5万円を即日融資で借りたい!そんなときはどうしたらいいの?

スポンサーリンク

cash123

人付き合い、ちょっとした娯楽、思わぬ催事などなど、生きていると、いつどのようなタイミングで、まとまったお金が必要になるのか分かりません。約5万円の出費がいきなり発生する経験をしている方は多いと思います。そこでどうしても、まとまったお金が必要になった時は消費者金融や銀行カードローンを活用して、キャッシングを検討してみることをオススメします。何も手段のほどこしようがない、と思うよりも少額でもキャッシングできると知っている方が気持ち的にも楽でしょう。

5万円をキャッシングで借入するときに確認しておくべきことを4つ紹介

初めてキャッシングをするときは皆さま、まずは5万円-10万円ほどの少額に設定して借り入れをスタートする方が多いです。初めてだと、どうやって金融機関を選べばいいか、戸惑うこともあると思います。まずは金融機関を選ぶ方法についてお伝えしていきます。

ポイント1:30日間無利息サービスを提供しているか

金融機関によっては30日間無利息サービス、という借り入れから30日以内にお金を返済できれば、利息がかからないサービスを提供しています。利息分の負担をすることなく、借り入れしたお金だけを返済すればいいので、オススメのサービスです。

給料日などが決まっていて、期日までに返済できる見込みがある方は、30日間無利息サービスの活用を検討してみましょう。大手消費者金融のプロミス・アコムは無利息サービスを提供しています

※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

ポイント2:即日融資に対応しているか

今すぐにでも、お金を必要としているのであれば、即日融資をできる金融機関を選択しましょう。インターネットから申し込みを行い、自動契約機でカードを発行することができます。

指定の口座への振り込みも依頼することも可能ですが、多くの金融機関で14時までの申し込みが条件となります。即日融資を希望している方は、希望する金融機関の申し込み時間をしっかりと調べておきましょう。

ポイント3:返済できる場所は近くにあるのか

キャッシングでは審査を通過できるか、これも気になることだと思いますが、その後の返済も大切です。多くの金融機関では、コンビニATMや銀行ATMでの返済に対応しています

近所にATMがない方は、ATMのある町まで足を運んで返済をする必要があり、手間はかかってしまいます。出来るだけ近くにATMがあった方が、延滞することもないので利便性は高いですね。

ポイント4:アルバイトやフリーターでも借り入れできるか

正社員という立場ではないけど、キャッシングをしたいフリーターやアルバイトをしている方もたくさんいます。

一定の収入があれば、正社員ではなくてもキャッシングをすることはできますので、ご安心ください。事前にフリーターでも借り入れをすることが出来るかどうか、確認して審査へと進みましょう。

5万円をできるだけ早くキャッシングしたい人におすすめな方法

WEB申込について

即日で借り入れをしたい時など、急いでいる時には、どのようなキャッシング方法があるのでしょうか?キャッシングの申込方法も複数あるので、困惑することもあるかもしれません。

WEBから申込を行い、審査からその後の振込まで全てのプロセスをWEB上のみで終わらせることも可能です。店頭に足を運ぶ必要もなく、電話をする必要もないので気軽にできる申込方法です。

即日融資にも対応しているケースが多く、50万円以下の借り入れであれば、収入証明書も必要ありません。本人確認ができる書類があれば、手続きは進めることが出来ます。

WEB申込で審査した後に自動契約機で手続き

WEBだけで申込を進めることに抵抗がある方は、WEBで審査までしてから自動契約機でカードを発行する方法もございます。自動契約機であれば、もし分からないことがあれば、すぐにオペレーターに確認をとることもできますよ。安心して手続きを進めることができるでしょう。

5万円~10万円などの少額キャッシングをしたい人におすすめの消費者金融

今回想定しているように5万円-10万円ほどの少額のキャッシングをすると、金利が高くなるというデメリットが出てきます。そこで30日間無利息サービスを活用すると、金利の負担をする必要がなくなるのでオススメです。30日間無利息サービスは、提供している金融機関が限られますのが、3社ご紹介します。

新生銀行カードレイクの場合

新生銀行カードレイクでは、2つのタイプの無利息サービスを提供しています。「30日間無利息サービス」「180日間無利息サービス」と期間と内容が異なる2つのサービスです。

「180日間無利息サービス」は少額の借り入れを希望している方にピッタリのサービスで、利用条件は借り入れ5万円以下の方に限定されています。注意点として借り入れ金額が5万円を超えたときは、利息が発生してしまう点です。

アコムの場合

アコムを初めて利用する方限定で、30日間無利息サービスが提供されています。このサービスを利用するためには、返済期日を35日毎に設定しなければなりません。給料日などが分かっており、返済の目処が立っていれば活用してみましょう。

プロミスの場合

アコムと同じ内容のサービスですが、利用条件が2つあります。プロミスホームページで、書面の受け取りを「WEB明細」に設定し、メールアドレスを登録しておくことがサービス利用の条件となります。

まとめ

少額でも、いきなり用意するとなると負担になりますよね。今回紹介したように、30日間無利息サービスを提供している会社もあるので、負担が少なくなるように工夫して申し込み先をご検討ください。
スポンサーリンク

このページの先頭へ