債務超過、自己破産者などの経験者も事故歴としてカウントされます。

キャッシングだけでなく、クレジットカードや公共料金、携帯電話の利用料金の滞納、年金滞納者の情報も全て記録され、信用情報機関に保管されてしまいます。

NHK受信料なども、クレカ支払いにしている場合は、滞納が問題になります。

消費者金融や銀行カードローンなどの金融機関は、それぞれ個人信用情報機関と提携しており、申込み者の信用情報について問い合わせを行うので、過去の事故履歴は全てばれてしまうのです。

実は、国内には株式会社日本信用情報機構、全国銀行個人情報センター、指定信用情報機関のCICという3つの個人情報機関があります。

金融事故情報などについては3機関で共有されてしまいますが、申し込み情報や契約情報が共有されている訳ではないのです。

つまり、違う信用情報機関に確認すれば、過去の延滞履歴などの金融事故歴がばれずに済む可能性があります。

金融機関ごとに利用している指定信用情報機関が異なるので、例えば、消費者金融での信用が失われてしまったら、銀行カードローンを利用することで、過去の信用情報を知られずにすむというメリットがあります。

複数の金融機関からの借入れが悪いというわけではなく、あくまで過去の取引実績・返済実績が重視されます。過去に申し込んでいても、事故なくしっかり返済されていれば、問題ありません。

年収の1/3まで借りてしまっているときは、銀行カードローンを利用

「借り入れ額の最大限度額が年収の1/3」とうい総量規制についてはご存じの方が多いと思います。審査において重要なポイントですから、改めて確認しておきましょう。

多重債務などの問題をなくすために貸金業法という法律があり、消費者金融会社やクレジット会社などの貸金業者は、全てこの法律に従わなければなりません。

貸金業法で定められている大きなポイントが「総量規制」と「上限金利」です。

借入れ審査の際に焦点となる総量規制とは、年収の1/3を超える金額を貸すこと、つまり、返済能力を超える借入額を貸し付けることを禁止するもの。

この総量規制は、クレジットカードのキャッシング利用枠・キャッシング枠の設定にも影響します。

年収からみて多く借りすぎてしまっている方は、総量規制に引っかかっている可能性があります。

申込時の借入れ希望額が年収の1/3を超えている場合、消費者金融事業者の審査を通ることは難しいです。

この場合は、消費者金融ではなく銀行カードローンの利用をおすすめします。

銀行には貸金業法ではなく銀行法という別の法律が定められているため、年収の3分の1までという借入限度額制限の対象外だからです。

キャッシングの申込の際には、収入証明書類の添付が求められることがあるので、嘘をついてもバレてしまいます。

また、消費者金融のおまとめローンには、総量規制の例外となるケースもあるので、相談してみる方法もおすすめです。

ちなみに、正社員・公務員の方が審査では有利ですが、自営業者や、派遣業者、アルバイト、パート、日雇い労働者だからといって審査に落ちるわけではありません。

毎月およそ一定の安定した収入があれば、大丈夫。水商売の方でも借りられる場合もあります。

ただ、いずれの場合も、消費者金融系の場合は「収入の1/3」を意識しましょう。

キャッシング審査に落ちたときに絶対にやってはいけないこと

思いがけずキャッシング審査に落ちてしまって、ちょっとしたパニック状態におちいってしまったという経験はないでしょうか。

とにかくお金が必要なわけですから、あわててほかの消費者金融会社などに駆け込む!というようなことをしてしまいがちですが、それは絶対にやってはいけません。

他の金融機関につぎつぎと申込むのは絶対にNG

キャッシング系サービスに申込みをすると、申込情報が個人信用情報として信用情報機関に保管されます。

申込んだ日時、内容、審査に通ったかどうかまで記録され、6ヶ月間保管される決まりになっています。

キャッシング審査に落ちてほかの消費者金融各社にすぐに申込みをすると、少し前に審査落ちした経験者ということが分かるため、厳しめの審査になります。

結果的に、お断りされる可能性が高いです。

誰にも会わずに申込める自動契約機や、いつでもどこからでもホームページを通じて申込めるネット申込みなど、店頭に比べて気軽に申し込める場所は多いですが、ここは我慢しましょう。

さらに複数の会社にキャッシングを申込むと、信用情報にキャッシングを申込んだという履歴(ブラック情報)がズラリと並ぶことになってしまいます。

こうなると、かなりの確率でキャッシング審査には通りません。

このような状態を、申し込みブラックと呼びます。申込ブラック化して事故者リスト入りしないように、気をつけましょう。

ちなみに、ブラックでもOK・無審査で最短即日融資という業者もありますが、審査がゆるすぎる場合も注意が必要です。

悪徳業者、つまり闇金である可能性があるからです。

こういった違法業者は、貸金業登録の際に詐欺情報を掲載していることもあるほどです。

キャッシングにあたって審査がないということはあり得ないので、間違ってもヤミ金に申込んでしまわないようにしてください。

キャッシング審査に落ちたら半年待つことの意味

キャッシング審査に落ちたら、半年待ってから次の融資申請をしよう、ということがよくいわれます。

先ほどご説明しましたように、金融商品の審査申込者自身の情報は、6ヶ月間信用情報機関に残されます。

つまり、一度事故情報が記録されても、半年たつとその記録は削除されてなくなってしまうのです。

キャッシング審査に落ちたあと半年の期間をおいてから改めて申込みをすれば、前の申込みで審査に落ちたことが影響することはありません。

審査に落ちて半年も待てないときは、ここをチェック

とはいえ、すぐにお金が必要だからキャッシングを利用しているわけですから、普通、半年も待てないですよね。

審査に落ちたけど、どうしてもお金を借りたいという場合には、先ほどの、「条件を改善してキャッシング審査に受かりやすくする方法」をぜひ試してみてください。

  • 借り入れ件数が3社以上の場合はおまとめローンで1つに
  • 過去に支払いの延滞をしている場合は、別の会社に申込む
  • 年収の1/3まで借りてしまっているときは、銀行カードローンを利用

銀行カードローンは消費者金融よりも審査規準が厳しい

銀行カードローンには総量規制がないので、年収の1/3を超える借入金額がある場合には、消費者金融側よりも良い結果が得られる可能性があります。

仕事に就いていない専業主婦でも、銀行カードローン契約ならキャッシングが出来る可能性があるのです。

ただし、銀行カードローンは消費者金融業者側よりも審査規準が厳しくなっています。消費者金融では審査に通っても、銀行系カードローン申込では落ちてしまうということもあります。

申込む前にしっかり対策を立てよう

キャッシング審査に通るためには、金融機関側がそれぞれ独自に規定する一定の水準をクリアする必要があります。

基本的な部分はどの金融機関も同じなので、審査に落ちてしまう条件や、キャッシング業者への申込み時にやってはいけないことなどの基本情報を参考にして、万全の体制を整えてから申込むようにしましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