借金一本化|メリット・デメリットをまとめてみた

スポンサーリンク

キャッシングを一本化|メリット・デメリットをまとめてみた

複数の会社からキャッシングをしていて、気づいたらとても複雑な借り入れ状況になってしまった!というご経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。このキャッシング一本化は、その名前の通り複数の会社から借り入れをしていた借金を一本化することが可能です。もし借り入れ状況がややこしくなっているのであればオススメのキャッシング一本化について、今回はお伝えいたします。

キャッシングの借金を一本化する方法

キャッシング一本化とは

複数にわたる金融機関から借り入れを行っており、複雑化した状況を簡易化できるのがキャッシング一本化

利用者としては返済状況をクリアになりすっきりとすることができるでしょう。

消費者金融、銀行カードローンのいずれにも活用することができます。

まずはおまとめローンへの申し込みを行い、その後は審査に通過することができれば借金を一本化することが可能です。

プロミスのおまとめローンの流れ

では具体的にプロミスのおまとめローンの流れをご紹介いたします。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 審査結果の連絡、契約
  4. 借入先の金融会社に返済

ここでご紹介したプロミスでは申し込みを行うためには、自動契約機を使うか、店頭窓口に行く必要があります。

しかしインターネットからの申し込みに対応している業者も多く、インターネット上で申し込みをすることが可能です。

キャッシング一本化の申し込みを行う時は、通常の審査のために必要な書類を用意しておけば基本的に大丈夫です。

キャッシング一本化を利用するメリット

申し込みや手続き、審査もすることになり、手間はかかるキャッシング一本化ですが、その手間を差し置いてもやるべきメリットがあります。

では具体的にどのようなメリットがあるのか、3つご紹介いたします。

総量規制の対象外

消費者金融において借り入れを行う時に、適用される総量規制の法律で、年収の3分の1以上は借り入れをすることができないという法律です。

消費者金融には適用されますが、銀行カードローンには適用されません。

そのため、元々銀行カードローンのみを活用している方には関係ありませんが、キャッシングを一本化することにより、総量規制の範囲以上に借り入れをすることが可能なケースがあります。

キャッシング一本化をすると、複数の借り入れをまとめることができるので、総量規制の範囲を超えることは十分にあり得るでしょう。

多少は総量規制の範囲を超えたとしても問題ないことが、1つ目のキャッシング一本化のメリットです。

返済総額が少なくなることも

キャッシング一本化の2つ目のメリットは、一本化されると金利も一律化されるので、返済総額少なくなる可能性があることです。

例えばA社の金利が18%、B社が15%、C社が14%、という場合、複数の金融機関から借り入れを行えば金利もバラバラになりますが、一本化をすれば統一化することができます。

おまとめローンの金利が10%であれば、10%として返済金額は設定されます。

おまとめローンを活用すれば、トータルの返済金額を減らすことが可能なことが、キャッシングを一本化する2つ目のメリットです。

返済日もまとまる

キャッシング一本化の3つ目のメリットは、返済日を毎月一日に絞れることです。

複数の金融機関でバラバラの返済日、いついくら支払えばいいか分からなくなってしまうこともあるのではないでしょうか?

3社から借り入れをしていたら、3社分の返済日を覚えておかなければなりませんが、キャッシング一本化をすれば、返済日を一日に絞ることもできます。

キャッシング一本化の注意点

利便性の高いキャッシング一本化。実際に申し込みをするにあたり、どのような点に注意をしておく必要があるのでしょうか。

自身の借り入れ状況を把握していないと、一本化することで借り入れ総額が上がることも考えられます。

具体的にキャッシング一本化をするときにどのような注意点が必要かお伝えいたします。

他社借入件数を確認する

キャッシング一本化をする前の注意点1点目は、申し込みを行う前に、現在どこの金融機関からいくらの借り入れを行っているか確認をしておくことです。

実はキャッシング一本化できるのは3社以下までとしているケースが多く、4社・5社となるとキャッシング一本化を実現することは難しいでしょう。

申し込みを行う手間が無駄になりますので、申し込み前に他社からの借り入れ件数をご確認ください。

返済期間を長く設定しない

キャッシング一本化の2つ目の注意点は、返済期間を長く設定しすぎないことです。

あまりにも返済期間を長くしてしまうと、利息がこれまでよりも結果として高まってしまうことも考えられます。

かえって負担が増してしまうことも考えられるので注意しておきましょう。

不安を感じる方は返済シミュレーションなどを活用して、ローンの返済計画を事前にチェックしてみるといいでしょう。

信用のある会社を選ぶ

複数の金融機関から借り入れを行い、返済に困っている時に気をつけたいのが、闇金融。こうしたキャッシングの返済に困っている人をターゲットに、闇金融は近づいてきます。

闇金融はお金のやりくりに困った多重債務者に対して「高額融資」「低金利」といったキーワードで近寄り、話をしてきます。

大手消費者金融などよりも、圧倒的によい条件で借り入れを提案してくる人間には、近寄らないようにしましょう。

大手消費者金融や銀行カードローンなどの信用ある会社を選ぶことが大切です。

借り換え・おまとめローンなら低金利な銀行カードローン

ではキャッシング一本化をするときは、どこの業者を選べばいいかオススメを紹介いたします。

消費者金融、銀行カードローンのいずれも、おまとめローンを提供していますが、銀行カードローンがオススメです。

金利などが消費者金融と比較すると銀行カードローンは低く設定されており、一本化をすることで返済負担を下げることが可能になるでしょう。

しかし金利が低い分審査は厳しくなってしまいます。自分の借り入れ状況がどのようになっているか、確認を行い自身の状況にあったローンを選択できるといいですね。

オススメの業者は楽天銀行カードローンです。

楽天銀行カードローン

  • 実質年率:4.9%~14.6%
  • 限度額:500万円

楽天銀行カードローンの魅力の1つは、資金の使い方が自由であり、資金の利用目的は審査において問われない点です。

限度額の範囲内であれば追加融資もすることが可能です。

  • 借入額300万円以上の場合の最低金利:4.9%
  • 借入額200万円以上の場合の最低金利:6.9%
  • 借入額100万円以下の場合の最高金利:14.5%

そして借り入れ金額が低ければ、低いほど金利は高くなっていますので、そこも覚えておきましょう。

まとめ

利息が減る、返済計画を立てることが簡単になる、などメリットの多いキャッシング一本化。でももし4社以上の借り入れをしていると審査の段階で落とされる可能性も高い、契約内容によっては借入総額が増えてしまう可能性があるなどのリスクもあります。事前に自身の状況を調べてから一本化に望みましょう!
スポンサーリンク

このページの先頭へ