ビジネスローン・エール500の審査と評判を調べてみた

スポンサーリンク

2ビジネスローン・エールビジネスローン・エール500は日本保証の事業主向けローンです。日本保証は保証事業・個人向け・事業者向けファイナンスを事業の三本柱とする金融業者で、本店を港区に置き、設立は1970年、東証二部上場のJトラスト(株)のグループ会社です。日本保証は近畿財務局認可(11)第101号、日本貸金業協会会員第2268号です。今回はその事業性ローンについてエール500を中心に審査と評判を調べてみました。

ビジネスローン・エール500のポイント

  • 融資形態は証書貸付
  • 総量規制対象外商品
  • 新規開業資金にも対応
実質年利 年9.8~年18.0%
借入限度額 50万円~500万円
審査時間 HPに記載なし
即日融資 HPに記載なし、おそらく不可
保証人 原則不要だが審査の結果必要な場合あり
法人の場合代表者に連帯保証人を求める場合あり
担保 原則不要だが審査の結果必要な場合あり
公式HP http://www.nihon-hoshou.co.jp/

営業時間・申込

営業時間・申込の流れ

日本保証の営業時間は平日の9:00~18:00です。(土日・祝日は休み)

申込方法はネット・電話・郵送・東京本店窓口などで受付しています。

申込の流れは以下の通りです。

  1. ネットほか4タイプの方法で申込
  2. 日本保証より連絡が入る
  3. 審査開始・終了後回答
  4. 契約・融資実行

審査・契約

審査の必要書類

本人を確認できるものとして、

  • 免許証
  • 健康保険証
  • 住民票
  • パスポート

に加え、

  • 決算書等事業に関する資料

および法人の場合、

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 実印

などが必要になります。

審査・契約

審査の時間についてはHPに記載ありませんが「数日以内」という口コミがありました。

いずれにしても融資実行は契約後となっていますので即日融資は難しいと思います。

日本保証が申込者に本人確認、入力内容の確認、入力漏れのチェック、並びに在籍確認等で連絡を入れるとき、本人の希望がない場合を除き、会社名を名乗らず全て個人名で架けてくるので「対応を間違わないよう」注意が必要です。

審査には仮審査と本審査のステップがあります。

おそらく顧客の信用状態で使い分けているのだと考えます。

仮審査になる場合はやや慎重審査をしていると予想しています。

その場合仮審査段階で日本保証が必要書類の送付を求めるケースがあります。

審査の結果はEメールもしくは電話で連絡してくれますが、審査結果が出るまでの時間については公表されておりません

特に郵送で申込した場合はさらに郵送に係る日数が加わってきます。

審査結果・審査状況を急いで知りたい場合はナビダイヤル(0570-200010)[受付時間平日9:00~18:00]へ直接確認すれば教えてくれます。

契約のタイミングは送付されたすべての必要書類を日本保証がチェック後、初めて契約の手続きに入ります。

貸付タイプは証書貸付型なので1件ずつの契約になります。

カードローン型でないので急ぎの資金には不便です。

ローンを利用限度内で反復利用したい人は他社をあたったほうがいいです。

返済方法

返済方式は、

  • 元利均等方式
  • 元金均等方式
  • 一括方式
  • 毎月利払い元金期日一括返済方式

の4タイプから選べます。

毎月一定額をコツコツ返済したい人は前者の2方式で、返済原資の目途が立っている申込者は後者の短期で借入して借入期間、金利のみ支払って一括で返済する方法もいいでしょう。

返済方法には自動引き落とし(口座振替)があります>が、手続きについてHPに詳しい説明がありません。

また日本保証専用の返済口座へ振込して返済することもできます。

ただし振込手数料は顧客負担となります。

途中返済が可能で、約定返済日を待たなくても早めに返済することができます。

ただし入金の受付は10日前からを原則とし、11日以上前に返済する場合はナビダイヤル(0570-200010)[受付時間平日9:00~18:00]でその旨相談してください。

さらに顧客の希望に合わせて多く返済、全額返済することにも対応しています。

その他の事業性ローン

事業性ローンの品揃えが豊富なので、ご自分の事業に関連がありそうなローンがあれば詳細はHPをチェックしてみてください。

各ローンについて説明します。

不動産担保ローン

エール500は無担保・無保証が原則ですが、差し入れる担保をお持ちの方はこちらのローンも利用できます

そのさい、先順位にその物件に抵当権がついていても、あるいは共有物件でも取扱い可能ですし、このローンで新たに廉価な競売物件とか収益物件を購入することもできます。

手形割引

商取引で約束手形や為替手形を受け取っている人が、手形の期日が来る前に資金が早く欲しいときに使える融資方法です。

日本保証に持ち込めば、その手形を手形期日まで割引して即日融資してくれます

あるいは取引金融機関で割引枠を使い切っている人がその手形を日本保証に持ち込んでも手形次第で割引してくれます。

有価証券担保ローン

日本保証では顧客の所有している上場株式やゴルフ会員権などを担保に融資をしてくれます

最近銀行ではあまりゴルフ会員権などは担保として取り扱っていませんが、この会社ではまだ有効な担保として機能しています。

メディカルサポートローン

病院・調剤薬局事業者・介護事業者を対象にそれぞれ、診療報酬債権・調剤報酬債権・介護給付費を担保として融資を行っています

医療機器購入資金・施設増改築資金・介護用送迎車購入資金や事業の運転資金等に利用できます。

不動産事業向けローン

不動産事業者向けローンなので最大融資額が10億円と大きいです。

Jトラストグループの一員として大型融資にも十分応えられるだけの資金力を備えています。

評判と口コミをチェック

総合金融業としてローンの品揃えが多いので、さまざまなニーズの顧客に対応できますが、エール500に関しては無担保・無保証を原則としているので、適用金利は他社比でも割高です。

このローンは新規開業資金にも事業計画書提出を条件に対応してくれるので、実績がないことを理由に銀行の融資でなかなか良い返事をもらえなかったり、断られた場合には日本保証に相談してみてもいいでしょう。

さらに個人経営あるいは会社の業績が浅くても対応していますし、決算書が赤字でも申込は可能です。

あるいは決算書チェックでリース会社または信用保証協会、日本公庫等公的機関等の基準に合わずに断られたケースでも担当者と相談のうえ、対応してくれます。

また日本保証は保証業務を中核事業としているので、当社が申込人の連帯保証人となり提携の金融機関から事業資金を融資してもらう方法も使えます

この場合、日本保証が申込人を提携金融機関に紹介する形をとります。

提携銀行は東京スター銀行、西京銀行、愛媛銀行です。

各銀行に多くの支店があるので、後の返済や増額対応を考えたとき、日本保証の融資を利用するより便利な場合もあります。

融資の選択の幅が広がりますので検討する価値はあるでしょう

ビジネスローン・エール500の詳細情報

金利適用方式 単一金利
遅延利率 年20.0%
返済方式 元利均等方式・元金均等方式・一括方式・毎月利払い元金期日一括返済方式
返済タイミング 返済方式により、毎月1回定額返済、一括、最終一括など
返済額 ※別途返済シミュレーション参照
返済期間 1~60ケ月
返済回数 1~60回
貸付対象者 個人事業主(○)
法人(○)
利用用途 事業資金

ビジネスローン・エール500の返済シミュレーション

元利均等方式の場合で試算しています。

借入金額 適用金利 返済回数 各回返済額
50万円 18.0% 12回 45,840円
100万円 18.0% 24回 49,925円
200万円 15.0% 36回 69,331円
300万円 12.0% 48回 79,002円
500万円 9.8% 60回 105,744円
スポンサーリンク

このページの先頭へ