キャッシングの返済シミュレーション|返済額の計算方法をご紹介

スポンサーリンク

キャッシングの返済シミュレーション|返済額の計算方法をご紹介

まとまった現金が必要になってしまい、キャッシングをしたい!という時は急いでいる時が多いかもしれません。そうした中でも気になることは、どのような返済計画になるのか、という点ですよね。各金融機関では返済シュミレーションサービスを提供しており、事前に返済計画を確認するためには利便性の高いサービスです。

お金を借りた場合の月々の返済額はいくら?

利息制限法という法律

消費者金融や銀行カードローンには利息制限法という法律があることをご存じでしょうか?借り入れの金額にあわせて、最大の利息も設定されています。

10万円未満の場合年利は20%まで、10万円以上100万円未満の場合18%、100万円以上の場合は15%が上限というように借り入れ金額が上がるほど金利上限は下がっていきます。

実際にシミュレーションをしてみよう!

例えば50万円借りた場合の年利は18%が上限となります。50万円を借りたケースにおける返済計画がどのようになるか?大手消費者金融会社のSMBCコンシューマーファイナンス(株)プロミスが、返済計画をシミュレーションしています。

では実際に50万円を借り入れして、どのような返済計画になるのでしょうか?利息17.8%計算だと仮定したケースで、返済期限(回数)(5年以内58回)のケースでは、月々の返済額は13,000円、返済総額は746,160円となります。

また、4年以上(47回)返済のケースでは、月々の返済額15000円、返済総額694,862円、3年以上(34回)返済のケースで、月々の返済額19,000円、返済総額638,578円となります。当然ながら返済期間が長くなればなるほど、利息は高まってしまい、トータルの負担額は増加してしまいます。

返済シミュレーションを使えば返済期間や金額を知ることができる

はじめてキャッシングサービスを利用する方などは特に、返済金額がどのくらい大きくなるのか不安を抱えているものだと思います。

返済シミュレーションを活用すれば、ご希望の返済期間、返済金額などにあわせた情報を調べることができて、借り入れの前に使ってみるといいと思いますよ!

自分のおおよその返済能力にあわせた、返済計画を立てる参考になるでしょう。返済シミュレーションでは、希望の借り入れ金額と返済希望期間を入力することができ、月々の返済金額を割り出すことを実現しています。

また借入希望額と毎月の返済金額から、返済期間を算出するタイプの返済シミュレーション方法もあります。

返済額・返済日を決める時は事前に決めておこう

返済額や返済日を事前に決めよう!

具体的に自分の収入から、毎月いくらを支払いに回すことができるか検討しましょう。

さらに仕事のご都合などもあるはずですので、どのくらいの期間で返済するべきか、という点も計算しておく必要があります。そして毎月の支払金額を決定したのであれば次に、毎月の支払日もしっかりとセレクトしましょう。

例えばプロミスであれば5日、15日、25日、末日のいずれかの日に返済日を指定します。自分の給料日がいつか、にあわせて返済日を決定するといいでしょう。

アコムの場合

大手消費者金融のアコムでは、前回の返済日の翌日から35日目が返済日という設定が行われています。その他にも毎月希望の日にちを指定して、支払いをする方法もございます。口座引き落としを選択された方であれば、毎月6日に自動的に引き落としが行われます。

返済金額をどのように設定すればいいか?という点については収入全体の30%以下に抑えることができれば理想的です。

まとめ

ある程度のまとまった金額を借り入れするのであれば、利息も高くなってしまうので事前にどのくらいの負担が、どのくらい続くのか、ということを把握しておくことが大切です。そのために各金融機関が提供する返済シミュレーションを活用すると、おおよその目安がわかってオススメです。
スポンサーリンク

このページの先頭へ