大学生でも即日キャッシングが可能!?今日中にお金を借りるために

スポンサーリンク

大学生でも即日キャッシングが可能!?今日中にお金を借りるために

急な出費や、いざというときにとても頼りになる消費者金融や銀行カードローンのキャッシング。

借りるならできるだけ早く、できればその日のうちに借入したいですね。

条件によっては時間がかかってしまう場合もありますが、申込み方を工夫することで、最短で即日審査、条件によってはその日のうちに借入が可能です。

即日キャッシングするためのコツと注意点についてご説明します。

本当にその日のうちに借りられる?学生でも大丈夫?

即日キャッシング可能というキャッシング会社はたくさんありますが、本当にその日のうちに借入できるのか疑問に思いませんか?

即日キャッシングは、可能です。

もちろん、学生の場合でも即日キャッシングのサービスを利用することができます。

ただし、申込み条件などによっては翌日以降になってしまうこともあります。

また、中には学生は利用対象外となっている金融機関もあるので、必ず事前に確認してみることをおすすめします。

消費者金融と銀行カードローンどちらが早い?

キャッシングを申込む場合、消費者金融か銀行カードローンのどちらかを利用するケースが多いと思いますが、急ぎで借入したい場合はどちらが早く借りられるでしょうか?

申込み条件や、そのときの混雑具合などによっても変わってきますが、一般的に、消費者金融のほうが審査にかかる時間や借入までの時間が短い傾向があります。

実際、即日キャッシングが可能な金融機関は、ほとんど消費者金融です。

急ぎの場合は、銀行カードローンよりも消費者金融がおすすめです。

学生のほうがキャッシング審査にかかる時間が短い?

会社員やパートの主婦、自営業者の場合よりも、アルバイトの学生のほうが早くキャッシングを利用できるのでしょうか?

残念ながら必ずしもそうとは言い切れないのですが、学生のほうがキャッシング審査にかかる時間が短くなる2つの理由があります。

1.学生は借入できる金額が少ない

学生は学業が主体であるため、余裕を持って返済可能な金額までしか借入できません。

借入金額が少ないと収入証明書類の提出が不要になるので、その分、審査にかかる時間も短くなります。

2.学生は、アルバイト先の在席確認を免除される場合がある

キャッシングを申込むと必ず勤務先の在席確認が行われますが、アルバイトの学生の場合在席確認が取れにくいケースが多々あることから、アルバイト先の在席確認を行わない場合があるようです。

キャッシングの申込みから契約手続き、借入までの流れ

住宅ローンや奨学金と違って、簡単な手続きで利用できる手軽さが魅力のキャッシングですが、お金を借りるわけですから、しっかりとした審査が行われますし、きちんとした手続きも必要になります。

キャッシングの一般手的な手続きの流れ

キャッシングの申込みやお金の受け取り方法にはいろいろな手段がありますが、ネット申込みからローンカード発行、ATMで借入するケースが多いようです。

この場合の申込み手続きの流れはこのようになっています。

1.ネットから申込む

名前や住所、アルバイト先、年収、電話番号、他社からの借り入れなど、基本的な情報を申告します。

入力するだけなので、申込み手続きは数分で完了します。

運転免許証や健康保険証などの本人確認書類の画像をアップロードします。(後から提出する場合もあります)

2.審査結果を待つ

メールまたは電話で審査結果が届きます。

3.契約手続き、ローンカード発行

自動契約機や店頭窓口で契約手続きを行い、ローンカードを発行してもらいます。

郵送で手続きを行うこともできますが、日数がかかります。

4.提携ATMなどで借入

金融機関のATMまたは、コンビニなどの提携ATMからキャッシングできます。

早ければ、申込んだその日のうちに利用可能です。

WEB完結申込みが人気

ローンカードを発行せず、銀行振込みでキャッシングを利用、全ての手続きをネット上で済ませるWEB完結申込みが人気です。

1.ネットから申込む

名前や住所、アルバイト先、年収、電話番号、他社からの借り入れなど、基本的な情報を申告します。

入力するだけなので、申込み手続きは数分で完了します。

運転免許証や健康保険証などの本人確認書類の画像をアップロードします。

2.審査結果を待つ

メールまたは電話で審査結果が届きます。

3.契約手続き

契約手続きを行い、振込み先銀行口座を登録します。

4..指定の口座に振込まれる

指定の銀行口座にお金が振り込まれます。

早ければ、申込んだその日のうちに振込みキャッシングが完了します。

スムーズに手続きをすすめるキャッシングの申込み方法

キャッシングの申込みは、ネット、店頭窓口、自動契約機などさまざまな方法が用意されています。

自動契約機は土日・祝日も夜遅くまで利用可能、ネットの申込みは24時間受けつけているのでとても便利です。

自分の都合に合わせて、例えば、日曜の夜遅い時間にも申込みが可能ですが、申込みをする時間帯や方法によっては、審査を終えてお金を借りるまでにとても時間がかかってしまう場合があります。

