引っ越し後に気がついた新車で購入したローンの「所有権変更」

スポンサーリンク

cash100

最近はオートローンも競争が激しく中にはキャンペーンの期間限定ながら超低金利で1%を切るものまで現れました。金利の安さにひかれてローンを組む方も多いようですがローン返済中の引っ越しには注意が必要です。

ディーラーローンで金利0.9パーセントで新車を購入!

ディーラーローンで新車を購入しました。特定車種キャンペーン中のサービス金利でなんと0.9%の超低金利です。

もともとは現金購入のつもりで貯金を全て使ってしまおうと思っていたのですが、あまりの金利の安さに半分は貯金で賄い半分はローンを組むことにしました。

なんといっても0.9%の金利は魅力的だったのです。おかげで貯金も半分残すことができ、ローンの方も毎月の支払は3万円弱とほとんど負担になることもなく、3年間で無事完済することができました。

新車を購入すると特典として車両整理とオイル交換を無料で受けることができます。新車を買って直ぐに同じ県内に引っ越しをしましたがこの特典を受けるためときどき顔を出していました。新車を買ったときの担当営業の方とも顔なじみになりいろいろ頼みやすかったのです。

しかし特典も1年で終わり、同じ頃担当営業の方も転勤になると顔を出すこともなくなり、ディーラーからの点検の案内が来るだけの付き合いになっていました。

そしてローンの返済も終わって少し経った頃また引っ越すことになりました。今度の引っ越し先は県外で車の方もナンバー変更をすることにしました。

車のローン完済後に所有権が変更できていないことに気づいて

引っ越して直ぐに最寄りの運輸局で手続きをしました。こういった変更手続きは早い方がいいと思ったからです。必要書類を確認して一通り揃えて運輸局の窓口に提出しましたが、受け付けてもらえません。車の所有者が違うというのです。

改めて車検証の所有者欄を確認するとローンを組んだディーラー名になっていました。考えてみるとローン完済後も変更手続きはしていません。何回か住所が変わったので未処理のままだったようです。

とにかく所有者を自分に変更しなければ何もできません。その場の手続きは諦めて所有者変更のためディーラーと連絡を取りました。既に住所が変わっているので少し面倒でしたが何とか名義変更もでき無事ナンバー変更を行うこともできました。

今回の失敗は引っ越しの際の連絡不足にあったことがよく分かりました。引っ越しをして第一に連絡をするのは電気やガス、水道といった毎日の生活に直結しているところです。続いて銀行やクレジット会社には連絡をしたのにローン会社には連絡を忘れたので名義もそのままになっていたのです。

それでも早い段階で気がついたのが幸いだったと思います。時間が過ぎればそれだけ手続きも面倒になりますからね。ローンは返せばいいってもんでもないんですね。

ディーラーローン完済後の所有権変更について

車の新車購入はかなりの高額になります。自分で全額揃えるの大変ですがそんなとき頼りになるのがオートローンです。

特にディーラーローンは車を購入するディーラーで組めるので手軽に利用できます。ディーラーローンに限らずオートローンを組めばその時点での車の所有者はローン会社になっています。

ローンの完済時、ローン会社は所有権を解除しますが、一般的には完済日が近づくとローン会社からその旨お知らせが郵便で届きます。そのとき住所変更がされていないと郵便が届かない恐れがあるのです。

そしてローンが完済されると車検証などで確認をとり所有権解除に必要な書類が郵送されます。その書類を陸運局に持ち込み手続きをすれば所有権は自分に移ります

まとめ

オートローンは自己資金がなくても新車の購入ができ即自分の車として使えます。本当に便利ですが所有権変更は忘れずに行ってください。所有権変更を行わなくても車に乗ることはできますが、車の売却や処分がスムーズにできなくなります。
スポンサーリンク

このページの先頭へ