妊娠出産費用がオーバーでキャッシング|補助金&助成金まで立替!

スポンサーリンク

cash088

人生のなかで妊娠、出産というのは、とても大きなイベントですよね。行政の支援などで出産後に一時金が給付されるケースもありますが、これはあくまでも出産後のお話。病院に入院したりする必要性も出てきて、予期せぬタイミングで、まとまったお金が必要になることも考えられます。今回は出産をするまでには、どれくらいの費用がかかるのか?その費用を何とかするために、どのような手段があるのかお伝えいたします。

意外と知らない?出産費用は全て合計すると40万円以上かかる!

女性にとっても、一緒にいる男性にとっても出産は一大イベント。妊娠したことが検査結果から分かって、喜びも大きい反面で出産費用がどれくらいかかるのか?気がかりになりますよね。

妊娠から出産までは様々なシーンで、まとまったお金は発生してきます。

  • 出産前の定期検診や検査
  • 出産時の入院費
  • 分娩にかかる費用
  • お祝いへのお返し
  • ベビー用品の購入
  • 出産後の定期的な検査

など多方面にわたり出費はかさむでしょう。医療費はどうしても高額になり、1回の定期検診で5000円-1万円はかかり、その検診に10回以上通う必要性が出てきます。さらに入院にかかる宿泊の費用などは、健康保険が適用されないのも頭が痛い点でしょう。

入院において個室を希望すれば、退院までに10万円ほどはかかることと見積もっておくべきです。定期検診や入院を含めると出産費用には、50万円はかかると考えておかなければなりません。

「出産一時金」は支給までに2ヶ月もかかるので出産費用としては使えない

出産にかかる費用を補助してくれる「出産一時金」

これから出産を迎えるのであれば「出産一時金」という制度があることはご存じでしょうか?

これは国が提供している仕組みで、健康保険に加入しており受給条件を満たしていれば、受給することができる補助金制度です。

給付される金額は、約40万円ほどであり、ちょうど定期検診費用や入院費用をまかなうことが可能な金額です。

しかし問題は給付されるタイミング、この給付金は出産後の1、2ヶ月後に受け取るためタイムラグが発生します。

「直接支払い制度」も存在!

「出産一時金」を受け取ることが出来たとしても、その前に出産にかかる費用を自分たちで何とかする必要があります。

このタイムラグを埋めるために、健康保険から病院に一時金を直接給付する「直接支払い制度」も存在しています。

この制度も少しずつ広がっていますが、まだまだ導入することが出来ていない医療機関が多いのが実情です。

出産費用が準備できないときは即日キャッシングも可能なカードローンを利用しよう

急場を凌ぐためにカードローンを活用するものあり!

もし予定外の出産などで、出産にかかる費用を用意できていない!という時に利用している病院が「直接支払い制度」を活用していなかったら、お金を支払うことはできません。

こうした急場を凌ぐために、消費者金融などからキャッシングをする方法があります。インターネットからも申し込みをすることもでき、審査がスムーズに進めば即日でもキャッシングをすることが可能です。

金利も低く、30日間無利息の会社も

消費者金融などと聞くと、金利が高く、取り立てが恐ろしいイメージを持っている方も多いかもしれません。しかし国内における法律の規制をしっかりと守っており、どこの金融機関も国に認められて事業を運営しています。

消費者金融などから一時的に、現金を借り入れして、一旦支払いを行い、出産一時金が給付されてから返済を行うという方法も1つ考えられるでしょう。

出産費用に充てるならおすすめは消費者金融のカードローン。プロミス

プロミスなら30日間無利息でキャッシングできる

キャッシングって金利とか高いんじゃないの!?と思っている方!ご安心ください。なかには30日間無利息サービスを提供しているカードローン会社もあります。

このサービスは銀行カードローンが提供していないので、最もオススメなのは消費者金融のプロミスですね。初めて契約をされる方限定ですが、Web契約を利用すれば30日間無利息サービスを即日で利用することも可能です。

(※)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

消費者金融は意外といろいろな人が利用している

消費者金融というと、あまりいいイメージを感じない方も多いかもしれません。そこで既に活用することができるクレジットカードのキャッシング枠を検討する方もいらっしゃいますよね。

でもクレジットカードのキャッシング枠は、利用可能枠が限定される上に、既にショッピングで利用していれば、更に利用できる金額は限られます

消費者金融を使うことは後ろめたい!と思う方にとっても、30日間無利息サービスを提供しているプロミスなどであれば、利子が大きくなるリスクもありません。案外身近な方も使っているものですよ!

まとめ

人生の中で女性にとっては大イベントの出産。そんな時に現金が足りなかったら本当に困りますよね。出産一時金もありますが、急場を何とか乗り越えるためには消費者金融や銀行カードローンを活用することも1つの方法だと思いますよ!いざという時はご検討くださいませ。
スポンサーリンク

このページの先頭へ