スムーズに審査や手続きを終えて、できるだけ早くキャッシングするための申込み方法をご紹介します。

最初の申込みはネットから済ませるのがベスト

カードの受け取りや契約手続きを自動契約機や店頭で行う場合でも、まずはネット申込みをしておく方法がおすすめです。

店舗に向かう前にスマホやパソコンから申込み手続きを行い、その後、自動契約機などで手続きを行えば、より早く審査を終えてお金を手にすることができます。

もちろん、振込みキャッシングを利用してすべての手続きをネットで済ませることができますが、状況によっては、ローンカードを発行してもらってコンビニなどの提携ATMを利用するほうがより早くキャッシングすることができます。

土日祝日、早朝・夜間は審査が進みにくいことが多い

キャッシングの申込みはいつでも好きな時間にできますが、その後の審査が終わらなければ次の手続きに進むことはできません。

土日祝日は混雑することが多く、審査に時間がかかりがちです。

また、勤務先の在席確認が取れないというケースも多いので、営業日以外に申込んだ場合は通常よりも時間がかかってしまう場合があるようです。

自動契約機で手続きやカード発行を行う場合も、休みの日は利用者が多いので、すぐに利用できない場合があります。

収入証明書が必要な金額未満で申込む

借入希望額が一定の金額を超えると、本人確認書類のほかに収入証明書類を提出する必要があります。

高額の借入をする場合は、間違いない返済できるかどうかを事前にしっかりと確認しておかなければならないからです。

消費者金融の場合、一般的に、50万円を超える借入をする場合に収入証明書類の提出が求められます。

学生の場合は50万円を超える金額を借入できるケースはまれなので、収入証明書類が必要になることはほぼありませんが、必要以上に高額の借入を申請してしまうと、審査に余計な手間がかかるうえ、審査に落ちる可能性も高くなってしまうので要注意です。

絶対に即日キャッシングしたいなら平日の14時までに申込む

できるだけ早く借入する方法をご紹介しましたが、絶対にその日のうちに借入したい!という場合には、さらに申込み時に気をつけるべきポイントがあります。

必ず即日キャッシングできるというわけではありませんが、審査や手続きにかかる時間を短くすることができます。

平日の14時までに申込む

即日融資を希望する場合は、平日の14時までに申し込みを終わらせるようにしましょう。

銀行などの金融機関は、通常平日の15時で営業を終了します。

その後で申込みをしても、振込みキャッシングの場合は翌営業日以降の振込みになってしまうことがあるからです。

夕方や夜間でも申込みはできますが、その日のうちに借入することは難しいようです。

アルバイト先の在籍確認ができる時間に申込む

学生のアルバイト先の在籍確認は免除される場合もありますが、基本的には必ず行われることになっています。

休みの日などに申込みをした場合、勤務先が休みで在籍確認が取れず、その日のうちに審査が終わらないというケースもあります。

即日キャッシングを希望するなら、間違いなく在籍確認が取れる時間内に申込みを済ませるようにしましょう。

借入希望額を10万円以下にする

キャッシングの希望額は、できるだけ低くすることをおすすめします。

せっかくだから多めに借りておこうと考えて多めの金額を申込む方もいるようですが、必要最低限の金額だけを申込むようにしましょう。

学生の場合、10万円以下の金額ならアルバイト先の在籍確認なしで審査が完了することもあるのでおすすめです。

返済の負担も小さくて済むので、余裕をもって返済を終えることができます。

本人確認書類の内容を事前にしっかり確認する

申込み内容と、本人確認書類の内容が異なるために審査に落ちてしまうというケースがあります。

運転免許証や健康保険に記載されている住所が、現住所とあっているかどうか、事前に確認をしておきましょう。

引っ越しの手続きが間に合わず、現住所と運転免許証の住所や電話番号が違うというような場合、審査に余計な時間がかかる上、審査には通りません。

このような場合は、運転免許証のほかに、現住所を確認できるものを用意しておけば大丈夫です。

申込み時に、電話で担当者に急いでいることを伝える

ネットで申込みを済ませたあと、金融機関に電話をして、急いでいるのでできるだけ早く審査を終わらせてほしいということを伝えることができます。

必ずしも対応してもらえるわけではありませんが、優先的に処理を進めてもらえる場合もあるようです。

即日キャッシングができる金融機関はここ!

便利な即日キャッシングのサービスは、全ての金融機関で利用できるわけではありません。

最短即日キャッシングが可能な金融機関を事前に知っておけば、急ぎの場合にどこで借入するか探し回らずに済みます。

最短即日審査となっている場合は、翌日以降、場合によっては翌営業日以降のキャッシングになることが多いようです。

学生でも即日キャッシングできる金融機関

金融機関 審査 キャッシング WEB完結 利用条件
アコム 最短30分 最短即日 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
アルバイト学生も可
プロミス 最短30分 最短1時間 でも対応可能(OK) 年齢20歳以上、69歳以下
学生の方でもアルバイトによる安定した収入があれば申込可能
モビット 審査時間:10秒簡易審査 最短即日 満20歳~69歳
定期収入のある方
アルバイト学生利用可
楽天銀行
カードローン
最短即日 最短即日 × 国内に居住の20歳~62歳
アルバイト学生利用可

即日キャッシングには申込み時の工夫が大事

キャッシングを利用するときは、すぐにお金が必要だったり、できるだけ急いでお金を用意しなければならないことが多いですね。

申込み時に少しの工夫をすることで、最短で即日のキャッシングも可能です。

即日は難しい場合でも、普通に申込むよりも早く借入できるので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

このページの先頭へ