キャッシングの最低金額|いくらから借りれるのかまとめてみた。

スポンサーリンク

キャッシングの最低金額|いくらから借りれるのかまとめてみた。

私たちは生きていく上では、何かとお金がかかるシーンが多いですよね。日常生活くらいを生きる収入だけでは、間に合わないようなまとまったお金を用意する必要に迫られることもあるはずです。こうした時に便利な手段の1つがキャッシングサービスです。キャッシング会社により借り入れ可能な最低金額は異なり、千円単位、1万円単位、10万円単位など金融機関による違いを知っておくことも大切ですよ。

キャッシングの最低金額はほとんど1,000円や10,000円に設定されている

金融機関により、借り入れ可能な最低金額は異なります。可能な限り少額で借り入れをしたいと考えている方は、ご自身にあった金融機関を選択するために、各会社の最低金額をおさえておきましょう。以下、表にしてまとめていますので、ご参照ください。

消費者金融 最低金額 補足
アイフル 1,000円 ATM、銀行振り込み共に1000円
アコム 1,000円 ATMによって多少前後することがあります
プロミス 1,000円 ATM銀行振り込み共に1000円
SMBCモビット 1,000円 電話申し込みかつ銀行振り込みの場合、1円単位で可能
銀行名 最低金額 補足
三菱UFJ 1,000円 同行ATMの場合。他のATMであると1000円単位で借り入れとなります。
三井住友 1円 同行ATMの場合。他のATMであると1000円単位で借り入れとなります。
みずほ 1円 同行ATMの場合。他のATMであると1000円単位で借り入れとなります。
新生銀行カードローンレイク 1,000円 レイク、セブンATMのみ。他のATMMの場合は最低金額10,000円からとなります。

かなり少額に設定していて、1万円ほどの低額の借り入れにも活用できることが分かります。

必要以上にお金を借りたくない人は1円単位で借りられる銀行カードローン

必要最低限の借り入れを心がけよう!

消費者金融よりも銀行カードローンの方が、少額から借り入れをすることができます。必要以上に借り入れをしてしまうと、返済がやっかいです。収入が少ない主婦や学生、フリーターの方などは、1万円でも大きなお金のはず。

最低金額が少ない業者を選定して、余計な返済額を抱えないように計画的に借り入れを進めていきましょう。少額の借り入れであればみずほ銀行カードローン、新生銀行カードローンがオススメです

信用履歴を理解しておこう!

借り入れしたお金は期日までに返済することは必須で、延滞が長いようだと信用履歴に傷が残ってしまいます。1万円ほどの借り入れなどであれば、気軽に申し込みをする方も多いかもしれないですが、お金を借りるという責任を忘れないようにしてください。

こうしたお金の借り入れ状況は、個人情報信用機関により、データが記録されています。あなたが借り入れをして、延滞などをしてしまうと、個人情報に傷が残り、後々のキャッシング審査が厳しくなってしまうのです。

まとめ

キャッシングの最低金額は、各会社で異なってくることをご紹介してきました。その時に必要になった分のお金だけ借り入れをして、きっちりと返済をするために、最低の借入金額で済むような計画の立て方も重要です。個人信用情報に傷が残さないよう、気を付けないと、後々にかなり不利な状況になってしまいますから。キャッシングをする時は返済期間、最低金額、金利などの項目を理解した上で、業者を探す努力も大切ですよ。ご自身にあったキャッシング会社と出会えるよう頑張ってみてください。
スポンサーリンク

このページの先頭へ