派遣社員のキャッシング審査の在籍確認はどうしたら良い?

スポンサーリンク

派遣社員のキャッシング審査の在籍確認はどうしたら良い?

急にまとまったお金が必要になったときに、消費者金融などの最短即日キャッシングが便利ですね。

キャッシングの利用条件として、「安定した収入のある方」ということが書かれていることがよくあります。

この場合、どういう雇用形態であれば安定した収入と認識してもらえるのでしょう。

例えば、派遣社員や契約社員の場合はどうでしょうか?

派遣社員の方も安心してキャッシング審査を受けられるコツと、派遣社員の方におすすめキャッシングをご紹介します。

派遣社員の方でも安心してキャッシングに申込める理由

正社員ではなく派遣で働いている場合、雇用が不定期であったり、間隔が空いてしまったりすることもあると思います。

そうなると安定した収入という条件を満たさないので、キャッシング審査に通らないのではと心配になってしまいます。

派遣社員の方でも、次のような条件を満たせば、安心してキャッシング審査を受けることができます。

同じ派遣先に続けて勤務していると有利

派遣社員といっても、雇用形態はさまざまです。

短期契約で、さまざまな職場で勤務している場合もあれば、同じ派遣先の職場で何年も働いているという場合もあるでしょう。

キャッシング審査では、勤続年数が重要といわれていますが、実際どれくらいの勤続年数があれば審査に通るのかということは明確にはなっていません。

たとえ長期間に渡って勤務している正社員の方でも、他の条件次第では審査に通らない場合もありえます。

ですが、おおよその数値としては、1年を超える勤続年数があることが望ましいといえます。

2、3年に渡って同じ派遣先で勤務しているような場合は、安心してキャッシング審査を受けることができます。

派遣会社で社会保険に加入していると有利

登録先の派遣会社によっては、社会保険に加入できる場合があります。

もし、利用している派遣会社で社会保険加入を申請できるのであれば、ぜひ利用しましょう。

健康保険証を本人確認書類として使用できるほか、社会保険に加入していることでキャッシング審査に有利になります。

派遣社員の方が社会保険に加入するためにはいくつかの条件がありますが、主に以下の2点をクリアしていればOKです。

  • 雇用契約期間が2ヶ月以上
  • 同じ職場の正社員の、3/4以上の勤務時間があること

社会保険に加入をしていることは、安定的に収入を得ているという証明になります。

また、健康保険証があれば、身元を確認する手段として利用することができます。

派遣社員の方でも安心して在籍確認が受けられる

消費者金融などにキャッシングを申込む場合、一番ネックとなるのが、勤務先の在籍確認ではないでしょうか。

派遣社員の方が在籍確認について感じる不安

勤務先に直接電話がかかってくる在籍確認は、できれば避けたいキャッシング審査の項目のひとつですね。

特に、雇用形態が不安定な派遣社員の場合、在籍確認に不安を感じている方が多いようです。

派遣社員の方が感じる在籍確認の不安

  • 派遣先なので、自分宛に電話がくると怪しまれる
  • 派遣先の会社の人に不審におもわれてしまうのではないか
  • キャッシングに申込んだことが会社の人に知られてしまうのではないか
  • 短期派遣なので、自分に電話を間違いなく取り次いでもらえるか心配

在籍確認は個人名で電話がかかってくる

消費者金融などの金融機関がキャッシング審査で在籍確認を行う場合、会社名は出さずに担当者の個人名で電話がかかってきます。

金融機関の会社名が出てくることは絶対ないので、ご安心ください。

通常、「佐藤と申しますが、Aさんはいらっしゃいますか?」といったかたちで勤務先に電話が入ります。

そのときに在席していなかったとしても、問題ありません。

「Aはただいま席を外しております」「Aは本日お休みをいただいております」といった回答があれば、間違いなく在籍していることを確認できるので、これで在籍確認はOKです。

電話が入ることを勤務先に事前に伝えておく

派遣社員の場合、勤務先に直接電話がかかってくることは通常あまりないのではないのでしょうか。

そんなところに、突然電話連絡が入ると、不審に思われてしまうのではないかと心配になってしまいますね。

誰にでも、さまざまな事情で急な電話連絡が入ることはあるのですから、気にせず堂々と電話を受けても大丈夫です。

どうしても心配な場合は、自分宛の電話が入ることを、事前に勤務先の人に伝えておきましょう。

例えば、「クレジットカードを作るので、在籍確認の連絡があるかもしれません」などと具体的に言ってしまってもいいでしょう。

言いにくいかもしれませんが、事前に伝えておくほうが、いきなり電話がくるよりもよりよい印象を持ってもらえるはずです。

派遣社員の方のキャッシング審査はこうやってクリアしよう!

