レディースキャッシングのやり方|主婦・パートでも安心して借り入れ

スポンサーリンク

レディースキャッシングのやり方|主婦・パートでも安心して借り入れ

消費者金融などからキャッシングを行うことに対して、抵抗のある女性の方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?特に消費者金融などは取り立てなど怖いイメージもありますよね。でも案外最近ではレディースキャッシングという、女性専用スタッフが対応してくれるサービスも始まっており、女性でも消費者金融を利用しやすい時代になってきています。今回は女性がキャッシングサービスを利用するときのポイントをお伝えいたします。

一般のキャッシングと女性専用キャッシングの違いって何?

現金を借り入れすることができるキャッシングと女性専用キャッシングは、どのような点が異なるのか?2つの大きな違いを解説します。

利用する方が女性のみ

女性専用キャッシングは女性のみが利用できるキャッシングサービス。現金を借り入れすることは、なかなか恥ずかしくて1歩を踏み出せない人も多いかもしれません。

女性専用キャッシングでは、女性でも申し込みがしやすい環境を整えてサービスを展開しています。広告なども女性向けのつくりになっていますし、店頭への電話契約やWeb契約ができる会社も多くなっています。

対応するスタッフが全て女性なので安心

女性専用キャッシングでは、店舗で対応するスタッフも全て女性が対応します。貸金業者に対してマイナスのイメージを持っている方も多いはずなので、その不安感を取り除くために、女性スタッフが対応しています。

申し込みの対応だけではなく、その後の確認の連絡も含めた電話対応なども全て女性スタッフにより行われます。初めて申し込みを行う方にとっては安心ですね!

女性専用キャッシングを選ぶときに重要視すべきポイント

女性専用キャッシングサービスも今の時代、多くの業者がサービス展開を行うようになってきました。

安心できるサービスを享受できることはもちろん、さらにキャッシング会社を選ぶためには、どのようなポイントがあるのでしょうか。

CMなどで有名な大手消費者を選ぶ

より安心できるキャッシングサービスを提供しているのは、大手消費者金融機関です。レディースキャッシングも提供しているのは、レイク、プロミス、アコムなどの会社です。

やはり中小の消費者金融よりも、大手消費者金融の方が初めてであれば安心でしょう。

魅力的な点としては、どの会社もWeb上で申し込みを行えば、店舗に足を運ぶ必要がない点です。周囲にも見つからずに現金の借り入れを行うことができます。

専業主婦も配偶者がいる場合借入可能

もしもあなたが専業主婦であれば、現金の借り入れは難しくなってしまいます。お金を貸し出す側が審査において、重要視することは返済能力の有無です。もしも現在どこにも働いていない専業主婦であれば、借入のためには条件が必要になります。

もし自身に収入がない、というケースでは配偶者に収入があれば、銀行カードローンでの借入は可能です。楽天銀行や三菱UFJ銀行カードローンなどがオススメです。

配偶者の収入証明書などの必要書類を提出しなければならない

もし専業主婦という立場で、キャッシングの申し込みを行うのであれば原則として、収入証明書の提出を行う必要があります

お金を貸し出す側は、一定の信用がある人間にしかお金を貸し出すことはできません。もしもあなたがお金を貸し出す側だったら、返済能力が疑わしい人間にお金を貸したくはありませんよね?

一方でこの収入証明書の有無は、金融機関により対応が異なってきます。100万円の借り入れでも、収入証明書が必要ないケースもあったりします。

女性がキャッシングに申しこむ時に注意すべきこととは?

では女性がキャッシングに申込を行う時は、どのような注意点があるのでしょうか?

30日無利息、最短即日などは多くの消費者金融が既にサービスとして展開をしています。今すぐに現金を借り入れしたい!というニーズに対応してくれており助かる仕組みですね。

金利は一般のキャッシングよりも少し高めの設定

女性専用キャッシングは、女性にとっては魅力的なサービスですが、金利についてはしっかりと確認をしていくことが大切です。サービスを享受するための敷居は低いかもしれませんが、特に金利が低いわけではありません。

むしろ金利は高く設定されていることもありますので、女性専用キャッシング!というだけで会社を選択しないように気をつけましょう。

限度額50万以上の借り入れは厳しい

借入の最大利用限度額は、300万円に設定している業者が一般的です。しかし現実的に300万円を1回で借り入れすることは非常に難しく、50万円あたりが限度な方が多いでしょう。

なぜなら総量規制の法律がネックになるからです。総量規制は年収の3分の1以上のお金を借り入れすることができない法律

300万を借りるためには900万の収入が必要になります。そして初めての利用であれば、金融機関としても信用できる人間かどうかを見極めるために、貸し出しの金額は抑えたいと思うでしょう。

まとめ

女性のキャッシングは、レディースキャッシングの普及とともに増加しています。すべて女性が対応してくれますが、一方で高い金利などは注意して欲しい点。基本的には大手消費者金融などから借入をすることが、安全で無難でしょう。キャッシングを利用したくなるのは、男性だけではないですよね。もし急な出費でお困りのときは、是非レディースキャッシングをご活用くださいませ。
スポンサーリンク

このページの先頭へ