それでは、派遣社員の方が有利にキャッシング審査を受けるためのポイントをご紹介します。

できることを少しずつ対応して、申込条件ができるだけ有利になるよう工夫することが大切です。

派遣元の登録会社で在籍確認しよう!

キャッシングを申込む際に、実は、登録している派遣元の派遣会社の名前を書くことができます。

もちろん、派遣元、派遣先両方の会社名を書くことでより信頼度が高まる可能性もありますが、より勤続年数の長い派遣元の登録会社を勤務先として申告するという方法もおすすめです。

職種によっては、短期で派遣先を移動する場合や、勤務開始時期がずれて空白ができてしまう場合がありますが、派遣元の登録会社ならまとまった勤続年数を申告することができます。

ただし、登録会社をたびたび変えている場合や、登録しているだけで実際の勤務実績がないという場合は、キャッシングに審査に通る可能性は低いでしょう。

できるだけ少ない金額で申込もう!

これは派遣社員の方に限ったことではありませんが、キャッシング審査に通るコツとして、申込み金額を少なくするという方法があります。

特に消費者金融の場合は、総量規制という法律により、年収の3分の1を超える金額を融資することができません。

高すぎる金額を申込んでしまうと、それだけで審査に落ちてしまう原因になります。

また、消費者金融では、およそ50万円を超える金額を申込むと収入証明書類の提出が求められてしまい、その分審査も厳しくなります。

できるだけ必要なぶんだけ、10~20万円程度の金額に抑えて申込むと、キャッシング審査を通過できる可能性が高くなります。

申込み時の記入もれや書き間違いは絶対にNG

これも、キャッシングに申込む方全員に共通することですが、住所や電話番号、勤務先などの属性情報間違えて申告しないように十分注意しましょう。

間違った内容で申込みをすると虚偽の申告をしたことになってしまい、審査には通りません。それだけなく、信用情報に傷がついてしまうことにもなりかねません。

連絡先の電話番号を書き間違えて、在籍確認が取れずに審査に落ちてしまってはもったいない!

しっかりと見直しをしてから申込みましょう。

派遣社員もOK!おすすめの金融機関一覧

現在では、ほとんどの大手消費者金融や銀行カードローンで、派遣社員の方も利用可となっています。

特に明記されていなくても、派遣社員という理由で申込みを断られることはありませんが、公式HPにしっかりと書かれていると安心です。

公式HPで、派遣社員の利用可となっている金融機関の一部をご紹介します。

プロミス

プロミス

  • 実質年率:年4.5~年17.8%
  • 最大限度額:最大500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短即日
  • 審査時間最短30分、最短即日でのキャッシングが可能なプロミスは、初めて利用する方に限り30日間利息ゼロのサービスが人気です。

    SMBCモビット

    SMBCモビット

  • 実質年率:年3.0%~年18.0%
  • 最大限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短60分(※)
  • 融資時間:最短即日
  • (※)申込みの曜日・時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合がございます。

    スマホアプリで簡単に手続きができる公式アプリが人気のSMBCモビットは、派遣社員の方でも利用可能。

    新生銀行カードローン レイクは、2つの利息ゼロサービスが人気です。

    30日間利息無料、または、200万円までの借入ならそのうち5万円分について180日間利息無料という2つのサービスが選べます。

    派遣社員はより有利な内容で申込む工夫を!

    在籍確認など、さまざまな項目のキャッシング審査は、派遣社員だけでなく、キャッシングを利用するあらゆる立場の人が受けるものです。

    決して、派遣社員だけが特別に厳しい審査を受けるということはありません。

    しっかりと書類を用意するなど、できるだけ有利な条件で受けられるよう工夫をしておくことで、安心してキャッシング審査を受けることができます。

    スポンサーリンク

    このページの先頭へ